JAL、デジタル証明書アプリ「VeriFLY」を活用したワクチン接種証明書の登録が可能に

JALは、安全・安心でスムーズな海外渡航に向けて、2021年4月末よりデジタル証明書アプリ「VeriFLY」の検証を重ねていたが、10月より日本発米国本土行き(グアム・ハワイ線を除く)において本格運用を開始している。

今回、米国時間の11月8日以降、米国へ入国する全ての渡航者に対し、新型コロナウイルスのワクチン接種完了が求められることとなった。この新しい入国要件に合わせ「VeriFLY」では、従来の検査結果に加え、ワクチン接種証明書の取り扱いが可能となった。あらかじめワクチン接種証明書をVeriFLYに登録し、出発日当日に、チェックインカウンターでアプリに表示された渡航判定結果を提示することで、搭乗手続きがさらにスムーズになるとのことだ。

Article Tags

Special Features

連載特集
See More