Today's PICK UP

東京通信大学、「DX」や「SDGs」に対応・貢献できる人材を育成するコースを新設へ

オンラインだけでも卒業できるインターネットの大学「東京通信大学」は、2022年4月より「データサイエンス・社会調査コース」「総合人間コース」の2つのコースを新設すると発表した。
「DX」や「SDGs」をはじめとした、現代社会において必要不可欠とされる課題に対応・貢献できる人材を育成する。さらに、オプションでゲーム・CG・WEBなどグループ校の演習プログラムを学ぶ「専門スキルプラス」も用意。これにより、科目選択の自由度が一段と高くなり、学べる分野は今まで以上に幅広くなるとのことだ。
出典元:プレスリリース

■データサイエンス・社会調査コース

IT(情報テクノロジー)の専門知識・スキルに加え、企業経営や市場の仕組み、社会調査や市場リサーチ、AIも活用したビッグデータの分析手法などを修得し、新たな時代の経営や商品マーケティングに寄与できる人材を育成する。

<目指す将来像>
・今、最も必要とされている「DX人材」
近年、デジタル技術の進化に伴い、あらゆる企業に求められている「DX(デジタル・トランスフォーメーション)=デジタルを前提とした経営・ビジネスの再構築や、組織・ビジネス・企業文化の変革」。デジタルを単なる効率の追求とするのではではなく、ITをベースにこれまでにない新しい製品やサービス、ビジネスモデルを展開し、社会にイノベーションを起こすことができる力を身につける。

・企業が求める、“ビジネスがわかる”IT人材
DX人材に求められるのは、「ITに関する新しい知識とスキル」+「マネジメント(経営)やビジネスに関する幅広い知識」。プログラミング技術だけではなく、ビッグデータやIoT、AIなど、これからのニーズに対応できる専門的かつ高いレベルのスキルに加え、経営やビジネスの知識を備えていることが必須だ。情報マネジメント学部では、今まさに企業が求めている、“ビジネスがわかる”IT人材の育成を目指すという。

■総合人間コース

福祉に加えて心理・住まい・食・倫理・医療・看護など、幅広い分野から自分の目的や関心で科目を選択できる、自由度の高いコース。1つの分野・領域では解決できない複雑な社会的課題に対応する能力を身につける。

<目指す将来像>
・国連サミットで採択された「SDGs」に貢献できる人材
2015年に国連サミットで採択されたSDGs。持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のために17の分野において国際目標を掲げており、日本でも取り組みが推進されている。本コースでは、このSDGsに貢献できるよう、多種多様な分野の学びを通して社会や生活の課題を的確に把握し、課題解決へと導くことができる人材を育成する。

・現代に必要な「地域包括ケアシステム」を担う人材
少子高齢化の進行や地域社会・家族形態の変化の中で、誰もが地域で安心して生活できるよう支援し合うことが求められる近年。厚生労働省は、医療・看護・介護・生活支援などさまざまなサービスを包括的に提供する「地域包括ケアシステム」の構築を推進している。本コースでは、この地域包括ケアシステムを担うことができ、支援が必要な人たちを地域全体で支えていく「地域共生社会」に貢献できる人材を養成する。

■<ゲーム・CG・WEBを学ぶオプション>専門スキルプラス

情報マネジメント学部IT・情報システムコースでは、オプションでグループ校「専門学校HAL」の演習を追加でき、ゲーム・CG・WEBなど希望するデジタルコンテンツのスキルを身につけることができる。実践的なスキルをプラスすることで、社会での活躍の幅が、さらに広がる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。