Today's PICK UP

Slackチャンネルとは?有効活用するコツを初心者向けに解説

近年、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響でテレワークが主流になり、ビジネスコミュニケーションツールが目立ってきています。数多くツールがある中でも注目されているSlack。
チャンネル機能を有効に活用することで、業務効率の改善も期待できます。

本記事では、Slackチャンネルの特徴と種類、有効活用する際のポイントを作成手順も合わせて解説いたします。

Slackは業務効率の改善に役立つツール

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受けて、テレワークを推進している企業も少なくありません。
そんな中、課題のひとつにコミュニケーションが不足してしまうことがあげられます。そこで手助けをしてくれるツールの1つに、Slackがあります。

Slackは、便利なビジネスコミュニケーション用のチャットツールです。
(参考:Slack help center
メッセージのやり取りだけでなくファイルの共有や通話もできます。
チャンネルで構成されているので、チーム別、プロジェクト別など組織に適したスタイルでコミュニケーションを取ることができます。

チャンネルの特徴と種類、有効活用するポイント作成方法と合わせて解説します。

Slackを活用するメリット

業務にSlackを活用すると、どんなメリットがあるでしょうか?

テレワークでもコミュニケーションを取りやすい

コロナ禍で社員を通勤させず、リモートワークを推奨する企業も増えています。リモート会議ツールやファイル共有などのビジネスツールを使えば、職種によるものの、工夫次第で、これまでと変わらない業務ができます。ただ、リモートワークではメールや電話で報告はできますが、雑談が減るため、社員同士のコミュニケーションが減るのが、デメリットです。Slackのチャットやビデオ通話の機能を使うことで、情報共有や会話が減る懸念を解消できます。

複数のデバイスで利用できる

Slackは複数のデバイスで使用できるツールです。デスクトップ版はもちろん、アプリをインストールすれば、スマホやタブレットでも使用できます。そのため、通勤とリモートワークを併用している職場でも継続してSlackが使えます。また、営業や出張など外出が多い社員でも出先からスマホで情報を共有したり、ファイルを閲覧することができ、便利です。

手軽にファイル共有できる

Slackはチャット機能で知られていますが、ファイルの共有も簡単にできます。共有したいファイルをSlackにドロップするだけです。宛先を指定し、本文を入力して、送信するメールよりも、手軽だと言えます。

Slackチャンネルとは?

Slackでは、会話したい話題やメンバーごとに、チャンネルと呼ばれる専用のスペースを設けることができます。テーマを絞って意見交換したいときに便利です。また、チャンネルにはパブリックチャンネルとプライベートチャンネルがあります。パブリックチャンネルは誰でも参加ができるもので、プライベートチャンネルはすべてのメンバーに公開しないような会話に使用します。

Slackチャンネルとワークスペースの違い

Slackのチャンネルと似た用語に、ワークスペースがあります。Slackでは、やりとりしたいメンバーを招待してグループを作りますが、部署や部門など、グループ全体で使用する場所が、ワークスペースです。対する、チャンネルは特定のメンバーが参加する、小さな会議室のような場所です。

Slack チャンネルの特徴

チャンネルは、Slackの軸となる部分です。
ここからは、Slackのチャンネルの特徴を解説します。

チーム別・プロジェクト別などニーズに合わせて作成できる

チャンネルは「#」から始まるグループで、会議室のような役割を担っています。チーム別、プロジェクト別だけではなく、期間限定で作成することもできます。
初期設定では、ワークスペース内にいる全員が参加している

#general(全体的なお知らせ)

#random(仕事以外の話題)

というチャンネルが存在します。

メンバーが必要に応じて参加・退出できる

メンバーは、自身が関与するチャンネル(案件やプロジェクト、イベント毎)に参加することで、自分にとって必要な情報をピックすることができます。
他社同士のやりとり含め確認できるため、情報共有の効率化に繋がります。自身が関与しなくなったチャンネルからは自由に退出することができるので、ピックする情報を精査することも可能です。

チャンネルの中にはスレッドが存在する

チャンネルの中にはスレッドと呼ばれる、会議室の中の小部屋のようなものが存在します。

チャンネル内にスレッドを作成することで、1つのテーマについて検討したり議論したりする際に情報が煩雑になりません。
あとから探しだす時にも、物事が決定した経緯などを合わせて簡単に確認できます。

Slackのチャンネルの種類

これまでチャンネルの特徴をご紹介しました。
本章からは、Slackのチャンネルの種類とその機能について解説します。

パブリックチャンネル

パブリックチャンネルは、「#」の記号から始まるチャンネルのことです。
ワークスペース内の誰でも閲覧することができ、参加できます。

ゲストを除くワークスペースのメンバー全員が作成できますが、ワークスペースのオーナーが特定のメンバーだけに作成権限を渡すことも可能です。

プライベートチャンネル

プライベートチャンネルは、「鍵マーク」の記号から始まるチャンネルのことです。
作成者または参加者によって招待されないと、閲覧・参加ができないチャンネルです。

デフォルトでは、ゲストを含め、メンバーは誰でもプライベートチャンネルの作成ができますが、こちらもワークスペースのオーナーが特定のメンバーだけに作成権限を付与することが可能です。

マルチワークスペースチャンネル

マルチワークスペースチャンネルは「∞」に似た記号から始まるチャンネルのことです。
チャンネル内のメンバーだけでなく、複数のワークスペースが繋がれるチャンネルで、大規模組織向けの「Enterprise Gridプラン」のみ使用可能です。

パブリックとプライベート、どちらの設定もできます。
ワークスペースのオーナーと管理者がマルチワークスペースチャンネルを作成できることはもちろん、他のメンバーへ作成権限を渡すことも可能です。

Slack内のチャンネルを有効活用するポイント

ここまで、チャンネルの特徴と種類に関して解説しました。
ここからは、Slackのチャンネルを有効活用して、業務効率をより改善するためのポイントを2つほどご紹介します。

ポイント1|ガイドラインに基づいて作成する

ポイントの1つ目は、ガイドラインに基づいて作成することです。

次の3つの項目に注意しましょう。

A)チャンネル名の付け方
チャンネル名はワークスペース内で統一しましょう。
統一することで、すべてのチャンネルを把握しやすくなり整理が簡単になります。
チャンネル名は後から変更することもできます。

B)用途を明確に記載
チャンネルごとに「何に使うチャンネルか」を説明欄に明確に記載しましょう。
チャンネルの目的に関して、参加メンバーが共通認識を持つことで、コミュニケーションのすれ違いが減り、ツールをより良く使用できます。
後からチャンネルに参加したメンバーも、認識齟齬なく理解できます。
 
C)テーマを分かりやすくする
スレッド機能を活用して、ディスカッションしているテーマを分かりやすくしましょう。
話している内容が煩雑せずに、効率的にコミュニケーションがとれます。

ポイント2|ベストプラクティスを意識する

ポイントの2つ目は、ベストプラクティスを意識することです。
ベストプラクティスとは最善慣行とも訳され、ゴールまでの最も効率のよい技法、手法です。

次の2つの項目に注意しましょう。

D). パブリックチャンネルを使う
情報の平等性を意識して、なるべくパブリックチャンネルで行いましょう。
もちろん、チーム内やイベント内の機密情報などを取り扱う場合は鍵をつける必要があります。
ですが、それらを除いて情報を開示しておくことで、社員がSlackを通して色々な情報を見つけるきっかけになり、業務効率の改善や共通認識を持つことに繋がります。チャンネルの性質に合わせてプライベートとパブリックを使い分けるとよいでしょう。

E). チャンネルの削除・アーカイブを定期的に行う
使わなくなったチャンネル(今後使う可能性がある)はアーカイブ、残す必要のないものは削除しましょう。
よく使うチャンネルと全く使わないチャンネルが混同していると、開いた際にチャンネルを発見しづらくなってしまいます。3ヶ月に一度位のペースでチャンネルの見直しを行いましょう。

チャンネルの作成手順

ここまで、チャンネルの特徴と種類、有効活用する際のポイントに関して解説しました。
ここからはチャンネルの作成手順をご紹介します。
(参考:チャンネルを作成する

手順1|左上のワークスペース名をクリック

左上のワークスペース名をクリックします。

手順2|「チャンネルを作成する」をクリック

「チャンネルを作成する」をクリックします。(※黄色付部分)

手順3|チャンネル名の入力

チャンネル名の入力は「80文字」までです。
文字は、日本語・英字・ハイフン・アンダーバーが使用できます。

手順4|プライベート設定の必要有無を確認

プライベート設定にする際は、「プライベートチャンネルにする」の横のトグルボタンをクリックしましょう。

チャンネルを作成した後でも、プライベート設定にすることができますが、チャンネル変換のオプションが見当たらない場合は、ワークスペースのオーナーに相談しましょう。

手順5|「作成する」をクリック

後、右下にある緑色の「作成する」ボタンをクリックします。

手順6|メンバーを追加する

チャンネルが作成できたら、メンバーを追加しましょう。
ワークスペース内のメンバーの名前を入力して選択することで、チャンネル内にメンバーを追加できます。

Slack疲れには注意が必要

Slackによって、社内のコミュニケーションが活発になる可能性が高いですが、頻繁にメッセージが届くことで、チャットで回答することに追われ、本来の業務が進まなくなることがあります。無視して、業務するわけにもいかず、早く返答しなければと、ストレスに感じるようになっていきます。その結果、Slackを使いたくないと思うようになるというデメリットもあります。これをSlack疲れと呼ぶことがあります。ときには受け流したち、@をつけるのは緊急なときだけ、など快適な距離感をルール化することも大切です。便利なツールでも、使い方を誤るとデメリットが生じる可能性があるので、注意が必要です。

Slackチャンネルを活用して業務効率を高めよう

Slackチャンネルの特徴や種類、活用ポイントを作成方法も合わせてご紹介しました。
チャンネルはSlackの軸となるため、より効率良くコミュニケーションを取るためにも作成段階から重要になります。
是非、本記事を参考にしていただき、業務効率の改善にお役立てれば幸いです。

人気記事

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

『メタバースとWeb3』著者・國光 宏尚氏が語る、Web3時代に勝つ企業の条件

『メタバースとWeb3』著者・國光 宏尚氏が語る、Web3時代に勝つ企業の条件

「ブロックチェーン技術(※1)を中核とした非中央集権的なインターネット」として定義されるWeb3(3.0)。2021年以降、急速に注目を集めるようになったフレーズですが、全貌を理解している人は多くない、曖昧な概念であることも事実です。今回お話を伺ったのは、3月に上梓した『メタバースとWeb3』がベストセラーになり今やWeb3のエバンジェリストとして知られる、株式会社Thirdverse、株式会社フィナンシェ代表取締役CEO/Founderの國光 宏尚氏。「Web3時代に勝ち残る企業」をテーマに、 デジタルホールディングスのグループCIO(最高投資責任者)を務める石原 靖士氏がお話を伺いました。 ※1 ブロックチェーン 取引履歴(ブロック)を暗号技術によって1本の鎖のようにつないで記録することによって、データの破壊や改ざんを極めて難しくしたデジタルテクノロジーのこと。

DXが遅れる不動産業界に光明。三菱地所リアルエステートサービス、居住用不動産売却マッチングサービス誕生の舞台裏

DXが遅れる不動産業界に光明。三菱地所リアルエステートサービス、居住用不動産売却マッチングサービス誕生の舞台裏

一生のうちに滅多にない、居住用不動産売却。売却の際には多くの方が一括査定サービスを利用されますが、以前から「高い提示額の会社に任せても、結局なかなか売れない」「仲介担当者は運任せ」という不満の声がありました。そんななか、私たちがかかりつけ医や美容師を自由に選べるのと同じように、充実した情報のもとで、大切な“財産”である住まいを託す仲介担当者を、売却検討者が直接選べるサービスが登場。それが、三菱地所リアルエステートサービス株式会社が提供する「タクシエ(TAQSIE)」です。 今回は、タクシエの事業を担当する、TAQSIE事業室長 磯貝 徹氏、参事 落合 晃氏と、プラットフォーム構築を最短1日で可能にするSaaS「Pocone(ポコン)」の提供により開発支援を手がけた、株式会社オプトインキュベート 代表取締役CEO 齋藤 正輝氏、取締役CTO 山岸 大輔氏に、構想からPoC実施、そしてサービス提供までの舞台裏をうかがいました。

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

「ユニコーン企業」――企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は人気オンラインゲーム「フォートナイト」を運営する「Epic Games(エピック ゲームズ)」を紹介する。

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに、前後編の2回にわたって迫ります。前編は、自動車大国・日本さえも脅かす存在になるほど進んでいる中国EV市場の実情をお届けします。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。