Today's PICK UP

NTTドコモと3人制バスケットボールリーグ「3x3.EXE PREMIER」、AIを活用したハイライト自動作成サービスを提供開始

​3人制バスケットボールリーグ「3x3.EXE PREMIER」を運営するクロススポーツマーケティング株式会社と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、3x3の普及とリーグの価値向上を目的として、2021年シーズンの全チームを対象にAIを用いたハイライト動画自動作成サービスを共同で開発。2021シーズンが開幕する2021年5月22日(土)より、全チームを対象にサービスを提供開始すると発表した。
「3x3.EXE PREMIER」2021年シーズンに参戦する、チャイニーズタイペイ、日本、タイ、ニュージーランドの四つの国と地域の男女96チームに本サービスを提供する。利用者は試合やチーム、選手を指定して、ゴールシーンなどのハイライト動画をAI技術により自動で抽出し、ダウンロードすることが可能だ。さらに、抽出動画の秒数を調整したり、音楽を合成するなど編集が可能なため、SNS上への共有やスカウディング、チームプロモーションなど利用シーンも広がる。
出典元:プレスリリース
本サービスは「AI解析部分」と「編集アプリ部分」で構成されており、「AI解析部分」は映像データを静止画に分解し、各コマに画像認識をかけてハイライトと思われるコマを探索し、該当のコマをマーキングする。「編集アプリ部分」はユーザが欲しいシーンの条件入力を受付けし、その条件に適合したコマを切り出してハイライト動画を作成する。

本サービスを通じて、リーグおよび加盟チームは蓄積される試合映像データのさらなる活用を図るとともに、動画編集の業務負担を大幅に軽減して運用効率を高めることが可能となる。

本サービスで利用するAI技術は、ドコモが開発した動画解析エンジン・物体検出エンジン・文字認識エンジンなどの画像認識に関する各種エンジンと、クロススポーツマーケティングが保有するデータやノウハウを組み合わせた技術。今後、クロススポーツマーケティングとドコモはシーズンを通じてこれらのAI技術の高度化しサービスの向上を図るとともに、リーグと「3x3.EXE PREMIER」のさらなる普及と価値向上を目指し取り組むとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。