Today's PICK UP

日本IBM、千葉銀行の法人向けデジタルサービス「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、株式会社千葉銀行が法人領域におけるデジタル・トランスフォーメーション推進のために提供する法人向けデジタルサービス「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援したと発表した。
千葉銀行は、第14次中期経営計画「NEXT STEP 2023 ~未来へ、つながる・超える~」において、「お客さまの未来のために新たな価値を創造し続ける」ことを目指している。その施策の一環として、「デジタルテクノロジーや情報資源の活用による新たな価値の提供」を進めており、法人・個人事業主の顧客向けの新たなデジタルチャネルとなる「ちばぎんビジネスポータル」の提供を2021年4月1日から開始し、法人領域におけるデジタル・トランスフォーメーションをさらに推進している。

「ちばぎんビジネスポータル」は、T&Iイノベーションセンター株式会社が開発・運用するデジタルサービス・プラットフォーム「TSUBASA FinTech共通基盤」を活用し、フィンテック企業等の外部事業者が同一の仕様で接続できるオープンAPIにより、デジタルテクノロジーや情報資源を活用できる。

さらに、日本IBMの金融業界の顧客向けの包括的な枠組み「オープン・ソーシング戦略フレームワーク」の一つである金融イノベーションラボの知見や技法を活用することで、法人向けのデジタル・トランスフォーメーションの将来像を共創し、具体的なユースケースとシステムソリューションを一体的に実現できるよう目指す。これにより、千葉銀行はより一層の新たな価値創造を推進することができるという。

日本IBMは、「オープン・ソーシング戦略フレームワーク」の中核ソリューションとして金融サービス向けデジタルサービス・プラットフォーム(IBM Digital Services Platform for Financial Services、以下、DSP)を位置付けている。今後、開発・提供する「DSP」の汎用的な業務マイクロサービス群とそれらを利用するための各種APIを「TSUBASA FinTech共通基盤」で活用することで、戦略的な顧客サービスの独自性を維持しながらも、アプリケーション開発の加速と投資コストの効率化に貢献するとのことだ。

<TSUBASA FinTech共通基盤を活用したちばぎんビジネスポータルのイメージ>
出典元:プレスリリース

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。