テレワークの記事一覧

ワークライフバランスを実現するメリットとは?有効な取り組みも紹介

ワークライフバランスを実現するメリットとは?有効な取り組みも紹介

少子高齢化による働き世代の減少も背景に、こうした仕事中心の生活から脱し、生産性の高い働き方を実現しようという機運が高まってきました。そこで提唱されたのが、「ワーク・ライフ・バランス」です。ここではワークライフバランスを実現するメリットや、有効な取り組みについて紹介します。

Today's PICK UP

リモートワークで業務効率を上げるコツ|Web会議でのコミュニケーションの上手な取り方についても解説

リモートワークで業務効率を上げるコツ|Web会議でのコミュニケーションの上手な取り方についても解説

リモートワークはオフィスでの業務と異なり、集中できないという声が聞かれます。通勤が不要になり、ワークライフバランスに優れた生活が手に入れるチャンスですが、ダラダラと業務するのはもったないでしょう。そこでリモートワークで業務効率を上げるコツを解説しながら、Web会議ツールでコミュニケーションを上手に取る方法について考えます。

Today's PICK UP

リモートワークはいつまで続く?世界的な動向と長期化が抱えるメリット・デメリットを解説

リモートワークはいつまで続く?世界的な動向と長期化が抱えるメリット・デメリットを解説

リモートワークがひとつのワークスタイルとして定着した印象がありますが、日本ではワクチンの接種も進んでおらず、事態の鎮静化は見通せません。そこでリモートワークがいつまで続くのか? また世界的な動向と長期化が抱えるメリット・デメリットを解説します。

Today's PICK UP

企業側と従業員側で異なる?リモートワークのメリット・デメリットを解説

企業側と従業員側で異なる?リモートワークのメリット・デメリットを解説

リモートワークは時間や場所の制約を受けることなく働くことができるという働き方改革の一環としてはもちろん、出勤が困難な妊娠中や育児中あるいは介護中のスタッフであっても継続して勤務できるため、人手不足の解消という点でも大きな注目を集めています。企業側と従業員側で異なるリモートワークのメリット・デメリットを解説します。

Today's PICK UP

Zoomの有料版と無料版の違い|有料版に変更したほうが良いケースや導入事例を紹介

Zoomの有料版と無料版の違い|有料版に変更したほうが良いケースや導入事例を紹介

Web会議ツールとして広く利用されるようになったZoomには、無料プランと有料プランがあります。無料プランで利用できる基本機能だけでも十分にビジネスに使えるため、普及したと言えますが、有料プランに変更すると、どんなメリットがあるのでしょうか?無料版と有料版の違いについて解説します。

Today's PICK UP

Zoomには40分の時間制限がある!制限を超えて会議を続ける方法や有料版を導入する際の判断基準について解説!

Zoomには40分の時間制限がある!制限を超えて会議を続ける方法や有料版を導入する際の判断基準について解説!

Zoomの無料プランでは、3名以上のミーティングを40分以上、続けて行えないという時間制限があります。もし40分を超えて会議を続けたい場合にはどうしたらいいのでしょうか?有料版への移行を検討する際の判断基準などについて解説します。

Today's PICK UP

37 件

人気記事