Today's PICK UP

NTTドコモとNSGグループ、5G・AI・XR技術などの活用による新たなICT教育の促進に向けた協業に合意

株式会社NSGホールディングスと株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、5GやAI、XR技術などの活用によるICT教育の促進に向けた協業に合意し、2021年6月2日に基本合意書を締結したと発表した。
教育におけるICT化の推進は、文部科学省による「GIGAスクール構想」をはじめ、各教育機関での必要性が増しており、先端情報技術を用いた臨場感のある学習コンテンツの活用や個々の習熟度に応じた教育など、より効果的な教育の実現に向け、ICTソリューション導入への期待が高まっている。

本協業において、NSGグループ(以下、NSG)とドコモは、NSGの教育コンテンツとドコモの5Gネットワークや各教育フィールドに適したソリューションを掛け合わせ、テキストなど従来の学習教材だけでは習得することが難しい熟練者の技術やノウハウなどの実践的な学習を可能とする、リッチ化されたデジタル教材の開発を行う。さらに、さまざまなソリューションを活用して配信したデジタル教材の学習履歴データを蓄積し、ドコモのAIを活用して分析することで、学生に対して効果的な学習方法をレコメンドする機能を構築するとともに、蓄積した情報の分析結果による教材の改善や配信方法の最適化など、教育効果の向上を見据えた仕組みを実現する。

本協業の具体的な取組みとして、両社はまずNSGが展開する新潟コンピュータ専門学校や新潟農業・バイオ専門学校、国際ビューティモード専門学校、JAPANサッカーカレッジにおいて、AIやXR技術、自由視点映像などの技術を活用した実証を行う。

新潟コンピュータ専門学校では、2021年4月に新設された「5Gコース」向けに、学校内に5Gのネットワーク環境を整備し、5Gを活用した次世代のICT教育カリキュラムの構築を検証する。5Gコースでは、5G環境下でのIoT技術開発やネットワークセキュリティ、ロボット制作などの実習に加え、校内に設置されているeスポーツスタジアムにおいても5G環境を活用したeスポーツコンテンツの制作学習を実施する。

また、新潟農業・バイオ専門学校では、「AR等の技術を利用した人材育成の効率化のための実証研究事業」の中で、ARグラスを活用した遠隔作業ソリューション「AceReal」と3D動画を活用し、トマトの栽培技術の見える化を目指す。ARなどを活用した農業の技術実証の授業展開により、農作業に関する遠隔指導や栽培ノウハウの早期習得を検証する。

さらに、国際ビューティモード専門学校、JAPANサッカーカレッジでは、自由視点映像を視聴可能なソリューション「SwipeVideo」を活用し、ヘアカット技術やスタイリング技術、テーピング技術など多視点で学習可能なデジタル教材の作成を行う。校内におけるデジタル教材の利活用に留まらず、作成した教材の全国展開を目指す。

人気記事