Today's PICK UP

三菱地所、ワークスペースのマッチング支援サービスをプレローンチ

三菱地所株式会社と三菱地所プロパティマネジメント株式会社は、2021年2月22日より、ワークスペースのマッチング支援サービス「NINJA SPACE」をプレローンチすると発表した。
本サービスは、働く場所を探すビジネスパーソンに対し、飲食店や会議室、ホテルなどの空いているスペースとのマッチングをはかり、ニーズに応じて柔軟に場所を選択し働ける環境づくりを支援するもの。プレローンチ期間では、大手町、丸の内、有楽町エリア(以下、丸の内エリア)を中心としたスペース提供施設と、利用できる参加者を募集する。早期に1,000席のラインアップを目指し、丸の内エリアのみならず他エリアでの本格展開を図る。

コロナ禍でテレワークやウェブ会議の機会が増えるなか、働く場所を業務内容や状況に応じて柔軟に使い分ける動きが加速している。本サービスでは、ユーザーが希望するスペースのタイプや利用人数、利用時間とマッチする空間をアプリ内で検索・選ぶことができ、施設までの誘導、利用料の決済がアプリ上で完結する。ビジネスパーソンに対する利便性の高いワークスペースの提供と、飲食店・会議室・ホテル等の空きスペースの収益化をサポートし、まち全体が柔軟な働き方を促進させるワークスペースのプラットフォームとして機能するとのことだ。
出典元:プレスリリース

■「NINJA SPACE」の特徴

仕事場所を探しているユーザーにスペースを紹介し、施設等のスペース提供者とマッチングするモバイルアプリサービス。本サービスにより、名前の由来でもある「忍者のごとくワークスペースに素早く忍ぶ」ためのプラットフォームを構築。
・ユーザーはスペースのタイプ(個室or オープン席)、利用人数、利用時間から検索し、ニーズに合ったスペースの選択が可能。
・ユーザーは候補から希望スペースを選び(複数選択可)、マッチング後は、スペースの確保・サービス利用料の決済・施設までの誘導がアプリ上で完結。ログイン済みであれば最短3ステップでワークスペースを見つけることが可能。スペース提供者は、リアルタイムの空き状況から受け入れ判断が可能で、場所利用料やワンオーダーの要否、最低利用金額の設定もスペース提供側で設定。
・ユーザーのスペース利用料金は0円から。プレローンチ期間中、スペース提供者側のシステム利用料も無料。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。