LINE決済管理サービス「サブスクライン」、ChatGPT APIと連携

株式会社サブスクラインは、2023年3月1日にOpenAIから公開されたChatGPT APIと連携を開始したと発表した。

サブスクラインは、LINE決済に特化したオールインワンSaaSで、定期決済やEC/モバイルオーダー決済などの機能を提供している。このサービスを通じて、ユーザーはLINE内で簡単かつスムーズに決済を行うことができる。

今回のChatGPT APIとの連携により、LINE公式アカウントを通じての自然なメッセージ応答が可能になる。これにより、ユーザーはよりスムーズにサービスを利用することができる。また、ChatGPTの自然な言語生成能力を活用することで、人間と会話しているかのような自然なコミュニケーションを実現し、顧客満足度の向上につながることが期待されている。

さらに、サブスクラインでは、ChatGPT APIを利用した自然なメッセージ応答によって、商品やサービスに関する問い合わせに迅速に対応することができるという。これにより、顧客満足度の向上とともに、顧客とのコミュニケーションをよりスムーズに行うことができるとのことだ。
出典元:プレスリリース

Article Tags

Special Features

連載特集
See More