Today's PICK UP

トレタと凸版印刷、飲食店向けDX事業の創出を目指し資本業務提携を締結

​凸版印刷株式会社と、飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」を開発・販売する株式会社トレタは、2021年5月に資本業務提携を締結したと発表した。本提携により、凸版印刷が提供する販促支援ソリューションやBPO業務のノウハウと、トレタが持つ飲食店向けソリューションを融合させ、新たな飲食店向けDX事業の創出を目指す。

■協業の背景

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令に伴い、飲食店では時短営業を求められている。2021年1月の緊急事態宣言では、稼働率が平常時の3割程度となり、売り上げが大きく減少しているという。そのような状況下において、飲食店では業務効率化や顧客単価向上を目的としたDXが喫緊の課題となっているとのことだ。

凸版印刷は、様々な業界の顧客の課題を解決するために店頭POP、キャンペーンといった販促支援ソリューションやBPO事業などを行ってきた。これらの知見やノウハウを、飲食店に特化したトレタのソリューションと掛け合わせることで、飲食店に向けた新たなDXソリューションを開発・提供するという。

■今後の事業展開について

・飲食店コールセンターのDXで連携
トレタの飲食店向けBPOサービス「トレタコンタクトセンター」において、トッパングループの株式会社TBネクストコミュニケーションズとの連携を構想。さらに、中長期的連携として、トレタで研究開発された自動応答予約サービスをTBネクストコミュニケーションズが持つ他業界の顧客へ展開していくことを検討している。

・モバイルオーダーシステム「トレタO/X(オーエックス)」との連携
トレタの提供する店内飲食の注文から決済までを顧客自身のスマホで行うモバイルオーダーシステム「トレタO/X」と凸版印刷が行っている販促支援ノウハウを連携。顧客に合わせた1to1の広告コンテンツの表示など、より効果的なプロモーションが可能となる。今後はプロモーションコンテンツの共同開発も進める。

人気記事