Today's PICK UP

NEC、自動機向けペイメントプラットフォームで非接触ICクレジット決済の対応を開始

日本電気株式会社(以下、NEC)は、多様な決済サービスに対応したペイメントプラットフォーム「マルチサービスゲートウェイ」において、自動機向けに非接触ICクレジット決済(デビット・プリペイドを含む)の対応を開始すると発表した。2021年3月よりVisaのタッチ決済への対応を開始し、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、DiscoverおよびDiners Club Internationalにも順次対応する。
また、今回の非接触ICクレジット決済への対応は、自動機業界向けに決済ソリューションを展開する株式会社エム・ピー・ソリューションが提供するマルチ電子決済ソリューション「JMMS」を通じて提供する。

非接触ICクレジット決済は、対応カード(クレジット・デビット・プリペイド)を決済端末にかざすだけで支払いが完了するため、スピーディーかつ利便性が高い決済サービスであり、海外ではコンタクトレス決済の主要サービスとして既に普及している。FeliCa電子マネーが先行して普及した日本でも、近年、グローバル決済ブランドや対応カード発行金融機関が積極的に推進しており、対応カードの発行枚数が大きく増加しているという。

今回、JMMSサービスでは、決済端末利用時における本人確認のサインや暗証番号入力なしに利用できる「サインレス決済」で提供する。利用の上限額を予め設定することにより、紛失・盗難などによる第三者の高額決済を防ぐ措置もとっているという。本サービスを導入することにより、オペレータや小売店は、インバウンド客向け決済の拡充に加え、飲料自販機などの比較的小額な決済だけでなく比較的高額な物品販売やサービス利用に適した決済手段を消費者に対して容易に提供することが可能となるとのことだ。

なお、本サービスは、「JMMS」サービスとして、株式会社伊藤園をはじめとするJAMA加盟企業を中心に多くの飲料自販機へ今後採用されるとともに、券売機、精算機等の各種自動機への展開を予定しているという。
出典元:プレスリリース

人気記事