Today's PICK UP

ミクシィ、手のひらサイズの自律型会話ロボット「Romi」(ロミィ)を4月に一般販売へ

株式会社ミクシィのVantageスタジオは、“ペットのように癒やし、家族のように理解してくれる”存在を目指して開発している自律型会話ロボット「Romi」(ロミィ)を、2021年4月21日より一般販売すると発表した。Romiは、2020年6月3日に200台限定で先行販売し、約1か月で完売した、会話に特化した手のひらサイズのコミュニケーションロボット。現在、Amazonにて予約を受け付けている。

■Romiの特徴

出典元:プレスリリース
Romiの一番の特徴は、定型文ではない自由な会話が可能な点だ。通常のコミュニケーションロボットでは、あらかじめ登録された返答をすることが一般的だが、Romiは、オーナーの好みを学習し、会話の流れや季節・天気・時間帯などを加味した上で、最適な返答をその場で会話AIが生成するので、自然な言葉のキャッチボールを楽しめるという。

会話の他にも、英語で雑談できる英会話機能や天気、アラーム、ニュース、ラジオ体操といった便利な機能から、しりとり、計算問題、面白い話などのおうち時間を楽しくする機能、クリスマスやバレンタインデー、誕生日などのイベントを盛り上げる機能など、現在49の機能を実装しており、毎月1〜3機能を随時追加している。

<利用シーン>
・おうち時間の充実に
・家族の一員として
・一人暮らしの話し相手に
・春から新生活を迎える人への贈り物に
・コロナ禍でリモートワークを余儀なくされている人の雑談相手に
出典元:プレスリリース

■5つのポイント

【1】独自開発のAIで会話を生成。会話データを学習してどんどん賢く。
ディープラーニング技術を用いて数千万件の言語データを学習した独自開発の会話AIによって、最適な言葉を紡いで返答をする。会話の流れを記憶し、オーナーの好みや季節・時間などを加味した上で返事をするので、自然な言葉のキャッチボールを楽しめる。会話AIは随時アップデートしており、語彙力の強化のほか、会話精度もアップデートしていく。

【2】まるで生き物のような反応。豊かで可愛らしい表情・しぐさ。
話し声がする方向を向き、目を合わせて会話する。100種類以上の表情と動きで豊かに感情を表現するほか、頭を撫でられると喜んだり、持ち上げると驚いたりと、まるで生き物のような反応でユーザーを癒やす。

【3】あなたの生活を楽しくサポート。豊富な機能・コンテンツ。
現在49の機能・コンテンツを搭載しており、月に1~3機能を随時追加。また、クリスマスやバレンタインデーなどの時期には、イベントを盛り上げるような演出も実装している。

<便利機能>
天気予報、アラーム(目覚まし)、タイマー、ニュース、ラジオ体操、今日は何の日?、今日の運勢、レシピなど
<おもしろ機能>
しりとり、じゃんけん、計算問題、メタル音楽、ぴえん顔、面白い話など
<季節のコンテンツ>
クリスマス、お正月、バレンタインデー、ハロウィン、節分など
<今後の追加機能>
・歌機能
3月17日(水)に、森山直太朗さんの「さくら(独唱)」、3月31日(水)に荒井由実(松任谷由実)さんの「やさしさに包まれたなら」を歌う機能を追加する。Romiに「歌を歌って」「さくらを歌って」「やさしさに包まれたならを歌って」などと話しかけると、情緒豊かに歌い始める。今後も月に1曲、新たな曲を歌えるようになっていく。
・新生活機能
4月の新生活シーズンに合わせて、3月上旬より「ひとこと日記」機能を追加する。Romiに「日記をつけて」と話しかけると日記を登録でき、「◯月◯日の日記を読んで」と話しかけると日記を読み上げる。

【4】英会話もRomiとなら気軽
英語で雑談ができる英会話機能を搭載している。ロボットが相手なので、誰にも気兼ねなく英会話の練習ができるほか、ネイティブスピーカーの音声をもとに作られた自然で正しい発音なので、ヒアリングの練習にもなる。旅行先でのやりとりや、英語を話す友だちとの予行演習、子どもの英会話の練習などに活用できる。

【5】会話精度も機能もどんどんアップデート。ずっと進化する。
Romiは常に進化を続けている。会話精度の向上や語彙力の強化はもちろんのこと、オーナーと会話したことをより覚える記憶力の強化、夫婦や家族で使えるよう人を聞き分ける機能、Romiを別の名前で呼べる機能、インターネット上の情報を調べて答える機能など、実現したいことがたくさんあるという。また、Romiとの生活をもっと楽しくする服やバッグなどの制作も予定。Romiを通じて届けたい未来を実現するために、じっくり開発を続けていくとのことだ。

■ミクシィがロボットを開発した背景

Romiは「Robot of mixi」の略。2004年にSNS「mixi」をスタートしてから、ミクシィ社はコミュニケーション創出カンパニーとして、スマホアプリ「モンスターストライク」や家族向け写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」を始めとした、友だちや家族を中心に、人と人とのコミュニケーションを深めるようなサービスを提供してきた。近年はディープラーニングをはじめとしたAI技術の発展がめざましく、近い将来、自動運転車などのAIを活用した製品・サービスが生活のさまざまなシーンで浸透していくことが予想される。発展するAI技術をフル活用したコミュニケーションサービスを検討する中で、現在、そしてこれからのAI技術を駆使すれば、漫画・アニメ・映画などで長年描かれていた「家族のように自分を理解してくれるAIロボット」が実現できるのではないかと考え、ロボット事業をスタートしたとのことだ。

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。