Today's PICK UP

NFTとはなにか?基礎知識や注目されている理由をわかりやすく紹介

NFTを正しく理解すれば、資産運用やビジネスでの活用が期待できます。この記事では、NFTとは何かを初心者向けにわかりやすく解説します。さらに、具体的な活用例やビジネスでの成功事例も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。
NFTはアートやゲームなどのさまざまな分野で活用されており、将来性が期待されています。最近では、小学生が作成したNFTアートが高額で取引きされたことで注目を集めました。

この記事ではNFTをビジネスに活用しようとしている方に向けて、NFTの特徴や注意点などを中心に解説します。

NFTをビジネスで成功させた事例や資産運用の方法などもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてください。

NFTとは?

NFTが登場したのは2017年頃で、とあるゲームが発端だといわれています。なぜNFTがこれほどに話題を集めているのでしょうか。まずは、NFTが何かを解説します。

非代替性トークンの略称

NFTは「Non-Fungible Token」の略称で、日本語では「非代替性トークン」と訳されています。「トークン」とは、通貨や認証デバイス、データ、資産などです。NFTは「非代替性トークン」なので、替えが効かない唯一無二のデータや資産などを指します。

従来は、アートや写真などのデジタルデータがコピーや改ざんされるケースも少なくありませんでした。しかし、NFTの登場によってデジタルデータのコピーや改ざんがしにくくなっています。

NFTはデジタルデータが唯一無二であることを証明できるため、アーティストにとって資産となるだけでなく、その価値を守りながら利益を上げられるのです。

ブロックチェーン上に記録されるデータ

通常、データは外部サーバーに保存されることが多いです。外部サーバーに保存すると常にネットの脅威にさらされるうえ、データをひとつの場所に集中させて一元管理する十分なセキュリティ対策が求められます。

NFTの場合、データはブロックチェーン上で記録されます。ブロックチェーンとは記録されるデータをハッシュ関数によって暗号化する技術のことで、高いセキュリティレベルを保持しているという特徴があります。さらにデータを分散させて管理するため、通常のデータよりもコピーや改ざんがしにくいというメリットも持ち合わせています。

このように、NFTにはコピーや改ざんなどのリスクを防ぎながら、利益を生み得る資産として活用できる特性があります。

NFTの4つの特徴

ここまでは、NFTとは何かを解説してきました。つぎにNFTの特徴を解説します。

1. 誰でも作成して利用できる

NFTは、「暗号資産を管理するデジタルウォレット」「取引に使用する暗号資産アカウント」「デジタル資産を販売できるプラットフォーム」の3つを用意することで誰でも利用できます。

冒頭で紹介した通り、日本では小学生の作成したデジタルアートがNFTを介して取引きされています。デジタルデータの写真やアートなどを製作している場合は、NFTを利用することで一定の金銭の授受が発生し利益を得ることが可能となります。

また、すでに作成したアナログデータ(書籍やキャンパスアートなどの物理的な商品)でもNFTを利用できます。なぜなら、NFTではアナログデータをデジタルデータに変換できるからです。そのため、アナログデータの作品が多い場合もNFTの利用をあきらめる必要はありません。

2. 自由に取引できる

外部サーバーはデジタルデータをひとつの場所にまとめ、特定の運営者が管理する中央集権型のサービスです。そのため、何らかの問題が発生すると運営者の一存でサービスが利用できなくなる可能性もあります。

また、外部のサーバーで取得したアイテムやクーポンなどは、そのサービスの中でしか利用できないのが一般的です。一方NFTでは、デジタルデータを非中央集権型のブロックチェーンで管理しています。

NFTには特定の運営者が存在しないため、ビットコインのように特定のサービスを超えた移転や取引きが可能です。これはNFTならではの特徴で「取引可能性」と呼称されています。この取引可能性により、自由な取引が可能となっているのです。

3. あらゆるプラットフォームで利用できる

デジタルデータを取り扱う従来型のプラットフォームでは、何らかの理由でサービスが終了すると利用できなくなりました。これは、プラットフォームの仕様が枠組みを超えてサービスを利用できる共通規格でなかったことが理由です。

その点NFTの仕様は共通規格なので、規格に対応したプラットフォームであればどこでも利用できます。これを「相互運用性」といいます。相互運用性は、共通規格に対応した異なるゲームでも活用可能です。

4. プログラムを付加できる

NFTは、作成したデジタルデータをプログラミングして何らかの機能を追加できます。これを「プログラマビリティ」と呼んでいます。代表的なNFTを活用したプログラミングには、デジタルデータが転売されたときの手数料が挙げられます。

通常は、アーティストが作成したデジタルアートを購入者が転売しても、アーティスト自身には利益が発生しません。しかし、NFTのプログラムにより手数料が発生する機能を追加できるので、デジタルアートが転売されてもアーティストに利益が入る仕組みを実装することが可能となります。

NFTの具体的な活用例

NFTは、デジタルデータを唯一無二の資産として証明できる技術です。アーティストにとっては作品をコピーや改ざんで荒らされることなく、価値を守りつつ利益を得ることも可能になります。

NFTは実にさまざまな分野で活用されていますが、ここではアート・ゲーム・キャラクタービジネスの3種類に絞り、活用事例を紹介します。

アート

従来のアートに対する概念は作品の現物だけに価値が集中し、アーティストが手放せばそれで終わりというものでした。しかし、NFTで手数料の機能をプログラミングすれば、作品がアーティストの元を去った後も転売されるごとに利益を得られます。

これは、音楽が使用されるたびに作曲家や作詞家に支払われる「印税」と同じような仕組みです。これまでは、小説やマンガなどの書籍が古本屋で再販されても著者に印税が入ることはありませんでした。

NFTは、書籍の分野でも導入され始めています。2022年1月には、小説家の作品をNFTでオークション形式で1点に限定して販売されました。1点に限定しているため、転売されれば著者が手数料を受け取れることになります。

ゲーム

NFTはゲームの分野でも活用されています。一見何の変哲もないゲームのアイテムでも、NFTの手にかかれば今までにない方法での活用が可能になります。

たとえば、ゲームの場合、サービス終了するとデータに価値はなくなりますが、データがNFT規格に対応していれば、サービス終了後もゲーム内で獲得したアイテムなどを他のゲームで利用できます。

ただし、データを相互利用できる必要があり、現時点でそのようなゲームは少ないのが実状です。

キャラクタービジネス

NFTは、キャラクタービジネスの世界でも注目されています。企業のマスコットキャラクターのデータやSNSのスタンプで利用されているキャラクターなどをアート作品にし、NFT化して販売する方法があります。

キャラクタービジネスは、グッズの販売やアニメ化などにより巨額が動く可能性も高いビジネスです。しかし、キャラクタービジネスには第3者による不正利用やグッズの無断販売など数々の不正が起きているのが現状です。

通常、ライセンス使用料はグッズの販売個数に応じて支払われます。しかし、販売個数を版権元が追跡しにくいため、正確な使用量を徴収し難いビジネスでもありました。

NFTを活用してキャラクタービジネスを展開すれば、販売個数やお金の流れが追跡可能となるのです。

NFTでビジネスを成功させた事例

NFTはさまざまな分野のビジネスで活用されています。ここでは、NFTでビジネスを成功させた事例を、比較的最近あった旬なニュースにまとめて紹介します。

事例その1. Beepleのデジタルアート

最初に紹介する事例は、2021年3月11日にあった出来事です。アメリカのアーティストのデジタルアートが、オークションで6,900万ドル(日本円で約75億円)で落札されて話題となりました。

このアーティストはネット上では「Beeple」と呼ばれています。BeepleがNFTデジタルアートとして出品したのは、数年に渡って描かれたスケッチを集めたコラージュ作品です。

事例その2. 初投稿のツイート

次に紹介する事例は、Beepleのデジタルアートが高額で落札された数日後の2021年3月22日のことです。Twitterの創業者として世界的に有名なジャック・ドーシー氏のツイートが、実に3億円を超える価格で落札されました。

ジャック・ドーシー氏がNFTで出品したのは、15年前に初投稿した自身のツイートです。この事例により、SNSもデジタル資産のひとつになり得ることを証明した形になります。

事例その3. チャリティイベント

次に紹介する事例は、2021年9月11日に国内で開催されたNFTアートのチャリティイベントでのことです。香取慎吾氏が、イベントプロジェクトを通じて寄付した参加者に自身の作品をシリアルナンバー付きで付与しました。

作品は10,000点の数量限定で、参加者は無料通話アプリのLINEで受け取れます。この事例により、同じ作品でもシリアルナンバーを付与することでオリジナル作品としての価値を無数に生み出せることを証明しました。

事例その4. 日本プロ野球

2021年9月7日、パ・リーグの埼玉西部ライオンズがNFTコンテンツの販売を開始したという事例もあります。販売されるのは、選手全員のサインが入ったコンテンツです。

最初に販売されたコンテンツは、過去に4度のベストナインに選出された栗山巧選手の2,000安打達成記念パネルでした。落札価格は20万円~ですが、人気選手のコンテンツは高値での取引きが予想されています。

事例その5. 自治体の地方創生

非公認ご当地キャラクターをNFTで活用して、自治体の地方創生を試みた事例もあります。この試みに挑戦したご当地キャラクターは、兵庫県尼崎市の「ちっちゃいおっさん」です。

地元の企業がタッグを組み、2022年1月28日からキャラクターのデジタルアートを先着5個限定で販売しました。さらに、NFT化したキャラクターのLINEスタンプの販売も予定されています。

事例その6. ゲーム業界

最後に紹介する事例は、ゲーム業界に新たな風を吹き込んだCryptoGames株式会社の試みです。CryptoGames株式会社は、NFTブームに先駆けて2019年6月25日からNFT化したトレーニングカードの販売を開始しました。

その結果、CryptoSpells(クリプトスペルズ)は国内トップクラスのブロックチェーンゲームに成長しました。CryptoSpells(クリプトスペルズ)は人気が高く、獲得したトレーニングカードはユーザー同士で自由にトレードできる仕組みとなっています。

NFTが抱えるリスクや注意点

NFTを活用したビジネスはメディアでも数多く取り上げられ、話題性も抜群です。これまで紹介した成功事例からもわかる通り、たとえ無名のアーティストでも一夜で莫大な資産家になる可能性がNFTには秘められています。

一方で、NFTにはいくつかのリスクや注意点もあるのが現状です。ここでは、NFTが抱えるリスクや注意点を解説していきます。

著作権侵害につながるリスクがある

デジタルアートやデジタルコンテンツなどのNFTは、唯一無二の資産です。しかし、NFTの所有権と著作権はまったく別物です。そのため、NFT化された作品を購入しても、所有権があるだけで著作権はアーティスト側に帰属します。

たとえばNFTの所有者が作品を複製してSNSで共有すると、アーティストの著作権を侵害することになるので注意が必要です。NFTビジネスが拡大していく中、このようなトラブルに巻き込まれる可能性は十分ありうるので、しっかり確認しておくと良いでしょう。

手数料が高騰している

NFTの取引きは、基本的にNFTマーケットプレイスと呼ばれる取引所を利用することになります。NFTマーケットプレイスの多くはイーサリアムチェーンを利用しているため、手数料が発生します。

手数料はガス代と呼ばれており、世界トップクラスのNFTマーケットOpenSea(オープンシー)では、5,000~10,000円程度が目安の手数料といわれています。

この手数料は現在のところ価格が高騰しており、利用者はガス代の平均価格の詳細は確認できないため、事前に各プラットフォームの相場価格を調べておくと良いでしょう。

詐欺商品を購入する可能性がある

NFTのなかには、盗作や詐欺商品が散見されており、実際に真正性が保証されていないまま販売されているのが問題視されています。

そのため、目当てのアーティストの作品だと思い込んで購入したものが、実は偽物だったという可能性もあります。特に海外のNFTマーケットプレイスでは、規模が大きいにも関わらず詐欺商品がいくつか確認されているようです。

そこでNFTで作品を購入する際には、国内のNFTマーケットプレイスを利用するのをおすすめします。NFTマーケットプレイス自体が日本語仕様なので、トラブルに巻き込まれたときの問い合わせもスムーズです。

NFTで資産を増やす方法

NFTにはさまざまなリスクがありますが、上手に利用すれば資産を増やすことが可能です。ここでは、NFTで資産を増やす方法を紹介します。

NFT作品を販売または取引する

NFTが活用できるのは、ビジネスシーンだけではありません。誰でも利用できるため、自分で作成したデジタル作品をNFT化して販売したり取引きしたりすると、資産を増やせる可能性があります。

デジタル作品をNFT化し、販売するまでの基本的な手順は次の通りです。

1.デジタル作品を作成
2.NFTマーケットプレイスで会員登録
3.デジタル作品のデータをアップロード
4.販売方法を選択
5.販売開始

OpenSea(オープンシー)のNFTマーケットプレイスを利用する場合、販売方法は固定価格・オークション・グループ販売のいずれかを選択できます。すでに作成したデジタル作品をお持ちの方は、試しにNFTマーケットプレイスで販売してみましょう。

NFTの関連通貨へ投資をする

NFTはデジタル作品を販売するだけでなく、投資目的でも活用できます。NFTの関連通貨に投資すると、資産を増やせる可能性があります。NFT関連通貨とは一般的な暗号資産とは異なり、NFT化されたブロックチェーン上の暗号資産です。

NFT関連通貨に対応した銘柄は数多くありますが、今注目を集めているのはエンジンコイン・サンドコイン・チリーズの3銘柄です。
銘柄 エンジンコイン サンドコイン チリーズ
略称 ENJ SAND CHZ
主な取引所 CoincheckGMOコイン 海外市場 海外市場
価格 179.35円 364.20円 19.57円
時価総額 153,091,112,381円 336,904,975,468円 116,746,712,350円
※2022年1月26日時点の価格を掲載しています。

NFTによりビジネスの可能性が広がる

NFTの登場によって、無名のアーティストや一般人でもデジタル作品を販売することで大きな利益を得られる可能性があります。

NFT化された作品は唯一無二の資産なので、コピーや改ざんされやすかった従来に比べて価値を守りやすくなりました。

NFTはデジタルアートをはじめとするアート作品のほかに、ゲームやキャラクタービジネスなどのさまざまな分野で活用されています。これからNFTの活用が期待されている分野も多いため、ビジネスチャンスにつながる可能性は無限大です。

これからのデジタル社会をさらに促進させるNFTについて、今後も最新の動向に注目していきましょう。

人気記事

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

「ユニコーン企業」――企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は人気オンラインゲーム「フォートナイト」を運営する「Epic Games(エピック ゲームズ)」を紹介する。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに、前後編の2回にわたって迫ります。前編は、自動車大国・日本さえも脅かす存在になるほど進んでいる中国EV市場の実情をお届けします。

『メタバースとWeb3』著者・國光 宏尚氏が語る、Web3時代に勝つ企業の条件

『メタバースとWeb3』著者・國光 宏尚氏が語る、Web3時代に勝つ企業の条件

「ブロックチェーン技術(※1)を中核とした非中央集権的なインターネット」として定義されるWeb3(3.0)。2021年以降、急速に注目を集めるようになったフレーズですが、全貌を理解している人は多くない、曖昧な概念であることも事実です。今回お話を伺ったのは、3月に上梓した『メタバースとWeb3』がベストセラーになり今やWeb3のエバンジェリストとして知られる、株式会社Thirdverse、株式会社フィナンシェ代表取締役CEO/Founderの國光 宏尚氏。「Web3時代に勝ち残る企業」をテーマに、 デジタルホールディングスのグループCIO(最高投資責任者)を務める石原 靖士氏がお話を伺いました。 ※1 ブロックチェーン 取引履歴(ブロック)を暗号技術によって1本の鎖のようにつないで記録することによって、データの破壊や改ざんを極めて難しくしたデジタルテクノロジーのこと。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「メタジョブ!」に聞く、メタバース上で求められる「人材」とその可能性

「メタジョブ!」に聞く、メタバース上で求められる「人材」とその可能性

今、最も注目されている市場の一つである「メタバース」。仮想空間でコミュニケーションやサービスを展開することで、新たなビジネスチャンスをつかもうと、大手からスタートアップまでさまざまな企業の参入が進んでいます。その一つであり、アバタースタッフによるVRイベントやリモート接客など、デジタルワーク(拡張テレワーク)に特化したジョブマッチングサービスを提供する「メタジョブ!」を構想した星野氏に、事業内容や今後の展望、メタバースの変遷について感じることなどを伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。