Yahoo!ブラウザー、AIを活用した「カメラ検索」に新機能「スポット検索」の提供を開始

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、同社が提供する、Androidアプリ「Yahoo!ブラウザー」が、画像から似ている商品などを検索できる機能「カメラ検索」に独自の人工知能(AI)による画像解析技術を用いて、施設や観光名所などの検索ができる「スポット検索」の提供を開始したと発表した。

「Yahoo!ブラウザー」では、「画像から気になる物や欲しい物などを検索したい」というニーズの高まりを受け、2020年8月のリニューアル時より、画像から似ている商品などを検索できる機能「カメラ検索」をトップ画面に設置している。これによりユーザーは、欲しい物や探したいものを、よりスムーズに検索できるようになった。「カメラ検索」の対応カテゴリーは、「ファッション」「食品」「インテリア」「家電」「有名人」など随時拡大しており、新たに「スポット」を追加したとのことだ。

本機能で検索できるスポットは国内約2万件で、ユーザー自身が撮影した写真やスマートフォンに保存している画像、ウェブページの画像から検索できる。なお、検索対象となるスポットは、今後順次拡大予定だという。

本機能は、検索画像から人工知能(AI)を用いて、施設や観光名所などのスポットの特徴を数値化して抽出する。画像から抽出された特徴と多数のスポットの特徴を保持したデータベースを照合することで、スポットの識別が可能となる。

本機能は「Yahoo!ブラウザー」トップ画面のカメラ検索をタップし、撮影または画像を指定するか、「Yahoo!ブラウザー」で閲覧しているウェブページ上の画像を長押しし、表示されるダイアログの「この画像で検索」を選択すると使用できる。検索結果には、スポット名・関連画像・説明文・住所などが表示され、ウェブ検索を使って、知りたいスポットの情報を簡単に深掘りできる。また、「関連検索ワード」には、スポット名と一緒によく検索されているワードが並んでおり、世の中の興味・関心を参考にした検索も可能だ。
出典元:プレスリリース

Article Tags

Special Features

連載特集
See More