Today's PICK UP

MaaSを導入している台湾の現状とは?海外の事例を知っておこう

フィンランドではじまったMaaSは、世界中に波及し、台湾でも導入が進められています。どんな形で台湾ではMaaSが導入されたのでしょうか? 日本版MaaSの議論を進める上でも、他国の事例を研究しておくことは有益です。台湾版MaaSの実情を紹介します。
フィンランドではじまったMaaSの実証実験は、世界中に波及しています。ICTを活用し、移動を最大限に効率化することによって、交通渋滞の解消や排気ガス削減による環境問題対策、さらに交通難エリアの解消など、さまざまな副産物があるからです。日本でも各地で実証実験が行われていますが、台湾南部に位置する第三の都市・高雄市でも導入に向けた本格的な動きが見られます。なぜ、高雄市はMaaSの導入を検討しているのでしょうか? 現状はどこまで進んでいるのでしょうか? 日本版MaaSの議論を進める上でも、他国の事例は気になるところです。高雄市ではじまった台湾版MaaSの実情を紹介します。

そもそもMaaSとは?

MaaSはMobility as a Service(モビリティ・アズ・ア・サービス)の頭文字を取った略語で、「サービスとしての移動」と訳されています。自家用車以外の手段を使って、どこかに移動する場合、どんなルートで、どの交通手段を使って目的地まで辿り着くかは、時刻表や地図を見ながら自ら探すか、アプリを使ってルートを案内してもらうといった方法が一般的です。ルートが決めたら、各交通機関のウェブサイトやアプリを使ってチケットの予約・決済をします。

一方でMaaSは移動することをサービスの一環だと捉え、徹底的に効率化を目指します。アプリを使うことで、鉄道や地下鉄、バス、タクシーに加え、シェアサイクル、レンタカーなどあらゆる移動手段や時刻表を考慮して、もっとも効率的な移動ルートを考案してくれます。さらに、検索結果からそのままチケット予約や決済もシームレスで利用者に提供してくれるのが、MaaSです。最終的には都市計画に組み込むことで、交通網の再構築や新しい移動手段の開発も行い、都市部で発生している交通渋滞の緩和、自動車の削減や電気自動車の導入による排気ガスの低減、衰退する地方交通の再興など、現代社会が抱える諸問題まで解決しようとする考え方です。

MaaSが実現するまでの5つのレベル

実現すれば飛躍的に移動の効率がアップするMaaSですが、公共交通にはさまざまな事業者が参入しています。また、飛行機、鉄道、バス、タクシー、シェアサイクルなど、あらゆる移動サービスをシームレスにつなぐ必要があり、利用しやすいようひとつに統合するには多くの障壁があります。そんななか、スウェーデンにあるチャルマース工科大学の研究者が、MaaSの実現に向けた統合レベルを0〜4に分類し、公表しています。

レベル0

MaaSに向けた統合が、まったく進んでいない初期の段階がレベル0です。鉄道やタクシー、バスなど、それぞれの事業者が独立し、独自のサービスを提供している状況を指します。目的地までの経路検索や時刻表検索も、事業者をまたぐような横断的な検索はできず、自社の路線内での乗り換えや案内に限られます。また、料金の支払いもそれぞれの事業者に対して行うため、乗り換えるごとにチケットを購入したり、予約も各自のウェブサイトやサービス窓口を通じて行うことになります。

レベル1

レベル1ではMaaSに一歩進み、情報が統合された状態を指します。たとえば複数の交通事業者の運行情報や運賃に関する情報が統合され、それをひとつのアプリで検索することが可能となります。たとえば、乗り換え案内サービスやマップアプリによる経路案内がこれに当たります。出発地と目的地を入力すれば、最適なルートが複数提案され、それぞれの料金や所要時間も確認することができる状態です。現状の日本は、このレベル1です。

レベル2

レベル2は「予約・決済の統合」です。情報が統合され、複数の交通事業者を使ったルート検索が実現するレベル1から進み、予約と決済までが、ひとつのプラットフォームで完結する状態になります。現在の日本でもSuicaやPASMOといった交通系ICカードを利用すると、JR線や私鉄線、バスやタクシーなど異なる事業者での支払いが可能ですが、ルート検索との連携が不十分だったり、交通系ICカードでの支払いに対応していないレンタカーやシェアサイクルといった交通手段もあり、予約・決済が完全に統合されているとは言えず、レベル2ではないと捉える意見が多く見られます。

レベル3

続くレベル3は、「サービス提供の統合」になります。事業者同士が連携を取ることで、複数の交通機関を使って目的地まで移動したとしても、料金が統一されていたり、あるいは定額の乗り放題サービスが利用できるプラットフォームが整備されるなど、利用者が複数の事業者が存在していることを意識することなく、まるでひとつの交通機関を利用しているかのようなサービスを利用できる段階のことを指します。Whimが普及しつつあるフィンランドが、この段階にあると言われています。

レベル4

MaaSの最終到達点は、事業者のレベルを超えて、国や自治体が都市計画や政策にMaaSの概念を組み込むことによって、渋滞解消、地球環境の保護、高齢者や過疎地での移動改善など、さまざまな社会問題の解決に向かうことにあります。いち事業者の企業努力だけでは実現不可能で、場合によっては法律や社会システムの変更も必要となります。

日本はMaaSレベル0~1程度

日本のMaaSレベルは0ないし1程度だと考えられています。情報が統合され、都市部を中心に目的地までのルートをアプリで検索すると、複数の交通機関を使った経路が提案されます。ただ、シェアサイクルやレンタカーといった移動手段はこの検索から抜け落ちているため、十分だとは言い難く、レベル0だという指摘もあります。また、都市部では自家用車を所有する人は減少傾向にあり、必要なときにカーシェアリングを活用する人も増えています。移動する場所によっては、カーシェアリングを選択したほうが効率的な場合もあり、こうしたサービスとの連携も課題です。

台湾の高雄市における交通政策の現状

台湾南部に位置する第三の都市・高雄市では、2017年からMaaSをめぐる調査がスタートしています。なぜ、高雄市はMaaSの導入に関心を示したのか? 高雄市の交通政策について解説します。

高雄市の概要

高雄市は台湾の南部に位置する都市で、人口は合併した周辺地域も合わせて約277万人です。成田空港や関西国際空港から直行便も出ているほか、台北から新幹線や鉄道でアクセスすることもできます。台湾を代表する貿易港があり、台北に継ぐ、台湾第2の経済圏となっています。市内を走るバスや鉄道、地下鉄、LRT(架線のない路面電車)など交通機関では「iPass(一卡通)」というICカードで決済ができます。

高雄市は交通政策が発展している

高雄市の交通政策は日本よりも発展している面があります。たとえば、バスの運行データや乗客データが積極的に活用され、ユニバーサルデザインにもとづいた架線がないLRT(路面電車)や自動運転のバスも走行しているエリアもあります。また、自転車などのスローモビリティ専用のレーンも完備しています。最近、日本でも普及しつつあるシェアサイクルも街のあちこちに配備され、多くの利用者を獲得しています。

高雄市のMaaSに対する考え方とは?

高雄市の交通局の担当者は、「高雄市が考えるMaaSは、利用者に多様な交通手段を組み合わせたルート、料金、決済、最適化された情報を携帯端末アプリで統合させた交通サービスで、インテグレーションプラットフォームだと考えている」と語っています。バイクの利用率が非常に高く、とくに若者の交通事故が深刻な社会問題になっていたと言います。加えて、渋滞や大気汚染に対する対策も必要で、MaaSによって公共交通やシェアサービスを統合させて、バイクやクルマなどを所有することと同等のドア to ドアのサービスを提供して、市民がバイクやクルマから公共交通へ転換することを目指していると発言しています。

台湾の高雄市でMaaS導入が必要とされる背景

では、どうして高雄市はMaaSの導入が必要だと判断したのでしょうか? 同市が抱えていた問題点をもう少し詳しく見ていきましょう。

バイクによる交通死亡事故が多い

高雄市は他の多くの都市と同様に、長らくクルマ中心の都市設計が続いていました。交通事故の増加や慢性的な渋滞、そして排気ガスによる環境問題が深刻度を増したことで、人間中心の都市設計への見直しの機運が高まります。MaaSの導入がはじまる以前の高雄市の公共交通の利用率は10%程度。代わりにバイクの利用率が非常に高く、とくに若者の交通事故が深刻な問題になっていたと言います。2011年には1年間に251人が交通事故で亡くなり、そのうち80%以上はバイクによる事故だったそうです。

渋滞が問題視されている

公共交通の利用率が10%程度で、主な移動手段はバイクです。そのためとくに朝夕の通勤・通学のピークタイムの交通渋滞が問題視されていました。これが人々の自由な移動を妨げている考えられており、2017年12月から3ヶ月間の限定ですが、公共交通の料金を無料にして、市民が公共交通を使うよう促す大規模な社会実験も行われています。

環境汚染が深刻化している

バイクが市民のメインの移動手段になっており、渋滞も頻繁に発生するため、排気ガスによる環境汚染が深刻化しています。同市は早急な対策を求められています。

高齢者の移動手段の確保が求められている

バイクやマイカーによる移動は高齢者の移動手段してとくに適していません。高齢者になると判断力や運動神経に衰えが見られるようになり、日本でも高齢者が運転する車による事故が目立ち、社会問題になっています。高雄市でも今後、高齢化に備え、安全に移動できる手段を整えておく必要があります。

台湾の高雄市で始まったMaaSアプリ「Men-GO」とは?

MaaSでは、ルート検索からチケットの予約・決済までシームレスに利用できるアプリが活用されますが、高雄市では2018年10月から「Men-GO(メンゴー)」と呼ばれるMaaSアプリが提供されています。どんな機能を持ったアプリなのか、解説します。

「Men-GO」の概要

「Men-GO」では電車やLRT、バスといった公共交通機関に加え、タクシーやレンタルサイクル、フェリー、自転車シェアリングと市内で利用できる、さまざまな交通手段と連携が取れており、ルート検索が可能です。また、従来からあるICカードのiPassと併用することで、乗り放題チケットを「Men-GO」から購入して、iPassで改札を通過するといった使い方もできます。

お得な料金設定が人気の秘訣

「Men-GO」は、4つの定額料金プランがあり、どの交通機関を主に利用するかでプランを選びます。中でも注目されるのが、「無限暢遊方案」というプランで、これは地下鉄(MRT)やLRT(路面電車)、市街地を走るバスが乗り放題になります。さらにシェアサイクルは指定の場所から借りるタイプなら30分間無料(MRTから乗り継ぐと60分無料)で利用でき、フェリーは月4回まで無料、タクシーは600台湾ドル相当のポイントが利用できる仕組みになっています。そのほか、市街地のバスだけ乗り放題のプランやフェリーが乗り放題のプラン、そして市街地バスと長距離バスが乗り放題になるプランがあります。

台湾のMaaSアプリ「Men-GO」の成果

MaaSアプリの「Men-GO」を導入したことで、どのような成果があったのか? 高雄市では検証も進めています。その一部をご紹介します。

ユーザーの行動特性を把握できるようになった

交通機関から得られるデータはもちろん、MaaSアプリのユーザーの履歴やiPassの利用データなど多くのデータを分析することで、ユーザーの行動特性を把握できるようになりました。それによると、MRTとバスの乗継ぎが多いことがわかっているほか、タクシーはラストワンマイルに使用される傾向にあると言います。こうした詳細なデータは今後のMaaSサービスの仕組みを考える上で貴重な判断材料になります。

ユーザーの移動費削減や交通事業者の収益拡大が見られた

「Men-GO」の導入前後の利用者の月額交通費や、事業者の収益を分析したデータによると、定額プランを採用したMen-GOによって、ユーザーの移動費が減っていることがわかっています。一方で交通事業者の収益は減少するのではなく、拡大しているため、MaaSによってユーザーの移動費が減り、交通事業者の収益は拡大するというWin-Winな関係が構築できていることを示しています。

市民の行動パターンは大きく変化が見られなかった

一方でバイクによる死亡事故は減少したような印象があるものの、それを明確なデータは出ていないと関係者は語っています。そのためMen-GOの登場により、市民の行動パターンが大きく変化したとは言えない状況です。

日本では法律の制定やインフラの整備が課題

台湾の高雄市が実践しているMaaSの事例を見てきましたが、日本で同様のプロジェクトを動かすためには、いくつか課題があります。ひとつはデータの共有です。タクシーの位置情報、自動車の走行データ、鉄道やバスの運行情報、高速道路の交通状況、あるいはユーザーの乗り換え案内の検索履歴データなど、移動や交通に関わるビッグデータはそれぞれの事業者が保有し、オープン化されていないのが現状です。MaaSでは、それぞれをシームレスにつなぎ、サービスとして提供するため、形式を統一したデータを集約する枠組みが欠かせません。

また、日本では公共交通機関の運賃を自由に事業者が決めることができず、運賃や料金の設定と変更には、国土交通大臣の認可と届出が必要なため、こうした法律を変える必要もあります。従来の交通機関を連携させるだけなら、非効率になるケースもあるため、インフラの整備も視野に入れる必要があります。とくに日本では過疎地域の交通も社会問題となっているため、地域が抱える課題に応じたサービスを考える必要があります。

台湾におけるMaaSの現状を知っておこう

MaaSは歴史の浅い、新しい試みです。また、国や地域によって交通網や抱える社会問題は異なります。そのため、どこに問題があるのか、トライアンドエラーを重ねながら、制度設計を行っていくことが求められます。日本ではまだ実証実験の段階ですが、台湾の先行事例から学ぶことはたくさんあるでしょう。日本版MaaSを成功させるためにも、台湾におけるMaaSの現状を知っておくことは、とても意味があります。

人気記事

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 前編は山本社長が社長に就任した経緯、2000年以降業績が落ち込んだ原因の分析、そして現在進行中の新しい売り場づくりの施策などについてお話をうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 後編は総合スーパーならではの売り場づくりの工夫、各社が黒字化に苦悩するネットスーパー戦略、イトーヨーカドーが目指す地域インフラの姿、社会課題の解決についてお話をうかがいます。

山口周氏に訊く、アフターコロナで企業と個人の関係はどう変わるか。

山口周氏に訊く、アフターコロナで企業と個人の関係はどう変わるか。

新型コロナウイルス感染症の規制緩和が進むなか、オフィス勤務に戻る企業やリモートワークを続ける企業、リアルとリモートのハイブリット型を試みる企業など、会社や経営者の考え方の違いによって、働き方はより多様化してきています。一方で、いずれかの働き方を決定しても、そのスタイルで果たして本当によいのだろうかと思案する経営者も多いようです。 従来のオフィスワークとリモートワークという二つのスタンダードが両立する時代において、人々の生き方・働き方、そして企業と個人の関係はどのようになっていくのでしょうか? 仕事や働き方について数多くの著書を持ち、アートや哲学にも造詣の深い山口 周氏に、デジタルホールディングス グループCHRO(最高人事責任者)を務める石綿 純氏がさまざまな視点からお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

2022年3月24日から27日の期間に開催された「メタバースファッションウィーク(※)」に、日本のファッションブランドとして唯一の参加を果たした「アンリアレイジ」。昨年公開された映画『竜とそばかすの姫』では主人公すずのアバター「ベル」の衣装をデザインしたことで大きな話題を呼びました。さらに同年に開催された2022年春夏のパリコレクションでは、その手がけた衣装をリアルとバーチャルの世界で作品として発表するなど、既存のファッションの枠組みにとらわれない活動で業界に新たな風を吹き込んでいます。前編では、ファッション産業とメタバースの関係を軸に、バーチャル上での服づくりの難しさや、NFTが持つ価値の源泉についてなど、デザイナー 森永 邦彦氏のファッション観に着目して多方面からお話を伺いました。 ※ メタバースファッションウィーク:VRプラットフォーム「ディセントラランド」を舞台に開催されたファッションイベント。「ドルチェ&ガッバーナ」、「エトロ」、「トミー ヒルフィガー」など人気の50ブランドが参加した。

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

「ユニコーン企業」――企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は人気オンラインゲーム「フォートナイト」を運営する「Epic Games(エピック ゲームズ)」を紹介する。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。