プラットフォーマー研究

シリーズBで45億円調達。米進出でバーチャルオフィスの世界トップシェアを狙う「oVice」

2020年8月にサービスをスタートさせたバーチャルオフィス「oVice」。昨年より実施しているテレビCMや斬新なキャッチコピーによるプロモーションで、その知名度は急上昇中。二次元の空間をアバターが移動するシンプルな設計は、回線速度が遅い環境でも安定して作動するため、日本ではバーチャルオフィスのトップシェアを誇っています。昨年3月に行ったインタビューから1年半以上が経過した現在、oViceを取り巻く環境はどのように変わったのか。本格的なアメリカ進出の背景や、新しいハイブリッドワークの形について、oVice株式会社で代表取締役CEOを務めるジョン・セーヒョン氏にお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- 日本のリモートワーク率は韓国やアメリカよりも高い。要因として、コロナ禍以前より国がDXを推進していたこと、コロナ禍では国も企業も在宅勤務を推奨していたこと、ワクチンの遅れによりリモートワークの実験期間が長かったことなどが考えられる。

- 2022年8月にはシリーズBで45億円の資金調達を行い、本格的なアメリカ進出を目指す。リモートワーク未体験の人が多いアメリカで、oViceとして独自のポジションをどのように確立するかを検討中。

- 「デジタルワークプレイス」とは、オンラインとオフラインに囚われない新しいハイブリッドワークの形。どこで働こうとも不公平が生じず、適正なパフォーマンスが発揮できる環境を目指す。

- バーチャルオフィスの世界はネットワーク効果を生みやすいため、oViceを含む現状のトップランナーがこれからも先行し続けるとジョン・セーヒョン氏は予想する。

「oVice出社」だからできる働き方の広告が話題に

――前回の取材から1年半以上が経過しました。その間、テレビCMの放映をはじめ、大々的なプロモーションの展開もあり、知名度が上がってきていると感じています。この1年半でどのような変化がありましたか?

初のテレビCMを流したのは昨年の8月です。当時は誕生から1年未満のサービスだったので、会社としての信頼度を高めたいという狙いでテレビCMを実施しました。12月になるとコロナ禍の影響も一時的に落ち着いてきましたが、リモートワークという働き方は衰退することなく、コロナ後も定着する流れが見受けられたので、そこで大きくプロモーションを展開しました。oVice出社だから実現できる「5秒で出社できること」や、「布団でも仕事ができる」ことをアピールしたいくつかの広告を実施したところ、「もう猫吸いながらしか仕事できません」という電車内広告の画像がTwitterで12万以上のいいねを獲得するなど、大きくバズりました。

――テレビCMでは厚切りジェイソンさんを起用していましたが、この意図を教えてください。

私自身が外国人で、マーケットにも「oVice=海外のサービス」というイメージが強くありましたので、海外の人に「oViceを使わないのはおかしいよね?」と言ってもらいたいと考えました。人選をいろいろ考えたときに厚切りジェイソンさんが浮かび、「Why oVice 使わないの!?」というセリフを言ってもらうことで黒船的なイメージを演出しています。

――2021年はシリーズAで18億円を調達したこともニュースになりました。主にどういった目的で調達したのでしょうか?

メインはグローバル展開です。今は日本のユーザーが9割を占めていますが、その次のマーケットが韓国です。ただ、韓国に関してはリモートワークの割合がそこまで高くないのがネックになっています。

――韓国のリモートワーク率の低さにはどんな要因があるのでしょうか?

韓国が低いというより日本が高いのかもしれませんね。日本ではコロナ以前より国がDXを推進していたこともあって、一気にリモートワークが浸透した面があります。コロナ禍においても国が出社率や在宅率を数字で示して、企業もその流れに従いました。加えて、oViceの存在も影響していると思っています。oViceのようなリモートワークに上手くハマるツールがなかった海外に対し、日本では国も企業も在宅勤務を推進した流れをサポートし、適切なツールがあったからこそ、ここまで定着したと見ています。

オフィスの規模を縮小する企業も出てきましたし、今やリモートワークでも普通に働けることが分かってきたので、無理にオフィスに戻る必要がないですよね。日本ではワクチン接種の開始が遅かったことも要因の一つだと思います。アメリカでは早い段階からワクチン接種が始まっていたため、リモートワークが普及する前にオフィスに戻ることができましたから。

実際に、アメリカでもリモートワークはそこまで定着していません。イーロン・マスク氏が全面的にリモートワークを禁止して物議を醸しました。Googleもオンとオフを組み合わせたハイブリッドワークを導入しています。日本と違ってリモートワークの実験期間が短すぎたことが原因でしょうね。

世界シェアのトップを目指し、本格的にアメリカへ進出

――2022年8月にはシリーズBで45億円の資金調達を発表されていますね。主な用途として「アメリカなどを中心とする海外展開」とありますが、アメリカ市場を狙う背景を教えてください。

oViceはバーチャルオフィスとして、アメリカの「Gather」に次ぐ2位のシェアを獲得しています。来年には本格的に1位を狙っているので、最も市場の大きいアメリカを狙うのは必然的な流れです。先ほどもお話ししましたが、アメリカは比較的早い段階で通常のオフィスワークに戻ってしまったので、リモートワーク未体験の人が多くいます。そんな市場でoViceがどうやってバリュープロポジションを確立していくのか。そこを検討している状況です。

いずれにせよ、世の中は働く場所を選ばない方向に進んでいくと考えています。そこでoViceが独自のバリューを提供できれば、アメリカでも勝算はあるでしょう。oViceがトップシェアを取れるかどうかは別として、マーケットは絶対に生まれます。日本でマーケットが生まれたのですから、他の国で生まれない理由はありません。
アメリカなどのユーザー向けに公開している英語版のoViceサービスサイト

アメリカなどのユーザー向けに公開している英語版のoViceサービスサイト

オンラインとオフラインの二項対立を乗り越える「デジタルワークプレイス」の実現

――先日発表されたコクヨとの業務提携では「デジタルワークプレイス」というフレーズが使われていましたが、この詳細を教えていただけますか?

「デジタルワークプレイス」とは私たちの考えるハイブリッドワークの形です。出社しているのか、リモートなのかといった二項対立に囚われず、オンラインでもオフラインでもシームレスにつながる新しい働き方を標榜しています。現状のハイブリッドワークにおける問題は、働く場所によって不利益が生じてしまう点にあります。

例えばリモートワーク率が一割の会社では、オンラインが圧倒的に不利になってしまいます。なぜかというと、オフラインがほとんどの情報を独占してしまっているからです。共有されている情報が少ないということは、働く人のパフォーマンスを低下させることを意味します。何か出社できない理由があってリモートワークを選んだとしても、そこで不公平が生じてしまうのは好ましくありません。

――仕事のパフォーマンスまで踏み込んで、ハイブリッドワークを捉えているわけですね。

オンライン、オフラインを問わず一つに融合させた空間が「デジタルワークプレイス」です。そこではオンラインとオフラインでも、オフラインとオフラインでも同じコミュニケーションができます。どこで働くのかを自分で決めることができ、場所によって不公平が生じない。「あの人は出社せずにリモートワークだから、会社に対するロイヤルティが低い」と判断されるのではなく、どこで働こうとも結果を出していれば正当に評価される。これが私たちの考えるハイブリッドワークが成立している状態です。

バーチャルオフィスの市場は少数の先行者が勝つ世界

――今後、バーチャルオフィスのマーケットはどのようになるとお考えですか? 御社の展望と合わせて教えてください。

日本の状況からお話しすると、oViceがシェアの大半を取るか、市場が消えてしまうかのどちらかになるでしょう。現時点ではoViceが圧倒的なシェアを占めているので、市場自体がなくならない限り、oViceがトップを取り続けると考えています。oViceがここまでシェアを拡大できた理由としてプロダクトの安定性が挙げられます。少しでも動作が不安定だと日常的な会話もスムーズにできなくなってしまいますが、動作が軽く安定しているoViceならその心配はありません。

オンライン会議ツールの市場では、Zoomが先行者利益でトップを走っています。動作が安定していてアクセシビリティに優れているので、コロナ禍で一気にシェアを伸ばしました。ユーザーが増えることでZoomには新たなノウハウが蓄積されて、さらに良質なサービスを提供できるようになります。マイクロソフトやGoogleも同様のサービスを提供していますが、Zoomには追いつけていません。これと同じことがバーチャルオフィスの世界でも起きるでしょう。

oViceやGatherなどの上位プレイヤーがそのまま独走を続け、M&Aをしながら成長していく。もしくは、GAFAなどに買収されるか。新興国ではローカルな類似サービスが出てきて、独自の発展を続けていく。そういった構図になると思います。

oViceの展望としては、来年にはバーチャルオフィスの世界シェアトップを狙います。チャットツールやソーシャルゲームと同様、ユーザーが多くなるとネットワーク効果によって、多くのメリットが生まれますので。ツールが分散してしまうよりも、皆で同じツールを使ったほうがコミュニケーションもスムーズになります。世界的に見ても、今からの新規参入でバーチャルオフィスの勢力図を塗り替えることは難しいでしょう。デジタルワークプレイスの普及を目指し、これからもトップを走り続けます。
ジョン・セーヒョン
oVice株式会社 代表取締役CEO

1991年11月、韓国生まれ。中学・高校時代にオーストラリアに留学。帰国後日本の大学受験に失敗、その翌日に貿易仲介事業を起こす。日本の大学を再受験して進学し、在学中にIT事業会社の設立。2017年に上場企業に会社の売却を経験。
IT技術のコンサルタントを経て、2020年にNIMARU TECHNOLOGY(現在のoVice)を設立。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

地域活性化や地方創生という言葉が聞かれ始めて久しい昨今。UIJターン移住者に向けて補助を行っても、少子高齢化などの課題改善が難しい地域もあります。そんな多くの自治体が抱える課題に「旅」という側面からアプローチをするのが、プラットフォーム「おてつたび」です。「お手伝いをして賃金を得ながら旅がしたい」と考える方と、「人手不足を解消しながら地域の魅力を伝えたい」と考える地域の方々をプラットフォーム上でマッチングすることで、地域の課題解決や活性化に貢献しています。 今回は、おてつたびを運営する、株式会社おてつたびの代表取締役 CEOである永岡 里菜氏に、お手伝いをしながら旅をすることが地方や人々に与える価値、今後おてつたびが地方創生に対して担う役割についてお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

【最新AI事情】画像生成AIだけじゃない。世界を震撼させた三つのAIコンテンツ

【最新AI事情】画像生成AIだけじゃない。世界を震撼させた三つのAIコンテンツ

2022年8月、アメリカで開催されたアートコンテストの公募展デジタルアート部門において、画像生成AI「Midjourney」で生成された作品が1位に選出されるなど、AIの得意領域と対極にあると思われていた人間のクリエイティブな仕事を脅かす出来事が頻発しています。この数ヶ月間で起こった画像生成AIの進化は、Diffusion Modelsと呼ばれる新しい学習モデルをベースに発展しており、今後は画像だけでなく、動画、テキストなどさまざまなコンテンツにも波及していくと思われます。そこで今回は、画像以外のAIコンテンツがクリエイティブな仕事に衝撃を与えた事例を、株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏にご紹介いただきます。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。