Today's PICK UP

双日、AI・機械学習を農業プラットフォーム事業を展開する米・農業ITスタートアップ「Ricult」へ出資

双日株式会社は、AI・機械学習を用いた農業プラットフォーム事業を展開し、農家および農業関連企業向けにサービスを提供している米国の農業ITスタートアップ企業、Ricult Inc.に出資したと発表した。
Ricult社は、米マサチューセッツ工科大学卒業生らが立ち上げた米国スタートアップ企業。創業者の出身地であるタイ、パキスタンにおいて、収集した情報を分析・加工し、農家、農業関連事業者(農作物加工メーカー、金融機関など)にとって価値のあるサービスを提供している。Ricult社は、以下のサービスを基に営農サイクルを一貫してサポートするデジタルソリューションを農家向けに提供することにより、農業リスク低減と収穫量最大化、農業の効率化を促すことで多くのユーザーを獲得している。
・衛星画像、農学モデル、気象データなどを独自の機械学習アルゴリズムで処理・分析し、スマホアプリを通じて農家に長期天候予測情報、適切な播種・収穫時期、肥料・農薬などの農資材推奨や農産品の価格情報を提供
・農業専門家とのチャットを提供
・融資仲介や作物販売支援

また農家以外の農業関連事業者向けに、同アプリを通じて得た農家・農業情報のデータ化・分析による収量予測、クレジットスコアリング(融資顧客候補向けの与信可否判断サポート)、異常気象・洪水評価といった情報提供をおこなうことで、経営の意思決定をサポートしている。

これらのサービスを通して農業バリューチェーンにおける農家と農業関連事業者の生産性と収益性の向上を支援し、さらなる事業拡大をおこなうことで、農業データが集積するプラットフォームの形成を目指しているとのことだ。

Ricult社への出資を通して、双日は、これまで見えにくかった農家の活動状況・嗜好性や農地・農業データを体系的に可視化し、東南アジアで展開する高度化成肥料事業の強化を進めるほか、Ricult社の顧客ネットワークを活用した農業関連での新規事業開発に取り組む。双日グループの価値向上を図るとともに、双日グループの有する機能・ネットワークを共有し、Ricultサービスの機能拡充・プラットフォーム拡大・他国展開をサポートすることにより、Ricult社の価値向上に貢献するという。

【Ricult社の概要】
出典元:プレスリリース

人気記事