Today's PICK UP

東急不動産ら、ワーケーション×センシングで新しい働き方のモデルを推進へ

東急不動産株式会社と東急リゾーツ&ステイ株式会社、凸版印刷株式会社との3社は、新型コロナウイルス感染拡大下において「働き方改革」が進む中、ワーケーションをしながら個々人が自分に合ったパフォーマンス向上方法を試し、確認して実践できるプログラムの実証実験を2021年5月17日より開始予定だと発表した。
新型コロナウイルス感染拡大を機に、新しい働き方としてワーケーションの導入検討が進んでいるものの、実際の労働生産性に与える効果のエビデンスが少ないことが課題となっているという。そのため企業はワーケーションの推進判断を行うことが困難となっており、制度の整備や普及が進んでいない現状があるとのことだ。

このような課題に対して本実証において、凸版印刷は、センシングデータを活用して個々人が自分のパフォーマンスの向上を図れるプログラムの開発を行う。また、東急不動産と東急リゾーツ&ステイは、東急不動産ホールディングスグループ(以下、東急不動産グループ)が運営する全国のホテルでこれまで推進してきたワーケーションにおけるプランの拡充や課題発掘を行っている。本実証により、両社は課題の抽出やプログラムの検証を行い、ワーケーションの普及によって得られる新しい働き方のモデルの実現を目指す。
出典元:プレスリリース

■本実証の背景

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、社会情勢が急激に変化する中で新たな働き方としてテレワークが推奨されている。また、政府からはワーケーション普及に取り組む方針が表明されるなど、社会的にワーケーションが注目を集めている。

凸版印刷は、心拍や脳波などのセンシングによる効果測定をもとに人の生産性向上に寄与するソリューションを提供してきた。そのソリューションラインアップの一つとして、センシングデータによってパーソナライズされた個々人のパフォーマンス向上方法を提案し、確かめられるプログラムの開発を進めてきた。

東急不動産グループは、2020年7月28日にさまざまなワーケーションプログラムを発表し、積極的にワーケーションへの取り組みを進めている。この取り組みを進める中で、ワーケーション終了後に従業員の「働くスタイル」に行動変容が起こり、日常業務の効率化につなげることができる可能性を見出したという。一方で、一般の事業会社におけるワーケーションの普及には、多くの課題が残っている。このような中で、凸版印刷と東急不動産グループは、ワーケーションを通じて自分に合ったコンディションの整え方を知り、自分のパフォーマンス向上方法を確かめられるプログラムを開発し、本実証の開始を予定しているとのことだ。

■実証実験の概要

<実証期間>
2021年5月17日~2021年7月1日
<実施施設>
ホテルハーヴェスト浜名湖・ホテルハーヴェスト勝浦
<実証内容>
本実証は、凸版印刷の顧問でもあるハーバード大学医学部客員教授 根来秀行氏監修のもと開発したパフォーマンスを高める24時間の過ごし方のプログラムを、東急不動産グループが運営する全国複数ホテルで実施する。ワーケーション実施中はプログラムを体験しながら、センシングを活用し、そのプログラムの項目が自分に合っているかを判断することが可能だ。また、ワーケーション前後の状態もセンシングすることで、通常勤務に戻っても継続的にパフォーマンスが向上することを検証する。
<各社の役割>
凸版印刷:センシングデータを用いたパフォーマンス向上の効果検証
東急不動産グループ:ワーケーション制度化に向けた課題抽出と解決策の検証、ワーケーション実施施設の提供

人気記事