Today's PICK UP

テルモ、海外での糖尿病治療のデジタル化推進を目指し米・Glooko社と戦略的提携を締結

テルモ株式会社は、糖尿病領域の遠隔患者支援ソフトウェアとモバイルアプリを提供しているGlooko社と糖尿病治療のデジタル化推進を目指した戦略的提携を締結したと発表した。この提携により2021年4月1日から、欧州含む海外でテルモのインスリンポンプや血糖測定器のデータをGlooko社の情報管理システム(DMS)上で確認できるようになる。
糖尿病は現在まだ根治が難しく、患者にとっては、日々の血糖値やインスリン投与量などを細かく管理することが治療の要となっている。テルモは、糖尿病領域において、1982年から約40年にわたりインスリン用注射針や血糖測定器、パッチ式インスリンポンプなどの幅広い製品群を世界各国に展開している。Glooko社は、血糖値やインスリン投与量など、糖尿病治療に関連するデータを一元管理できるプラットフォームを開発しており、現在27か国にサービスを展開している。

両社は、まずは欧州において、2020年11月にCEマークを取得したパッチ式インスリンポンプ「メディセーフウィズ」と、血糖測定器である「メディセーフフィットスマイル」で、Glooko社のdiasend platformとの連携を開始する。インスリン投与量や血糖値など糖尿病に関するデータを複合的に可視化・分析することで、メディセーフウィズとメディセーフフィットスマイルを使用している患者自身や医療従事者の疾病管理をより幅広く、多面的にサポートする。データ共有の仕組みにより、医師が院内での診察や遠隔指導にも活用することができるようになる。

また、近い将来には、モバイルアプリとの連携も見込んでいるという。血糖値上下の傾向などの情報が手元で可視化され、個々人の治療効果が高まることが期待されているとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事