Today's PICK UP

「コーチング」に特化したオウンドメディア「COACHING DOJO」がリリース

ステラー株式会社は、パーソナル・コーチング/ビジネス・コーチング特化型オウンドメディア「COACHING DOJO」をリリースしたと発表した。

■コーチングとは

傾聴と質問の相互作用による明確化・気付きによるクライアントの進歩の促進・クライアントの現在と望む将来に焦点を当てる支援方法。
出典元:プレスリリース

■コーチングにおける コーチの役割

コーチはクライアントへの認知、問いかけ、反映や時には挑戦、要望を交えてクライアントの思考を刺激し、自分と向き合い、クライアントが自ら答えを導き出すことを支援することを役割とする。
出典元:プレスリリース

■COACHING DOJO概要

COACHING DOJOは、コーチングを「知れる・学べる・受けられる」をコンセプトに、ビジネスコーチングの学習から、マネジメントでの活用、パーソナルコーチングの体験までコーチングに関する全てを網羅することを目指したwebメディアとなっている。
出典元:プレスリリース

■COACHING DOJO制作の背景

VUCA時代の到来や多種多様なキャリアを選択出来る時代だからこそ、「自分の中から答えを作り出す」「決められたレールから外れた人生」を歩む人にとって、コーチングは必要不可欠な存在となっていくと考えているという。また、コーチングは「人生の可能性を最大化する」ツールとして時代トレンドに最適なものだと理解しているとのことだ。

一方で、日本ではアメリカに比べコーチングのマーケット規模は300億円程度と、1/50程度(米:1.6兆円)に留まっているという。その要因の一つには、圧倒的な「認知機会」の少なさが挙げられるとのことだ。

需要も十分存在し、供給体制も整っている市場において、コーチングそのものの「認知拡大」ひいては、コーチングを取り巻くエコシステムに厚みを持たせるという考えで、COACHING DOJOの制作を開始したとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。