Today's PICK UP

ShopifyとTikTok、広告ソリューションに関して日本で提携

Shopify Inc.は、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」と提携したと発表した。本提携は2020年10月に発表したグローバルパートナーシップに基づくもの。これにより、日本でShopifyを利用する事業者(マーチャント)はTikTokのユーザーにユニークな広告ソリューションを通してリーチできるようになる。
Shopifyの調査によると、2020年は様々な商習慣の変化から日本の消費者の42%が「年初と比較してオンラインでより頻繁に買い物するようになった」ことが分かっているという。事業者側もオフラインからオンラインへの移行が著しく、Shopifyを活用し運営されているECサイトは170万ストアまで増加している。特に日本では、過去12ヶ月間で新規事業数が大幅に増加しており、Shopify上での新規店舗の出店数は2020年には2019年と比較して228%増加した。Shopifyでは今まで様々なプラットフォームとの連携により、オンラインを活用した消費者の新たな購買方法を提供しており好評を得てきたことで、オンラインプラットフォームとの更なる連携が必要不可欠であると認識しているという。そこで、2020年10月のShopifyとTikTokとのグローバルでの提携により、世界で170万人以上の規模を誇るShopifyを利用する事業者は、TikTokというエンゲージメントの高いユーザーに向けて広告を配信することができるようになり、事業者向けに新設したTikTokチャンネルアプリでは、Shopifyのダッシュボードから離れることなく、TikTok For Businessの主要な機能にアクセスできるようになっている。今回の日本におけるShopifyとTikTokの提携により、日本でShopifyを利用する事業者(マーチャント)へシンプルで拡張性の高いソリューションを提供できることになった。事業者は、TikTokに簡単に広告を配信できることによって、大規模で良質なTikTokのユーザーに対してアプローチし、ビジネスの可能性を最大限広められるようになるとのことだ。

Shopifyの地域統括マネージングディレクター ショーン・ブロートン氏は今回の提携について、以下のようにコメントしている。
「日本では、これまで以上にオンラインでの買い物や交流に費やす時間が増えており、小売業者間で消費者の注目を集めるための競争が激化しています。今年は、ソーシャルメディアとeコマースの融合を利用し、顧客にシームレスなデジタル体験を提供する事業者(マーチャント)がさらに増えると予想されます。そんな中、ShopifyはTikTokと提携することで、収益に直結するインタラクティブなコンテンツを通じて消費者とつながるための新しい方法を日本のShopifyを利用する事業者(マーチャント)に提供できることに対して、非常に嬉しく思います。昨年、2030年に向けたDX(デジタルトランスフォーメーション)のトレンドが10年前倒しとなったことを実感しました。私たちは、eコマースブームの一翼を担う地元に根付いた事業者(マーチャント)が、消費者が好むプラットフォームやチャネルで簡単にそして楽しく交流できることを嬉しく思っています」

TikTok For Business Head of Global Business Solutions, Japanの西田真樹氏は今回の提携について、以下のようにコメントしている。
「TikTok For Businessは、2021年よりEC連携を本格的に強化していきます。その一環として、昨年の米国での提携に続き、日本においてもShopifyとの提携を開始いたします。2020年に実施しましたTikTokユーザー白書調査によると、昨今の生活様式の変化に伴い、購買行動は従来のように『認知』『興味』『比較・検討』『購入』というファネルを順に辿るのではなく、『興味』からダイレクトに『購入』へとつながる『興味突破』へシフトしていくと考えられます。今回、ShopifyとTikTokとの提携により、Shopifyを利用する事業者(マーチャント)がTikTok For Businessのプラットフォームを活用し、新たなオーディエンスとつながることで、更にビジネスを成長させていくためのチャンネルを提供できることを嬉しく思います。また、TikTokには、多様なクリエイター達が自身のクリエイティビティを表現する場所として、ECという体験を多くのユーザーに届ける一つのファンクションになる事も期待しています。引き続き、TikTok For Businessは、新しいECでの購買スタイルを確立させ、従来のマーケティングファネルを飛び越え、顕在化したニーズだけでなく、潜在顧客まで攻略できるプラットフォームを目指してまいります」

■Shopifyアプリストアに公開された「TikTokチャンネルアプリ」

日本で利用可能になった「TikTokチャンネルアプリ」を通じて、事業者はShopifyのダッシュボードを離れることなく、TikTok For Businessの機能にアクセスすることができる。
出典元:プレスリリース
「TikTokチャンネルアプリ」の主な機能は以下の通り。

1. "ワンクリック"でインストールできるTikTokピクセル:
ボタンをワンクリックするだけでTikTokピクセルをインストールし、接続することができるため、開発者によるセットアップが不要。コンバージョンのトラッキングをより迅速かつ簡単に行うことができる。

2. TikTokキャンペーンのワンストップショップ:
Shopifyのダッシュボードを離れることなく、TikTokチャンネルアプリ内で広告キャンペーンの作成、ターゲットとなるオーディエンスの設定、パフォーマンスのトラッキングが可能だ。

3. TikTokに最適なクリエイティブ制作をサポート:
Shopifyを利用する事業者(マーチャント)が商品画像や動画をアップロードし、自動カスタマイズされたサンプルの中から選択するだけで、TikTokユーザーの共感を得やすい広告クリエイティブを制作することができる。

4. 高精度なターゲティング機能(Advanced Matching):
新しく導入されたTikTokピクセル機能により、TikTok広告からのコンバージョンをより効果的にトラッキングすることができる。そして、それを元にリターゲティングすることも可能だ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。