前澤ファンドも着目! 急成長のペットテック市場で日本発グローバル展開を目指す、ねこ用loTトイレ「Toletta」

「ねこが幸せになれば、人はもっと幸せになれる。」をミッションに掲げ、ヘルスケアをサポートする、ねこ用のIoTトイレを提供してきたトレッタキャッツ。今年6月にはサブスクリプション型のビジネスモデルへの移行を実現するなど、急速な成長を続けています。今回ご登場いただくのは、そんな同社のCOOである松原 あゆみ氏。ねこ用loTトイレというアイデアはどのように生まれたのか。「データの活用」に着目した理由とは。また、急成長するペットテック市場におけるスタートアップ企業の勝ち筋とは。ペットテックに関心のある方のみならず、すべてのDX担当者必見のストーリーをお届けします。

ざっくりまとめ

- 急成長するペットテックマーケット。2025年には約200億ドルの市場規模に

- 「泌尿器疾患にかかりやすい」というねこの生態に即したIoTトイレを開発。顧客目線を貫くことで、真に向き合うべき課題が明らかに

- ツールはツールでしかない。「コト売り」の実践でユーザーの共感を育てる

- サブスクへの移行で、導入ハードルを大きく下げることに成功

- 世界進出も視野に、ねこの一生をトータルケアできる企業へ

年平均成長率24%! 2025年には200億ドルに達するペットテック市場

―御社のサービスについてお話を伺う前に、まずはペットテックという業界全体の動向を教えてください。

ペットテックは急速にマーケットを拡大している分野の一つです。2018年に約45億ドル規模だった世界のペットテック市場は、2025年には200億ドル規模に達すると予想されています(Global Market Insights調べ)。その年平均成長率は、なんと25%。もちろん、国内市場も右肩上がりの成長を続けています。

では具体的に、どのようなサービスやツールが求められてきたのかというと、これまで中心となってきたのは、いわゆる「見守りカメラ」です。外出時や災害時に、家に残されたペットの様子を確認したい。そんな需要に応えてきました。一方で、コロナ禍で在宅率が上がったことから、見守り要素にプラスアルファの機能が求められつつあると考えています。特に関心が高まっているのが健康管理を目的としたデバイスで、弊社が提供しているねこ向けのヘルスチェックサービス「Toletta(トレッタ)」もその一つです。

泌尿器疾患にかかりやすい、ねこの「おしっこ」に着目

―改めてTolettaとは、どのようなサービスなのでしょう?

一言でいうと、ねこの泌尿器系の体調変化を早期に検知するサービスです。そもそも、ねこは泌尿器疾患にかかりやすい生き物なんです。砂漠など水の少ない環境でも生き残れるように進化してきた結果、腎臓に負担がかかりやすくなってしまった。ペット保険の統計などからも、ねこが最もかかりやすい病気は泌尿器疾患であることが明らかになっています。つまり、泌尿器疾患の早期発見は、ねこの健康寿命の向上に直結しているのです。そこで私たちは、ねこの「おしっこ」に着目しました。

人間も同じですが、腎臓の病気にかかると、トイレの回数が増えたり、尿の量がいつもと変わったりする。人間は自分でその変化に気づくことができますが、言葉が話せないねこにはそれができません。いくら一緒に暮らしている飼い主さんでも、おしっこの変化にまでは気づけないものです。

―それが早期受診を妨げていたのですね。Tolettaはそんな課題を、どのように解決するのでしょう?

私たちはまず、ねこの「体重」「尿量」「尿回数」「トイレ入室回数」「滞在時間」「経過時間」を自動で計測する、カメラ付きのIoTトイレを開発しました。ここで収集したデータを、獣医師と共同で開発した独自のアルゴリズムで解析。大きな変化が検知されると、飼い主さんのスマートフォンに通知される仕組みです。

―ちなみに、カメラを搭載しているのはなぜですか?

ねこの個体を識別するためです。ねこは多頭飼いされることが多く、トイレも共有で使用するため、一頭一頭を見分けられないと、継続的なデータを蓄積することができません。チップが搭載された首輪を使う手法もあるのですが、犬と違って、ねこの場合は首輪慣れしていない子がほとんど。私たちはなるべくねこにストレスフリーなものをつくりたかったんです。そこで採用したのが、入室から退室までの様子を自動撮影し、それを画像認識AIが分析することで個体を識別する方法でした。

―なるほど。かわいいねこの姿を撮影するためではないんですね。

もちろん撮影された動画と静止画は飼い主さんにも共有されるので、それを楽しみにされているユーザーさんも多いですよ。まるでねこが自撮りしているような、愛らしい姿が撮れるんです。だから私たちも「自動撮影機能」という堅苦しい呼び方ではなく、「にゃんこセルフィー機能」と呼んでいます。

ユーザーの声に寄り添うことで見つけた「IoTトイレ」というコンセプト

―そもそも、ねこ用IoTトイレというコンセプトは、どのようなプロセスを経て生まれたのでしょう?

まず、弊社のミッションは「ねこが幸せになれば、人はもっと幸せになれる。」です。ねこの幸せとは何か。私たちはそれを「健康で長生きすること」だと定義しています。そこでミッションを実現するために「データを活用してねこの健康に寄与しよう」という方針を立てました。世界中に約6億頭ともいわれるねこの健康を支えていくには、ITの力を使わない手はありません。とはいえIoTトイレにたどり着くまでには、紆余曲折があったのも事実です。

給餌デバイスを使って、食のデータを収集・解析しようと考えていた時期もあります。実際に給餌デバイスは実用化もされたのですが、当時、ハードウェアの製造を依頼したメーカーと機器の設定の問題で折り合いがつかず、Wi-Fiの接続トラブルなどが多発してしまい、販売中止を余儀なくされてしまいました。

―そんなことがあったのですね。当時はかなり大変だったのではないですか?

そうですね、代表自らお客様のお宅を訪れてデバイスをセッティングする、なんてこともしょっちゅうでした。けれどこのときに、ねこを飼っている多くのお客様から「ねこの自動トイレなんてどう?」と提案していただいたんです。このときはまだIoTを使って、トイレで何をするかまでは見えていなかったのですが、調べてみると先ほどお話ししたような、ねこの健康とおしっこの関係が分かってきた。泌尿器疾患の初期症状が、尿の量や回数の変化に現れることは、獣医学の常識だったのですが、今まではその変化に気づくツールがなかったわけです。それなら私たちがつくってしまおう。こんな思考のプロセスを経て生まれたのがTolettaです。

「コト売り」の徹底で、販売実績を伸ばす

―ユーザーの声に耳を傾け、顧客起点で考え抜いたからこそ生まれたサービスなのですね。ちなみに、現在の利用者はどのくらいですか。

弊社では利用“者”数ではなく、利用“頭”数を指標としているので、そちらをご紹介すると、2021年7月の時点で、約10,000頭のねこにご利用いただいています。10,000頭と聞くと多いと感じる方もいるかもしれませんが、日本だけでも1,000万頭のねこが飼われていることを考えると、まだまだな数字だと思います。

―ねこトイレブランドが多くある中、スタートアップ企業であるTolettaが選ばれた理由は、どこにあると分析していますか?

私たちの目標は、Tolettaを多くのお客様に購入してもらうことではありません。Tolettaはあくまでツールであり、実現したいのは、ねこの健康です。そういう物語を企業として一貫して語り続けてきたことが、多くのお客様の共感を呼んだのだと思います。

アップデートの速さも、勝因の一つかもしれません。販売当初のTolettaは今よりずっと機能が限定されていました。例えば、カメラが撮影した動画にしても、初めは画像認識に活用するだけで、お客様には共有していなかったんです。けれどお客様へのアンケート調査を繰り返す中で、9割以上の方から動画を見たいというご要望をいただいて。それならということで、先ほど触れた「にゃんこセルフィー機能」の実装に至ったわけです。このようにお客様の声をすくい上げながら、アジャイルに進化していけることも、スタートアップ企業の強みだと感じています。

獣医師にもデータを提供することで、早期診断を促していく

―ユーザーや獣医師からの反応はいかがですか?

「Tolettaがきっかけで動物病院へ受診し、病気がみつかった」といった声をいただいています。特に変化がなくても、使っているだけで安心できる、というお客様も多いようです。獣医師の皆さまの反応もとてもポジティブです。飼い主さんが受診時にTolettaのアプリを獣医師へ見せることがあるようで、これがきっかけで動物病院からお問い合わせをいただくこともあります。そうした反響のおかげもあって、100を超える動物病院と提携を結ぶことができました。

―具体的にはどのような提携をしているのでしょう?

まず一つは販売提携です。動物病院で、Tolettaを飼い主の皆さまに紹介していただいています。もう一つは情報共有です。かかりつけ医が提携病院に指定されていれば、Tolettaが体調変化を検知したときに、飼い主さんだけではなく、獣医師にも通知が共有されるようになっています。現在はメールで通知を送っているのですが、今後はよりシームレスに情報を共有できるように、さらにシステムを洗練させていくつもりです。

初期コスト0円で利用できるサブスクリプションモデルへ

―今年の6月に、Tolettaはサブスクリプションモデルへと移行したそうですね。具体的なビジネスモデルや、その狙いについて教えてください。

これまでは本体代金21,780円に加えて、ねこ1頭あたり月額1,078円がかかる料金体系で提供していましたが、6月から本体代金を無料とし、本体1台あたりの月額料金1,078円のみ(いずれも税込) で利用できるようになりました。完全なサブスクモデルへと移行した最大の理由は、もっと多くのねこにTolettaを届けるためです。やはり使ったことのないサービスに対して、2万円以上の初期投資がかかるとなると、飼い主さんはどうしても二の足を踏んでしまいます。それが頭数プラス一台のトイレが必要といわれている多頭飼いなら尚更です。

実はサブスクへの挑戦は、今回が二度目なんです。一度目は資金繰りなどが難しく、どうしても断念せざるを得なかった。今回、二度目の挑戦でサブスクへの移行が実現できたのは、前澤 友作さんが設立した「前澤ファンド」による出資をいただけたことが大きいですね。私たちのビジョンに共感し、手を差し伸べてくれた前澤さんには本当に感謝しています。

前澤さんにサポートいただく一方で、私たち自身もハードウェアの原価削減に取り組んできました。さまざまな苦労がありましたが、半年以上の時間を費やした結果、大幅に原価を削減することができた。こうした二つの要因が重なったことで、以前から思い描いていた初期費用ゼロでのご利用が可能となりました。

世界中のねこの健康を、トータルでサポートしていきたい

―Tolettaは海外からも注目が集まっているそうですね。

アメリカの大手ペット企業「マース ペットケア」のベンチャー部門である「Kinship」と動物愛護財団「Michelson Found Animals」が主催するアクセラレータープログラム「Leap Venture Studio」に、アジアの企業として初めて採択され、海外展開を加速しています。今年の2月から3ヶ月間に渡ってプログラムに参加したことで、アメリカのペット業界とのコネクションも生まれました。ここでのつながりを活用し、BtoCだけではなくBtoBでの展開も見据えてアプローチを始めています。アメリカは世界最大のねこ飼育国。まずは、年内のアメリカローンチを目標とし、グローバル進出を加速していきたいと考えています。

―世界進出のほかには、今後どのような展望を描いているのでしょう?

Tolettaのデータを活かして、より多面的にねこの健康に貢献していきたいと考えています。ペットフードやペット保険事業への参入を視野に入れているほか、獣医師さんとの連携もさらに強化していくつもりです。これまでは泌尿器疾患の早期受診につなげるサポートをしてきた私たちですが、これからは予防や治療のプロセスにも携わり、ねこの一生をトータルケアできるようになりたいですね。

同時に、さらに多くのねこに私たちの支援を届けるために、ペットの健康に対する飼い主さんの意識も引き上げていきたい。コロナ禍でねこを飼う人が急増している中、飼育への意識を知るため「飼い主一斉調査」を弊社で実施したところ、ねこがかかりやすい疾患を知っている飼い主さんは3割と少ない結果となりました。調査結果を受け、まずはねこが健康に生きるために、何が必要かを知ってほしい、と思い、「ねこと暮らすために知っておきたい10のこと」をまとめた「THE FIRST CAT BOOK」の無料公開もはじめました。気になる方はぜひ私たちのWebサイトをご覧ください。

嬉しいことに、一度Tolettaを使っていただくと、飼い主さんの健康意識は、グングン上がっていくんですよ。おしっこの回数だけではなく、フードや運動についても気にかけてくれるようになる。人間のヘルスケアアプリと同じで、データが可視化されると「もっと健康にしなくちゃ」と思うようです。

獣医療の発展に加え、予防に焦点をあてたヘルスケアの質の向上により、平均15歳といわれるねこの寿命が30歳になる日がいつか来ると信じています。ねこが健康に暮らせる時間が延びることは、飼い主さんの幸せにもつながっています。最早ねこは家族の一員ですからね。ウチもねこを飼っているからよく分かるんです。ねこが病気にかかると家中の雰囲気が暗くなってしまうし、仕事中も気が気でありません。そんな想いを、どの飼い主さんにもしてほしくない。ねこと人が、いつまでも幸せに暮らしていける。そんなライフスタイルをつくることが、私たちの使命です。
松原 あゆみ
株式会社トレッタキャッツ 取締役COO / Data Scientist

大阪大学大学院で数学修士を取得後、2012年に株式会社ディー・エヌ・エーに入社。EC事業部にて営業やシステム開発を経験後、大手生命保険会社でアクチュアリー職に従事。2019年より現職。アルゴリズム特許取得やAmazonベストセラー獲得などに貢献し、同年に取締役へ就任。黒猫とキジトラの2頭のねこと暮らす。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー後編では、ゲームと金融の融合で生まれたGameFiの歴史、そのGameFiが実際に解決したフィリピンの貧困問題、Web3時代のゲームと社会の関係などについてお話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

2022年3月24日から27日の期間に開催された「メタバースファッションウィーク(※)」に、日本のファッションブランドとして唯一の参加を果たした「アンリアレイジ」。昨年公開された映画『竜とそばかすの姫』では主人公すずのアバター「ベル」の衣装をデザインしたことで大きな話題を呼びました。さらに同年に開催された2022年春夏のパリコレクションでは、その手がけた衣装をリアルとバーチャルの世界で作品として発表するなど、既存のファッションの枠組みにとらわれない活動で業界に新たな風を吹き込んでいます。前編では、ファッション産業とメタバースの関係を軸に、バーチャル上での服づくりの難しさや、NFTが持つ価値の源泉についてなど、デザイナー 森永 邦彦氏のファッション観に着目して多方面からお話を伺いました。 ※ メタバースファッションウィーク:VRプラットフォーム「ディセントラランド」を舞台に開催されたファッションイベント。「ドルチェ&ガッバーナ」、「エトロ」、「トミー ヒルフィガー」など人気の50ブランドが参加した。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。