Today's PICK UP

エイベックス、VR空間での短尺アニメ制作を実現する「アニメ制作ツール」を発売へ

エイベックス・エンタテインメント株式会社は、前島亜美氏出演「AniCast Maker」のPVが公開。「AniCast Maker」とは、グループ会社のエイベックス・テクノロジーズ株式会社が開発したVR空間で誰でも1人で短尺アニメ制作が可能なツールとなっており、2021年4月16日に発売開始すると発表した。
エイベックスは、「Entertainment×Tech×Global」を戦略テーマに掲げ、テクノロジーを活用したIP(コンテンツ)の創造を目指している。ATSは、そのミッションのもと、新たなIPの創出を支えるテクノロジーの研究開発に取り組んできた。その一環として、2019年11月に株式会社エクシヴィと「AniCast Maker」関連技術の特許管理を行う合弁会社として、株式会社AniCast RM(アニキャスト アールエム)を設立し、その商用化を進めてきた。

近年、YouTubeやTikTokなどの動画投稿・配信サービスの普及により、様々な分野で個人クリエイター主導のヒットコンテンツが登場し、特に、短尺の映像コンテンツの需要が高まっている。また、TwitterやpixivなどのSNSの普及により、キャラクタービジネスにおいては二次創作の存在感が増している。こうした動向のもと、ATSは、より多くのユーザーが「短尺の映像コンテンツによる二次創作」という新しい体験ができる環境を整えるべく、Facebook社が展開するVRデバイス「Oculus Quest /Oculus Quest 2」向けのアプリケーションとして、株式会社AniCast RMから特許ライセンスを、株式会社エクシヴィから商標「AniCast」のライセンスを受け、一般向けの「AniCast Maker」を開発したとのことだ。

本商品では、VR空間にスタジオを作り、演技、カメラ撮影、舞台設定など、様々な役割を1人で行うことで、最大15秒の短尺アニメを制作できる。発売時は2つのキャラクターモデルと、様々な背景や小道具、モーションなどのアセット(素材)が用意されており、それらを自由に使った短尺アニメ制作が可能だ。また、制作した映像をSNSにアップロードし、視聴者から反応を得ることもできるという。

■商品概要

タイトル:AniCast Maker(アニキャスト メーカー)
価格:
2,990円(税込)※日本
$29.99※アメリカ
対応機種:Oculus Quest / Oculus Quest 2
対応言語:日本語・英語
配信開始日:
2021年4月16日(金)※日本時間
2021年4月15日(木)※アメリカ西海岸時間

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。