Today's PICK UP

ARとVRの違いやそれぞれの活用事例も解説

ARやVR、XRといった仮想現実に関するキーワードを耳にする機会が増えてきましたが、その違いを説明することができるでしょうか?使用しているテクノロジーは異なり、目的や使われているシーンも異なります。市場に参入する企業も増える中、ARとVRのそれぞれの特徴や活用事例を解説していきます。
ARやVR、XRといった仮想現実に関するキーワードを耳にする機会が増えてきました。名称は似ていますが、使用しているテクノロジーは異なり、目的や使われているシーンも違います。この記事では、ARとVRそれぞれの特徴や活用事例を解説していきます。

ARとは

ARは、「Augmented Reality」の略で「拡張現実」と訳されています。スマホなどモバイルデバイスのカメラで映した現実の映像に、実際には存在しない店舗情報や動画、画像、キャラクターなどデジタルコンテンツを表示することで、まるで現実が拡張されたかのような状況を作り出すことができるテクノロジーを指しています。

たとえば、Pokémon GOのような位置情報を活用したエンターテインメントアプリでは、カメラを向けると、本来は存在しないポケモンが目の前に出現したかのような体験をすることができます。また、カメラアプリのSNOWでは自撮りしたビデオにリアルタイムでさまざまデコレーションをほどこすことができます。このようなカメラ機能と連動させたアプリを想像すると、ARがどんなテクノロジーなのか理解しやすいと思います。

ARの特徴

ARはカメラなどで映し出した映像に、現実世界にはない画像や文字、イラストといったデジタルコンテンツを重ねる技術ですが、この技術では違和感を感じないようにCGや画像を重ねるための精密な位置認識が必要となります。そのためスマートフォンに搭載されているGPSや電子コンパスといった機能を活用して、位置情報やスマホの角度・向きを認識しながら、情報が重ねられています。

VRとは

ARに付随して語られる技術にVRがあります。こちらはvirtual reality(バーチャル・リアリティ)の略で、仮想現実と訳されています。主にヘッドマウントディスプレイ(HMD)と呼ばれるゴーグル型のディスプレイを頭から装着することで、まるでコンピュータが作り出した仮想空間の中に入ったかのような体験ができる技術のこと指しています。

VRの特徴

VRでは視界を覆われるゴーグルを頭から装着します。しかも、センサーが搭載されており、頭を向けた角度やスピードを検知し、それに連動するように映し出される映像も追従する仕組みになっています。近年はコンピュータグラフィックの表現力が極めて高精細になっている関係で、目の前の映像が現実と区別できないこともあります。そのため、ユーザーがあたかも仮想現実の世界に迷い込み、そこを実際に歩いているかのような体験をすることができます。ヘッドホンと連動させ、音をサラウンドで聞かせることによって、没入感がさらに高まります。こうした没入感の高さはARにはない特徴だと言えます。

ARとVRの違いは

ARとVRは、言葉が似ているため、しばしば混同されることがあります。テクノロジーによって、私たちの現実認識に影響を与えるという点では一致していますが、両者には異なる点も多くあります。その違いについて解説します。

現実世界との関わり方の違い

まずは現実世界との関わり方の違いです。ARでは現実の世界を位置情報などから認識し、そこにあらかじめ準備しておいたコンテンツや機能を、現実に合わせて拡張したり付け加えたりします。つまりテクノロジーによって、現実社会に価値をプラスすることになります。一方で、VRはユーザーの動きを検知して、あたかも目の前にある映像・情報が現実であるかのように認識させる技術です。そのため、もうひとつの世界を映し出すことにとどまります。

体験の違い

もうひとつの違いは体験の違いです。VRでは視界が覆われ、動きにあわせて360度、映像も追従することで、仮想現実だとわかっていても、その空間に本当に入りこんだような感覚を得ることができます。この没入感はVRならではの体験です。一方でARでは現実の一部分が仮想的に拡張されるにとどまるため、没入感はありません。

AR・VR・MRを総括するXR

ARとVRに加え、MR(Mixed Reality)という用語も存在します。これは複合現実と訳される技術ですが、ARとVRを組み合わせたものといえば、わかりやすいでしょう。VR同様にカメラやセンサーを搭載したゴーグルを着用し、仮想現実の世界に入ると、そのなかの映像やコンピュータグラフィックに合わせたコンテンツや情報が付与されることになります。

またARでは新たに付与されたコンテンツや情報が見えても、そこには近づけないケースがほとんどです。一方で、MRでは位置情報を細かく算出することで、対象物の後ろに回り込んだり、近づいて自由な角度から対象物を見ることもできると言われています。このようにARとVRを組み合わせ、融合させた技術がMRです。

ほかにも、SRという技術の開発も進められています。代替現実と訳されていますが、コンピュータグラフィックなどで作りだした仮想世界を、現実の世界に置き換えて認識させる技術のことです。たとえばゴーグルで目にしている映像を過去の映像にすり替えることで、いまの現実のように感じさせることができると言います。

近年はAR・VR・MRと多くの仮想現実に関するテクノロジーが登場し、多種多様な開発が進められていることを受けて、それらを総称する概念としてXRという言葉も使用されるようになっています。

ARの活用事例

開発が進められているARですが、実際にはどんなシーンで活用されるのでしょうか? 具体的な活用事例をご紹介します。

製造業

製造や加工を行う現場で、マニュアルや図面をARグラスに映しながら作業を行う、製造の支援も活用の一例です。とくに長年の経験や技術が必要とされる高度な製造、加工の現場では、技術の伝承が課題になっているといわれています。技術を持った熟練工の高齢化が進み、大量に定年退職する一方で、製造現場に就職する若者は減少の一途をたどっています。技術の習得には長い年月がかかることが多い、高度な技術ほど途絶えてしまう可能性が高くなっています。そこで、マニュアルや図面を手元に映しながら、作業が行える環境をARによって提供することで、より早く技術が習得できるよう支援することが検討されています。こうしたケースではチームのメンバーとの連携もグラス上でスムーズにできるというメリットも指摘されています。

ARグラス

ARグラスはVRにおけるヘッドマウントディスプレイのようなものです。グラス型のディバイスで周囲の環境や搭載されているセンサーが取得した空間情報を視界の中に表示する機能をもっています。このARグラスを使って視覚だけではなく、聴覚を拡張させるという試みも行われています。たとえば、ユーザーが視線を向けている対象物を把握し、そこから発せられる音のみを拡大するといったことも可能になると考えられます。

シミュレーション

ECサイトを通じて買い物をするのは、一般的になっていますが、事前に試着できず、サイズの確認ができない点や、自分に似合うのかどうか判断できないため、衣服や靴などは購入できないという人も一定数います。こうしたユーザーの購買を後押しするため、実際に着用しているかのような試着体験ができるAR試着サービスもあります。家具の購入も同様で、自室をカメラで撮影することで、置きたいスペースに家具が収まるのか? 部屋の雰囲気とマッチするのかなど、シミュレーションができるARアプリも登場しています。

VRの活用事例

続いてはVRの活用事例も整理しておきましょう。こちらもさまざまな分野での活用、開発が進められています。

ゲーム産業

VRといえば、VRゲームを連想する人が多いでしょう。とくにテレビゲームでは、新たなハードが発売されるたびに、グラフィック性能が向上し、キャラクターや世界観がリアルになっていくという進化を辿ってきました。グラフィックがきれいになれば、没入感も高まり、キャラクターと操作しているユーザーは一体となった感覚を得られるようになっていきます。そのためゴーグルで視界を覆い、動作と連動させるVRがゲームの分野に取り入れられたのは自然な成り行きだと言えます。

とくに仮想現実と訳されるVRは左右の目で見る映像を調整することで、立体的でリアルな映像体験を実現するテクノロジーです。通常のゲームソフトでは得られないような没入感を感じることができます。

ソニー・インタラクティブ・テインメントも積極的にVRゲームの開発に参入しており、PlayStaion VRが発売された2016年は、一気にコンシューマ向けVR市場が盛り上がったことから、VR元年と呼ばれることもあります。またソニー・インタラクティブ・テインメントは2020年に発売したPlayStaion 5に最適化された次世代VR機を開発中であると発表しています。今後も日本のVRゲーム市場を牽引していくと予想されます。

医療業界

医療の分野でもVR技術が活用されようとしています。たとえばPTSD(心的外傷後ストレス障害)やトラウマを緩和させる治療では、安全な環境のなかで患者にトラウマへの記憶を思い出させ、危険がないことや、言葉にすることによって恐怖を乗り越えることを学習していきます。このときにVRが活用できると言います。また、医師が手術の練習や事前にシミュレーションを行う際に、実際の治療のプロセスと変わらない仮想現実を生み出せるVRが利用できる可能性があります。

不動産業界

すでに購入する建物がある中古マンションや建て売り住宅であれば、事前に下見を行い、購入を検討することができます。ただ、新築のマンションの場合には建設が終わる前に販売が開始されるのが一般的です。通常はモデルルームなどを用意することで、実際にはどんな物件が完成するのか、イメージを共有してもらうことで、購入を決めてもらっているのが現状です。ただし、コロナ禍になり、モデルルームでの商談が難しくなりつつあります。そこで、VRで購入を検討している家を下見しているかのような仮想現実体験を用意することが検討されています。モデルルームを建てて、家具などを用意するよりも予算がかからないケースもあり、普及するという意見もあります。

教育分野

教育分野では教科書だけでは伝えにくい、あるいは学習効果が薄くなりがちです。たとえば歴史や地理の授業で、実際の海外にある遺跡や都市を巡ることができれば、より高品質な学習体験が可能になります。修学旅行で海外へ渡航することもできますが、期間が限られ、危険も伴います。その点、VRなら安全で、しかも自由に遺跡を巡ることもできるため、学習効果が高いと言います。また理科の実験なども、危険を伴うケースがあり、VRならより安全で理解しやすい学習が提供できます。

ARの課題

これまでには得られなかったさまざまな体験ができるARですが、メリットがある一方で普及に向けた課題も残されています。続いてはそんなARが抱える問題点について触れます。

現実を認識する精度

ARでは位置情報を取得したり、カメラで空間を認識することによって、そこに適した情報やコンテンツを表示させます。この現実認識の精度が高ければ高いほど、より利便性の高い情報を提供できるようになります。とくに位置情報の精度はまだまだ高いとはいえず、数メートル数センチ単位でユーザーの位置を特定できるようになれば、さらに利用シーンが増えると予想できます。

用途の拡大

ARグラスの基本技術自体は確立されつつあり、さまざまなデバイスが登場しています。ただし、多くは価格面で手頃さがなく、また本当にARでなければ得られない体験なのか、不明瞭な面が指摘されています。わざわざARグラスを利用しなくても良いという認識が生まれてしまえば、普及が進まない可能性があります。VRでは一度、ゴーグルを着用し、仮想空間を体験すると、他では味わえない没入感があることがすぐに理解できます。その点、ARでは特別な体験だと認識しにくい点も課題となっています。普及へのブレイクスルーとなるようなコンテンツや体験が生まれる必要があるかもしれません。

これから拡大が続くと見られるARとVR市場

新しい技術として注目を集めるARやVRは、今後、拡大が続くと考えられています。VRゲームなどに参入する企業も増え、一般のユーザーが購入したいと興味をそそる作品が登場すれば一気に普及が進む可能性もあります。ARも同様に手ごろな価格で利用できるARグラスが販売され、身近になれば、さらに普及が拡大すると考えられます。これからの業界の成長を注視していきたいところです。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。