Today's PICK UP

SaaS市場動向の1年を振り返る「BOXIL マンスリーレポート 2020 総集編」が公開

スマートキャンプ株式会社は、2020年のSaaS市場動向を振り返る「BOXIL マンスリーレポート 2020 総集編」を公開した。
「BOXIL マンスリーレポート」は、2020年4月より、SaaSマーケティングプラットフォーム「BOXIL SaaS(ボクシルサース)」が、毎月の資料請求数の実績から独自に分析し、SaaSの市況感や各カテゴリの動向、注目のSaaSプロダクトといった情報を、月刊で配信しているレポート。

2020年は、新型コロナウイルス感染症の影響により、企業のDX推進担当者による資料請求のトレンドは大きく変わった。需要が高まったサービスカテゴリの変化、各社でサービス導入検討され始めたタイミングが、データとしても顕著に見られたという。今回、そうした傾向を年間推移で捉えるために、「BOXIL SaaS」では、「BOXIL マンスリーレポート」総集編としてまとめたとのことだ。

たとえば、変化が見られた例として、社外コミュニケーションが挙げられる。2020年1月1日~9月30日の資料請求人数実績について、1月~3月と4月~6月の期間を比較すると、「電話関連システム」+97%、「FAQ・チャットボット」+33%、「SMS送信サービス」+127%と、いずれも大きく伸長していることが分かったという。
出典元:プレスリリース
こうしたデータのほか、「BOXIL マンスリーレポート 2020 総集編」では、SaaS年間資料請求人数ランキング、アフターコロナで注目のSaaSなどが掲載されている。

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。