Today's PICK UP

サスティナブルとは?企業が持続可能性に取り組むメリットをご紹介

サスティナブルという用語は国連がSDGsを加盟国の達成目標として掲げてから広く使われるようになりました。生活の中で無駄を省いたり差別をしないなどの取り組みはもちろんですが、企業がサステナブルを目指すことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。サステナブルという用語の解説とともにご説明致します。

サスティナブルの意味

サスティナブルとは、持続可能な社会という意味を持ちます。近年では、SDGsが掲げる17の目標に対してサスティナブルという言葉をよく用いるようになりました。例えば、環境に配慮した商品やサービスを提供すれば、サスティナブル商品と呼ばれたりもします。このように、サスティナブルとは、地球の環境を大切にしずっと地球で生活を出来るようにするための社会の実現という意味を持つのです。

SDGsとは

SDGsは、持続可能な開発目標のことであり、17の目標を達成させることによる、より良い世界を作ることを目的としております。2015年の国連サミットにより採択され、2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継となります。SDGsが採択されてからは、世界中の企業がより地球環境を大切にしようとするために、様々な施策を行っております。例えば、ゴミを再利用したりCO2の排出に努めたりなどです。現在では、世界中の企業が地球環境を大切にし、未来の世代にもより良い地球で生活できるような環境づくりを心がけております。

サスティナブルとエシカルの関係性

サスティナブルやエシカルという言葉を、最近よく聞くのではありませんか。サスティナブルは、持続可能なという意味合いを持ちます。例えば環境への配慮や格差問題への取り組みなどが良い例です。一方で、エシカルは、倫理的という意味合いを持ち、法律で決められるものではなく社会や多くの人が正しいと考えているものが尊重されるという意味合いを持ちます。例えば、エコ商品を購入したり無農薬野菜を購入したりすることは、エシカル的行動と言えるでしょう。つまり、サスティナブルという目標を達成するためには、一人一人がエシカル的行動を取っていかなければならないのです。

サスティナブルな社会とは

サスティナブル社会とは、地球環境を大切にし、未来の子供たちが安心して暮らせるような社会を作ることを目的としております。また、環境だけではなく、女性の社会進出や貧困の差をなくすなど、すべての人に平等な社会を作るという目標もあります。

SDGsを目指す企業が出来ることとは

SDGs達成に向けて企業側ができることは、寄付やボランティアだけではなく、経営体系を改革して女性の雇用や最低賃金の引き上げ、または無駄の削除など環境に配慮した経営が大切です。SDGsに取り組んでいる企業は、新たなビジネスチャンスや投資家たちからの高評価、社員のモチベーションアップにもつながるというメリットにも繋がります。

サスティナブルな社会の必要性

サスティブルが現代社会に必要な理由は、地球環境が悪化しており、それによって異常気象や自然災害などが発生し、各国に深刻な影響を与えているからです。無理のある土地開発や環境への配慮を欠いた経営が、過去に大きな問題を引き起こしたこともあります。皆様も知っている、イタイイタイ病や四日市ぜんそく、水俣病と第二水俣病の四代公害病が代表的な例です。将来の子供たちだけでなく、人々が豊かに暮らしていくためには、サスティナブルな社会は必要といえます。

サスティナブルな社会におけるSDGsとは

サスティナブルな社会実現を目指す目標として、国連で定められているSDGsの17の目標があります。

目標1:あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる
目標2:飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する
目標3:あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
目標4:すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
目標5:ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
目標6:すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
目標7:すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
目標8:包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセントワーク)を促進する
目標9:強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
目標10:各国内及び各国間の不平等を是正する
目標11:包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
目標12:持続可能な生産消費形態を確保する
目標13:気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
目標14:持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
目標15:陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の防止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
目標16:持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
目標17:持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

参考:unicef(持続可能な開発目標)

17の目標の中には、さらに169のターゲットがより具体的に絞られております。詳しくは、下記の記事をご覧ください。(SDGsの記事へリンクを流す)

国内のSDGsへの取り組み

国内では、エコ商品の開発やCO2など様々なSDGsへの取り組みを行っております。その取り組みが政府に認められれば、「グッド・プラクティス賞」という奨励を受賞することも可能です。また、環境、社会、ガバナンスに取り組む企業に投資するESG投資では、投資という形でSDGsに貢献することもできます。ESG投資は政府からも奨励を受けているため、企業側も環境、社会、ガバナンス面をより良くしてESG企業として選定されるメリットがあるのです。

国内のSDGs取り組み内容で遅れを取っているのは

国内のSDGs目標で大きく遅れをとっているのは、ジェンダー平等であることです。女性の雇用問題や賃金格差、また国会議員の女性比率の圧倒的低さがまだまだ問題となっているのが現状です。さらに、ジェンダー平等は男女の平等だけではなく、セクシャルマイノリティの平等でも後れを取っております。同性婚が認められていない日本社会という事実は、まだまだ世界的にも遅れを取っているといえます。

サステナブルなビジネスモデルへの取り組み

企業も社会の一部を構成しているため、社会的責任を果たすという意味でもサステナブルなビジネスモデルに取り組む企業が続々と登場しております。

営利と持続可能性は両立可能か

現時点では、営利と持続可能性の両立を行うことは難しいといえるのではないでしょうか。なぜならば、収益性と持続可能性が一見すると相反するものとして考えられるからです。
しかし、労働者階級や資源の搾取をしてきた歴史をみると、これらが持続可能ではなく資源が有限な地球では、将来的には必ず別の手段を講じる必要があると考えられます。

環境サステナブル企業に対する環境庁の評価

環境庁が認めるサステナブル企業の評価は、以下の通りとなります。

・投資家等の金融専門家の実務を踏まえたものであること
・気候変動関連に特化せず、水や資源循環、生物多様性等の広範な環境要素を包括的に含め、幅広い環境関連リスク・機会を考慮している企業を評価できるようにするものであること
・開示充実にとどまらず、環境要素への経営への取り組みを企業価値向上に結びつけようとする企業経営の在り方を評価できるようにするものであること
・企業価値にも繋げつつ、環境への正の効果を生み出している企業を評価できるようにするものであること

参考:環境サステナブル企業評価検討会

サステナブル経営のメリットは

サスティナブル経営では、利益率を下げる原因になることやコスト上昇につながるといったデメリット部分が生じます。一方で、新規ビジネスチャンスが生またり社員の持ちべージョン向上にもつながったりと、様々なメリットもあります。サスティナブル経営の導入を検討しているのであれば、リスクを受け入れたうえで挑戦する必要があるのです。

環境課題に取り組むグリーンマーケティングも

グリーンマーケティングは、環境に優しい製品を利用したいという顧客のニーズを狙ったマーケティング手法です。例えば、エコバッグの開発やゴミを再利用した商品開発などがあげられます。また、国内ではグリーン購入法が存在するので環境に優しいものを購入することは政府からも推奨されているため、効果的な戦略となりうるのです。国内では、エコ商品の開発や取扱にまだまだ積極的ではないため、競合が少ないということも言えるでしょう。

無駄を減らす経営がコスト削減に貢献

無駄を減らしていく経営もコスト削減につながり、結果的にSDGsにも繋がってきます。例えば社内資料のデジタル化によって紙のコストを削減できることがあります。コスト削減がうまくいけば、資金繰りが行いやすくなり、より会社の成長を促進させてくれることも期待できます。

サスティナブルファッションへの注目

最近では、サスティナブルファッションへの注目が集まっております。サスティナブルファッションとは、ゴミを再利用したりオーガニックを利用したりして、地球環境に最大限配慮されたファッションのことです。サスティナブルファッションが流行した背景には、SDGsの採択された同時期に後悔された映画「ザ・トゥルーコスト」が関係しております。誰かがやるのではなく、みんなが一体となって取り組む必要があることが認識されるようになり、様々な企業が行うようになっていったのです。また、インフルエンサーがサスティナブルファッションの着こなしをアップするようにもなり、SNS上でも注目が集まっております。ファッション業界でも、今後ますますサスティナブルファッションに注目が集まっていくでしょう。

まとめ

国連により発表されたSDGsの影響もあり、よりサステナブルな経営を行う事が将来的に必要になっていくことでしょう。社会的責任が大きく取りざたされているが、営利面でのメリットを考えて導入を検討してはいかがでしょうか。

人気記事