Today's PICK UP

非定型AI-OCRソリューション「スマートOCR健康診断書」、「kencom×ほけん」へ搭載し今秋リリースに向けて開発に着手

株式会社アイリックコーポレーションは、株式会社ディー・エヌ・エーと住友商事株式会社により設立されたDeSCヘルスケア株式会社が提供する「kencom×ほけん」へ、非定型AI-OCRソリューション「スマートOCR健康診断書」を、同社の100%子会社である株式会社インフォディオと連携し、2021年秋の提供開始に向け、開発に着手したと発表した。

■「kencom×ほけん」とは

健康増進に役立つ情報配信や日々の歩数の自動記録のほか、ゲーミフィケーションを取り入れたプログラムなどの機能を備え、利用者が日常生活で楽しみながら気軽に健康増進活動に取り組むことができるヘルスケアエンターテインメントアプリ。すでに生命保険会社2社で採用され、幅広い利用者に対して生活習慣病などの健康リスクの低減につなげることを目指している。これまでは、アプリ内で入力する健康診断書のデータはユーザー自らが手入力する必要があった。「スマートOCR健康診断書」が搭載されることにより、スマホで撮影するだけでデータの自動入力が実現し、アプリユーザーの利便性が高まるという。

■AI(人工知能)ディープラーニングを用いた「スマートOCR」の特長

・帳票の位置定義が不要で、フォーマットが定まっていない非定型文の読み取りが可能。
・スマートフォン等で撮影された画像も、台形・歪み・たわみを自動補正し、文字認識が可能。
・網掛け文字・反転文字・塗りつぶし文字の読み取りが可能。

人気記事