アプリの記事一覧

外部アプリと連携して自分だけのSlackを作る方法とおすすめの連携アプリも紹介

外部アプリと連携して自分だけのSlackを作る方法とおすすめの連携アプリも紹介

近年、新型コロナウイルス感染拡大の影響でテレワークが主流になり、ビジネスコミュニケーションツールが目立ってきています。数多くツールがある中でも注目されているSlack。 外部アプリと連携をすることで、より活用しやすくなり、自分だけのSlackが使えるようになります。 本記事では、Slackと外部アプリを連携させることで得られるメリットや、外部連携のおすすめアプリもご紹介します。

Today's PICK UP

Slackはチャンネルを有効に使い分けることで業務効率が改善できる|作成手順も解説

Slackはチャンネルを有効に使い分けることで業務効率が改善できる|作成手順も解説

近年、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響でテレワークが主流になり、ビジネスコミュニケーションツールが目立ってきています。数多くツールがある中でも注目されているSlack。 チャンネル機能を有効に活用することで、業務効率の改善も期待できます。 本記事では、Slackチャンネルの特徴と種類、有効活用する際のポイントを作成手順も合わせて解説いたします。

Today's PICK UP

企業がSlackを導入するメリット・デメリットを成功事例と合わせて解説

企業がSlackを導入するメリット・デメリットを成功事例と合わせて解説

近年、新型コロナウイルス感染症の感染拡大などの影響でテレワークが主流になり、ビジネスコミュニケーションツールが目立ってきています。数多くツールがある中でも注目されているSlack。 今回は、企業がSlackを導入するメリット・デメリットを成功事例と合わせてご紹介します。

Today's PICK UP

 Slackでダイレクトメッセージは使用しないほうがいい?上手く機能を活用するコツを紹介

Slackでダイレクトメッセージは使用しないほうがいい?上手く機能を活用するコツを紹介

近年、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響でテレワークが主流になり、ビジネスコミュニケーションツールが目立ってきています。数多くツールがある中でも注目されているSlack。 チームやプロジェクト単位でのコミュニケーションだけでなく、1対1でやり取りができるダイレクトメッセージ機能もあります。 一見、便利に思えるダイレクトメッセージ機能ですが、Slackにおいては使用しないほうが良い場合もあります。 本記事では、Slackダイレクトメッセージ機能の活用方法と機能を使うシーン、使用しないことで得られるメリットも合わせてご紹介いたします。

Today's PICK UP

Slackのアカウントを作成する2つの方法と手順を解説|作成前に押さえておきたいポイントも確認

Slackのアカウントを作成する2つの方法と手順を解説|作成前に押さえておきたいポイントも確認

近年、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響でテレワークが主流になり、ビジネスコミュニケーションツールが目立ってきています。数多くツールがある中でも注目されているSlack。 今回は、Slackのアカウントを作成する上での方法と手順、押さえておきたいポイントをご紹介します。

Today's PICK UP

Slackをアプリで使用するメリットとワークスペース内の連携方法について解説

Slackをアプリで使用するメリットとワークスペース内の連携方法について解説

利用が広がるビジネスコミュニケーションツールの「Slack(スラック)」。PCとスマートフォンの双方で利用できることで知られています。ではアプリとブラウザで異なる点はあるのでしょうか? Slackアプリのメリットとワークスペース内の連携方法について解説します。

Today's PICK UP

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

未だペーパーレス化できてない現場は多数。ノンデスクワーカーが働く全企業の現場DX を目指す「カミナシ」の挑戦

未だペーパーレス化できてない現場は多数。ノンデスクワーカーが働く全企業の現場DX を目指す「カミナシ」の挑戦

現在、さまざまな業界・職種で進められているDXですが、浸透の実態はまちまち。とくに工場などで作業者(ノンデスクワーカー)として働く方々の業務は、いまだにアナログに管理されているのが日常です。 そんな課題を解決すべく開発されたのが、株式会社カミナシが提供するノンデスクワーカー向けの現場改善プラットフォーム「カミナシ」。カミナシの活用で現場の業務はどう変わるのか。代表取締役の諸岡 裕人氏にお話を伺いました。

DX戦略

2013年、Uberに抱いた強烈な危機感。ハイヤー・タクシー業界に急激に訪れたデジタルシフトの波。DeNAと事業統合し、オールジャパンでモビリティの未来に挑む。

2013年、Uberに抱いた強烈な危機感。ハイヤー・タクシー業界に急激に訪れたデジタルシフトの波。DeNAと事業統合し、オールジャパンでモビリティの未来に挑む。

2020年2月、日本交通ホールディングス株式会社(以下、日本交通ホールディングス)と株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)が、タクシー配車アプリ事業などのモビリティ事業を統合することに合意し、同年4月1日より、株式会社Mobility Technologiesが誕生しました。この事業統合は業界でも大きな話題になり、日本のMaaS(Mobility as a Service)領域の取り組みを加速するものと期待されています。今回は、ハイヤー・タクシー業界のDX化を強力に牽引している株式会社Mobility Technologiesの川鍋一朗氏に、デジタルホールディングス代表取締役社長 グループCEOの野内敦氏が、競合との事業統合に至った背景や、デジタルシフトのために必要なこと、またモビリティ業界の未来ついて話を伺いました。

DX戦略

18 件

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。