上場した洋服サブスクのエアークローゼットが目指す、「物流基盤の提供」および「時間価値の最大化」の勝機

2014年に創業し、月額制でパーソナルスタイリングを提供するサービス「airCloset」をリリースした株式会社エアークローゼット。スタイリストの提案で、これまで自分では選ぶことがなかったような洋服との出会いがあるだけではなく、返却期限なし、クリーニングの必要なしと、徹底的にユーザー体験に寄り添ったサービス形態が話題になりました。
創業から8年を経て、2022年7月に東証グロース市場に上場。市況も人々の洋服への向き合い方も大きく変化するなか、上場を決めた理由はなんだったのでしょうか。今回はコロナ禍がファッション業界やairClosetに与えた影響や、エアークローゼットの今後の展望について、代表取締役社長 兼 CEOの天沼 聰氏にお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- コロナ禍の影響でファッション業界は、市場売上が10%以上も落ち込む打撃を受けた。

- airClosetでも新規会員獲得の鈍化など影響はあったものの、既存会員の退会や休会は少なかった。

- リモートワークの定着が進んでも、対面コミュニケーションの価値は変わらない。airClosetは時代の機微にも柔軟に対応していく。

- 2022年7月、コロナ禍での東証グロース市場への上場は、あくまでビジネスを成長させていくための新たなスタート地点。

- 今後も多くの人の「時間価値の最大化」に寄与するため、サービス創出を行っていく。

アパレル業界のコロナ苦境における、airCloset利用者の変化

——コロナ禍において、アパレル業界にはどのような影響がありましたか?

アパレル業界では、新型コロナウイルスの流行はかなりネガティブな影響がありました。約9兆円規模の市場売上が、7.5兆円ほどにまで落ち込んでしまったのです。特に大きな影響を受けたのが中間価格帯のファッションを取り扱う企業です。指名買いが多いハイエンドブランドやファストファッションとは違い、中間価格帯のファッションの消費ルートはウィンドウショッピングが多く、コロナ禍でそれがほぼなくなってしまう時期があったことが原因です。

——airClosetにおいても、やはり影響があったのでしょうか?

我々の予想に反して、休会や退会はさほど多くありませんでした。既存会員の方々が利用を継続してくれた理由としては、「買い物に行けないなかでもファッションとの新しい出会いがつくれる」ということに価値を感じていただけたようです。

しかし、新規会員の獲得に関しては、やはり当初の想定よりも鈍化してしまいましたね。コロナ禍での外出制限やリモートワークの影響から、今は登録を控えようという心理が働いたようです。また、このコロナ禍を経て、会員の方が選ぶプランにも変化がありました。これまでは1回あたり3着借り放題のレギュラープランがメインで選ばれていましたが、ここ数年は月に1回、3着のお洋服が届くライトプランの比率が高くなっています。

——コロナ禍のさまざまな影響があるなかで、どのような対策を行ったのでしょうか?

感染拡大を起こさないための対策が第一でした。airClosetはこれまで休会という選択肢を設けていませんでしたが、会員の方が退会を希望する理由が、コロナ禍における緊急事態宣言などによるものであれば、休会という形で受け入れることにしました。というのも、退会手続きを行うには、まず手元にあるお洋服を返却しないと退会ができないのです。外出するということは感染リスクが高まることになります。そこで、一旦休会という形で受付をして、次の再開の機会までお洋服を持っておいていただける選択肢を設けることにしました。

コロナ禍で変わる、人々とファッションの向き合い方

——リモートワークが一般化したことで、対面でなくても仕事ができるようになりました。人と会うために服を選ぶニーズは減ってくるのではないでしょうか?

コロナ禍での緊急事態宣言や外出制限を経た結果、リモートワークなどが一定の範囲で定着し、継続することはあると思います。しかし、自宅のなかに居続ける生活が優先されるとは考えていません。実際、コロナ対策が進んでいるアメリカやイギリスにおいて、先進的なイノベーションを生み出している企業などは次々と「原則出社」に切り替えています。テスラなどがよい例ですね。

過去の歴史を振り返っても、人間が進化する過程で“組織であること”をやめた歴史はありません。リモートワークにもメリットはありますが、やはり、誰かと一緒に何かをするとき、対面でコミュニケーションを取ったほうが、スピード感があって精度が高くなるのは明白だと思っています。

——今後、多くの人がまた出社のために、airClosetを利用するという可能性も高いということですね。

そうですね。事実、最近はまたレギュラープランの契約が増え始めています。ただ、多くの人にとってリモートワークがしやすい環境が整ったことを受けて、我々もその変化に対応してサービスの中身を変えている部分があります。例えば、オンライン会議で存在や表情を分かりやすくするために、ビビットなお洋服を多めにそろえるようにしたり、仕事ではなくプライベートでの外出比率が高くなったことからカジュアルなお洋服の比率を高めたりしています。

コロナ禍での上場と独自の物流基盤が持つ価値

——この市況の変化が大きいタイミングで上場した理由を教えてください。

あえてこのタイミングを狙ったわけではなく、あくまでサービス開始時の事業計画に沿った結果、このタイミングでの上場になりました。airClosetが提供する、スタイリストの選んだお洋服が月額制で借り放題、返却期限もクリーニングの必要もなし、というサービス形態はリリース当時、同じビジネスモデルがないものでした。

たしかに、新型コロナウイルスの流行やウクライナでの戦争など、さまざまな外的要因で市況はネガティブな方向に向いていますが、そのなかでも我々のサービスが持続可能なビジネスモデルであると示す指標まで成長させられたことが、上場を決断した大きな要因です。上場はあくまで次の成長のためのスタート地点です。スケジュールをずらす必要はなく、このタイミングでの上場がむしろ最適だと踏み切りました。

——上場後の展望について、どのような戦略を考えていますか?

上場したことを理由にあえて展望に掲げることはないですね。先にお伝えしたように、上場はあくまで最初に組み立てたビジネスを成長させるための一つのスタート地点です。これまで成長させてきたものを、上場を経てそのまま継続的に成長させていくことをイメージしています。

具体的なところでいうと、我々はレディースファッションの分野で成長してきたのですが、以前から考えていたとおり、今後はメンズやシニアなどでの成長も拡大させていきたいですね。レディースにおいても実は、いまだに全国女性のサービス認知度が4%ほどです。ポテンシャルが残っている分、これまでと同じように成長する伸び代は多くあると考えています。

また、実際に会員の方が触れるサービス面でもユーザー体験を重視した機能やオプションを追加していきたいですね。日本はパーソナルスタイリングに慣れていない方が多く、初回にお洋服が届くまではワクワクよりも「何が届くんだろう、合わなかったらどうしよう」という不安のほうが勝ってしまう方も多いと思います。現在はその不安を払拭するために、初回のみお届けするお洋服を先にお見せするというサービスを行っています。このようにサービスを利用するにあたって感じる不安をなくして、よりワクワクを感じてもらえる時間を長くできるような機能を増やしていきます。

——2021年には在庫管理システムも自社開発していますね。BtoC以外の分野での展望などはありますか?

自社で物流の管理システムを開発したことで、これまでに構築と改善を繰り返してきた循環型の物流システムのノウハウをそこに集約することができました。具体的にいえば、お洋服や小物などの在庫を持って、それを貸し出し、返却されたらクリーニングに回して……というような流れに関するノウハウです。このような物流のシステムを一からつくろうとすると、必ず一定期間赤字が発生することになります。投資をするにも二の足を踏んでしまうことも多い事業なのです。そこで、我々の循環型物流のノウハウが集約されたプラットフォームを他社に貸し出すことで、同じようなサービスをリリースしたいと考えている企業様にも貢献できるのでは、と考えています。

エアークローゼットが目指す“時間の価値”の最大化

——エアークローゼットの物流プラットフォームが浸透することで、消費者行動はどのように変化すると考えていますか?

ファッションはこれまで、消費者が自分自身でトレンドを勉強して、それに応じた着こなしを理解してお洋服を選ばなければいけない側面が大きかったと思います。新しいブランドに出会うことも、1年に二〜三つほどではないでしょうか。多くの人が「時間が取れないから」と諦めている部分もあります。

しかし、そのような実態がある反面、時間があったらもっと買い物がしたい、さまざまなブランドに出会いたいと思っている人は多いです。我々の物流プラットフォームを浸透させることができれば、すべてを能動的に行わなければいけなかった消費行動を、受動で行える部分が多くなっていくと考えています。

——受動的にファッションを楽しむことができるようになる、ということでしょうか?

現在あるものでいえば、Instagramなどでインフルエンサーが提案するものを受け取って、そのなかから選ぶ、という消費行動はパーソナルスタイリングを受けてお洋服を選ぶことと近い行動です。

現在は情報過多な社会です。自分自身に最適化された情報を得ることが重要視されることと同じで、ただでさえ忙しい現代人が持つ時間を有効活用することは、消費行動にも取り入れられていくと考えています。これまで、ファッションを楽しむためには情報収集などに多く時間を費やす必要がありました。その消費行動の一部で提案型のサービスを利用することで、短い時間でこれまで以上にファッションを楽しむことができるのです。

——エアークローゼットは企業理念のなかでも「ひとりひとりの時間価値の最大化」に言及されていますよね。

そうですね。効率的に使われた濃度の高い時間は、その時間の価値が非常に高くなっている状態だと考えています。しかし、ただ単に“時間価値の最大化=時間の効率化”というものではなく、その時間をワクワクして過ごす、という状態も時間の価値が高い状態です。時間を有効活用することと、ワクワクを抱きながら時間を過ごすことは、一見まったく違うことのように思えますが、「その時間の価値が高い」という点においては同じです。

コロナ禍の影響によって、多くの人が自分自身と向き合ったり、時間の価値に対して考えるきっかけが増えたりしたことで、我々のサービスが人々の時間価値を最大化することに寄与できるシーンはますます増えていくと思います。今後も「人々の時間の価値を高めていきたい」という軸をぶらすことなく、多くの人たちのライフスタイルに寄り添ったサービスづくりを推進していきたいですね。
天沼 聰
株式会社エアークローゼット 代表取締役社長 兼 CEO

1979年生まれ、千葉県出身。高校時代をアイルランドで過ごし、英ロンドン大学コンピューター情報システム学科卒。2003年アビームコンサルティングに入社し、IT・戦略系のコンサルタントとして約9年間従事。2011年に楽天株式会社に転職し、UI/UXに特化したWebのグローバルマネージャーを務めた後、「ワクワクが空気のようにあたりまえになる世界へ」をビジョンに、2014年7月に株式会社エアークローゼットを設立。日本で初めての普段着に特化した月額制ファッションレンタルサービス『airCloset』を立ち上げ、その後もパーソナルスタイリングを提供するサービスを中心に複数の事業を展開。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

地域活性化や地方創生という言葉が聞かれ始めて久しい昨今。UIJターン移住者に向けて補助を行っても、少子高齢化などの課題改善が難しい地域もあります。そんな多くの自治体が抱える課題に「旅」という側面からアプローチをするのが、プラットフォーム「おてつたび」です。「お手伝いをして賃金を得ながら旅がしたい」と考える方と、「人手不足を解消しながら地域の魅力を伝えたい」と考える地域の方々をプラットフォーム上でマッチングすることで、地域の課題解決や活性化に貢献しています。 今回は、おてつたびを運営する、株式会社おてつたびの代表取締役 CEOである永岡 里菜氏に、お手伝いをしながら旅をすることが地方や人々に与える価値、今後おてつたびが地方創生に対して担う役割についてお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

【最新AI事情】画像生成AIだけじゃない。世界を震撼させた三つのAIコンテンツ

【最新AI事情】画像生成AIだけじゃない。世界を震撼させた三つのAIコンテンツ

2022年8月、アメリカで開催されたアートコンテストの公募展デジタルアート部門において、画像生成AI「Midjourney」で生成された作品が1位に選出されるなど、AIの得意領域と対極にあると思われていた人間のクリエイティブな仕事を脅かす出来事が頻発しています。この数ヶ月間で起こった画像生成AIの進化は、Diffusion Modelsと呼ばれる新しい学習モデルをベースに発展しており、今後は画像だけでなく、動画、テキストなどさまざまなコンテンツにも波及していくと思われます。そこで今回は、画像以外のAIコンテンツがクリエイティブな仕事に衝撃を与えた事例を、株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏にご紹介いただきます。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。