Today's PICK UP

家賃保証付き部屋探しアプリ「smeta」、フリーランスに特化した顧問税理士サービスを手がけるBlueWorksグループと業務提携

フリーランス特化型の家賃保証付き部屋探しアプリ「smeta(スメタ)」を運営するリース株式会社は、フリーランスに特化した顧問税理士サービスを手がけるBlueWorksグループと業務提携したと発表した。

■提携の背景と目的

フリーランスや個人事業主は、十分な支払能力があるにも関わらず社会的属性を理由に「信用が無い」とみなされることから、賃貸住宅を借りる際の入居審査で落とされ、「借りられない」という与信課題を抱えている。リースは家賃保証付き引越しアプリ「smeta」を通じて、不動産賃貸領域における与信課題の解消に取り組んできた。BlueWorksの顧問税理士サービスの顧客は主にフリーランス・個人事業主だが、その多くが年収に関わらず信用力を正当に評価してもらえないという与信課題に悩まされていたという。今回、こうしたフリーランスの与信課題を解消し、社会的属性に依らず誰もが公平に便益を享受できる社会を実現したいという思いから、業務提携に至ったとのことだ。

■業務提携の概要

ユーザー特典のポイント:
smetaユーザー:BlueWorksの顧問税理士サービスの月額顧問料8,000円が初回1ヶ月分無料
BlueWorksの顧問税理士サービスを利用中のフリーランス・個人事業主:家賃保証付き部屋探しアプリ「smeta」を利用する際の上限家賃(借りられる家賃の上限となる与信枠)が通常より5,000円アップ

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。