Today's PICK UP

KDDIら、空中ドローンに水中ドローンを搭載した「水空合体ドローン」を開発

KDDI、KDDI総合研究所、プロドローンは、ダム・港湾設備点検や水産漁場監視などにおける省人化・安全確保を目的として、点検場所まで自律飛行する空中ドローン (親機) に、映像伝送および音波での測位が可能な水中ドローン (子機) を搭載した「水空合体ドローン」を開発し、2021年5月31日に技術実証を完了したと発表した。
近年、水産養殖や水域インフラの点検分野において、少子高齢化などの理由から、人手不足が深刻な問題となっている。水中での作業支援が可能な水中ドローンの需要が高まる一方、従来の水中ドローンでは、点検場所まで船を出す必要がある。本機体は、スマートドローンプラットフォームの活用により、船を出すことなく、点検場所までドローンが自律飛行し、着水後に水中ドローンを分離し、遠隔で水中の点検が可能となる。今後、湖沼や海中での作業などの分野で、ドローンの新たな市場の創出が期待されるという。3社は今後、2021年度中に各用途に応じた実証を行い、2022年度の商用化に向け開発を行うとのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■「水空合体ドローン」について

・特長
空中ドローン (親機) に水中ドローン (子機) を搭載した合体型のドローン
スマートドローンプラットフォームを活用したタブレットでのドローン遠隔操作で、飛行、着水、分離、潜航、浮上、回収、帰還といった一連の動作を制御
水中の子機の位置をKDDI総合研究所独自の音響計測技術で正確に測定
水中子機からの映像をリアルタイムで操作者へ伝送
出典元:プレスリリース
・各社の役割
KDDI: スマートドローンプラットフォームを提供
KDDI総合研究所: 開発全体統括、音響測位部分の開発
プロドローン: 水空合体ドローンの開発

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。