DX戦略

withコロナ時代の新潮流を生む、マイクロソフトのミックスドリアリティとは?

立教大学ビジネススクール 教授である田中道昭氏による特別寄稿をお送りします。
田中道昭(Michiaki Tanaka)
立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授。株式会社マージングポイント代表取締役社長。「大学教授×上場企業取締役×経営コンサルタント」という独自の立ち位置から書籍・新聞・雑誌・オンラインメディア等でデジタルシフトについての発信も使命感をもって行っている。ストラテジー&マーケティング及びリーダーシップ&ミッションマネジメントを専門としている。デジタルシフトについてオプトホールディング及び同グループ企業の戦略アドバイザーを務め、すでに複数の重要プロジェクトを推進している。主な著書に、『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』(日本経済新聞出版社)、『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』(日経BP社)、『2022年の次世代自動車産業』『アマゾンが描く2022年の世界』(ともにPHPビジネス新書)『「ミッション」は武器になる』(NHK出版新書)、『ミッションの経営学』(すばる舎リンケージ)、共著に『あしたの履歴書』(ダイヤモンド社)など。
コロナ危機の勃発によって、多くの企業が苦境にあえいでいるなか、米国マイクロソフトは本年1-3月期決算において、過去最高益を記録しました。4月29日(現地時間)の決算発表時、同社のサティア・ナデラCEOは、「この2か月間で2年分のデジタル改革が行われた」と発言しています。たった2か月で、2年間相当のデジタルシフトを顧客と自社にもたらしたマイクロソフトに、どれだけの日本企業が対抗し得るのでしょうか?

もちろん、日本国内で緊急事態宣言が一部で解除された今でも、企業によっては感染拡大防止と経済活動維持の両立が最重要課題です。しかし、ビジネスパーソンならば、コロナ危機の最中だからこそ「ビジネスのシンカ(真価と進化)」について大きな危機感と使命感を持ち続けなければならないと筆者は思います。

そういう意味では、マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは、コロナ危機以前から、マイクロソフトのシンカを志し、withコロナ時代にも通用し得るテクノロジーを開発してきました。キーワードは「アンビエントコンピューティング」。マイクロソフトは「ミックスドリアリティ」という技術で、「アンビエントコンピューティング」の世界を実現しようとしています。

コロナ禍で見えてきた「スマホの次」

新型コロナウイルス感染症で経済全体が大きな影響を受ける中、テレワークなどの新しい働き方が急速に拡大し、人々のライフスタイルを大きく変えるきっかけにもなっているという指摘がなされています。「コロナ後の世界」はどんなものになり、どのようなテクノロジーが市場を牽引するのでしょうか。筆者はその一つとして、マイクロソフトが力を入れている「アンビエントコンピューティング(Ambient Computing)」というテクノロジーが社会の次の潮流になるのではないかと確信しています。

これまで、コンピューターによる情報処理は、ハードウェア(製品)の存在が前提でした。パソコンやスマホがあって、それを操作しないと何事も起きません。しかし、「環境の」や「周辺の」という意味の「“アンビエント”コンピューティング」では、特定のハードウェアを使うことが想定されておらず、周辺に存在する様々なデバイスが、ユーザーのやりたいことを先回りして認識し、“自動的”に実現していきます。IoTやスマートスピーカー、クラウド、ウェアラブル・コンピューター、拡張現実(AR)など、様々な技術が組み合わさり、さらに進化したものと言えます。

筆者はこのマイクロソフトのテクノロジーこそが、このコロナ禍で、世界に大きな影響を与える力を秘めていると考えています。おそらく昨今のスマホのようなデバイスを一変させ、産業構造の変革に誘う大きな威力を持っているかもしれないのです。GAFAの次と言っても良いかもしれません。

ミックスドリアリティが『マイノリティ・レポート』の世界を実現する

マイクロソフトが「アンビエントコンピューティング」を実現させるための次の一手は「ミックスドリアリティ(複合現実)」という概念です。

つまりはバーチャルの世界と現実世界をミックスした世界。この二つの世界を融合すると3次元の空間で人々が活動することになります。あらゆるデータが目の前に現れ、AIがそのデータを駆使して可能性を予測します。

Envisioning the Future with Windows Mixed Reality

スマホがデバイスの主流である状況は一変し、ゴーグルがデバイスの主流となるでしょう。マイクロソフトでは、キネクトというデバイスとホロレンズというデバイスでこの世界観を実現しようとしています。人々はこれまでスマホによって片手を制限されてきましたが、これからは両手が自由になります。作業をしながらデバイスを利用することが可能となるのです。

マイクロソフトの新しいテクノロジーの進化を説明するのに欠かせないのがアレックス・キップマン氏です。マイクロソフトが近年、開発に力を注いだ「HoloLens(ホロレンズ)」の生みの親。1979年にブラジルで生まれた彼は、2001年にマイクロソフトに入社。100以上の特許の主要開発者であり、2011年に米「TIME」誌で「世界の100人」に選ばれる実績を残しています。

2019年5月29日、都内のホテルで開かれたマイクロソフトのカンファレンス「Build 2019」に登壇したキップマン氏は「HoloLens2」について説明しました。そのデモンストレーションは圧巻でした。

ホロレンズとは、利用者をミックスドリアリティの世界に誘うゴーグルのことです。「HoloLens 2」には10本の指を認識する機能「ハンドトラッキング」が搭載されており、画面に現れるありとあらゆるアプリを指で操作することができます。

キップマン氏はカンファレンス会場に用意された画面に自身のアバター(化身)と、もう一人のアバターを登場させ、互いに向かい合わせ、会話をさせ始めたのです。

しかも、彼が英語で喋ると、即座に音声処理がほどこされ、彼のアバターが流暢な日本語に翻訳して話し出したのです。

まさにこれは「HoloLens 2」を使って、世界中の多言語を話す仲間たちとの会話を可能にするものでした。コロナウイルス騒動の中で叫ばれる「テレワーク」や「テレプレゼンス」にうってつけの技術でしょう。

また、「HoloLens 2」では、ハンドトラッキングも可能で、バーチャル環境でピアノを奏でることもできます。

HoloLens 2 AR Headset: On Stage Live Demonstration

これを使えば、工場の製造現場での製造工程を補佐したり、医療現場でも外科手術を補佐して、実際の工程を画面で確認したり、患部の映像を大画面に映し出したりすることも可能です。

※「HoloLens 2」の詳細はこちらから:https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens

「アンビエントコンピューティング」が実現する社会

ところで、「アンビエントコンピューティング」は、なにも最近になって現れた用語ではなく、コンピューターの世界では古くから使われてきた言葉です。それがCES2020でもキーワードとなった背景には、5Gが目前に迫っていることがあります。

4Gと比べ約100倍の速度で、大容量の通信が可能となる5Gは、自動運転やIoTによってあらゆるものにつながるコネクティッドフリーの世界、ひいては「アンビエントコンピューティング」の世界を現実のものとします。

マイクロソフトが提唱するミックスドリアリティは、まだビジネスの世界に浸透し始めているフェーズですが、5Gの拡大を追い風に、一般社会にも進出してくることになるでしょう。

一般社会に浸透すれば、街で遭遇するあらゆる物体の情報はゴーグルの画面上で検索が可能となり、やがて道を歩く際のナビ情報や、交通事故につながるリスク情報が、常時画面上に届けられることになるでしょう。

さらにIoTによってあらゆるものと繋がることで、冷蔵庫の中身や洗濯機の状況、お風呂の湯加減までホロレンズを介して情報が届けられ、会社に居ながらにして自宅の家電を操作できるようになるでしょう。冷蔵庫の中身を補充するのは、スーパーに行かなくても可能。Amazonに即座に注文できるというわけです。

これは人々の働き方を劇的に変えることになるでしょう。

これは「テレプレゼンス」の実現です。マイクロソフトのサティア・ナデラCEO曰く「テレプレゼンスとは遠隔地に存在を転送する技術である」とのことですが、つまりはテレポーテーションが可能となるということです。これはナデラ氏が非常にこだわっている概念で、グローバリゼーションの第三の波は、テレプレゼンスで実現できるとも語っています。

世界との距離は限りなく近くなり、ナデラ氏の話の通り、グローバリゼーションが一気に進むことになるでしょう。

ミックスドリアリティは人にとって良いのか悪いのか

もう一つ、CES2020で語られたキーワードが「Holistic(ホリスティック)」です。ホリスティックとは、直訳すれば「全体論の」などという形容詞ですが、その概念には自然との調和、バランスなどが含まれ健康にもつながる意味を持つ言葉です。

これがテクノロジーにおいては「統合」という意味合いで使われ、ミックスドリアリティのようにバーチャルとリアルの相反するもの同士を統合するという意味もあります。CES2020でキーワード化されたホリスティックは、テクノロジーがライフスタイルと融合した際にどのようにバランスを取り統合されるのかという課題を含意していました。

というのはバーチャルリアリティやミックスドリアリティを、少なからず否定的に捉える人がいるからです。つまり便利になりすぎて、人間にストレスを与え、その能力を削いでしまうという考え方です。

たしかにバーチャルリアリティの世界に埋没してしまえば、その人はベッドで寝ながらにして様々な娯楽に接することができ、その結果、社会生活から隔離されてしまうこともあるでしょう。

しかし一方で、バーチャルリアリティやミックスドリアリティは人間の能力開発に効果をもたらしてもきました。

「ホリスティック」という言葉がCES2020でキーワードとなっていたのは、このテクノロジーの意義を鮮明に打ち出そうという最先端技術者たちの願いがあるからでしょう。

つまりテクノロジーは人類を席巻するのではなく、人間を中心とした社会がこれからも実現され続けることを示唆しているのです。

マイクロソフトのホロレンズがさらなるデバイス開発競争に一石を投じるのは間違いないと考えています。それは私たちの生活がSF映画のように変化するだけでなく、ライフスタイルにも大きな変革をもたらすはずです。
最後に、ミックスドリアリティ、さらにはデジタルシフトも、目的ではなく手段。どのような目的のためにそれらを活用していくのか。Afterコロナこそ、人を支援し、社会的意義をもつものであるか否かが問われてくるのだと思います。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 後編は総合スーパーならではの売り場づくりの工夫、各社が黒字化に苦悩するネットスーパー戦略、イトーヨーカドーが目指す地域インフラの姿、社会課題の解決についてお話をうかがいます。

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 前編は山本社長が社長に就任した経緯、2000年以降業績が落ち込んだ原因の分析、そして現在進行中の新しい売り場づくりの施策などについてお話をうかがいます。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。