Today's PICK UP

会員登録・個人情報不要で首都圏のマンション価格をAIが査定する「自動査定サービス」がリリース

ミライアス株式会社は、2021年3月16日よりマンション売却価格自動査定サービス「スマート仲介 マンションAI自動査定」を開始すると発表した。「スマート仲介」は、「プロエージェント」×「仕組み」×「不動産テクノロジー」を組み合わせた不動産価値を最大化するため不動産売買仲介サービス。

■「スマート仲介 マンションAI自動査定」サービス詳細

同社のホームページ上で、マンション名・面積・階数・向きを入力するだけで、AIがビッグデータから売却査定価格、想定賃料、表面利回りを算出する。
出典元:プレスリリース
従来、マンションの売却査定価格を把握するためには、複数の不動産会社に査定見積もりを行う必要があった。不動産会社の査定価格については、自社に売却を任せてもらうために、あえて相場よりも高い査定価格を提示してくる会社が存在することや、具体的な売却予定がない場合であっても、不動産会社に個人情報の登録がなされてしまうことで、不動産営業担当者から、しつこく営業・訪問を受ける可能性があった。「スマート仲介 マンションAI自動査定」では、個人情報・会員登録不要のため、不動産会社から営業を受けることなく、『WEB上で、いつでも、簡単に、誰にも知られずマンションの価格の確認』ができる。

■特徴

・マンション名と面積・階数・向きを入れるだけの簡単入力
・売却査定価格にあわせて、賃料・利回りの概算金額も同時算出
・行政ごとの平均相場の表示機能
・マンションごとに所在、築年数、分譲会社、交通、外観などの概要表示
※本サービスの対応エリアは首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)の分譲マンション

■実施背景

近年、不動産に対するにニーズは多様化しており、特にマンションについては自己居住としての用途以外に、賃貸として貸出する資産活用のニーズも高まっている。「購入予定のマンションの適正価格の把握と、将来の資産活用の可能性の確認」「近い将来に相続予定のマンションを売却するべきか、賃貸として貸出しするべきか」などの判断材料として、本サービスを活用できる。また、新型コロナウイルスの影響により、マンション売却検討者からは「不動産会社担当者との接触頻度をできる限り減らしたい」「生活様式の変化により住み替えを検討しているが、まずは価格だけおおよそ把握したい」という非接触型不動産サービスに対するニーズが、高まっている。同社ではこうした背景を受け、「不動産取引の透明性を高め、人と不動産の関係を最大化できる社会の実現」のため、本サービスの提供を開始するとのことだ。

人気記事