注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

2022年3月24日から27日の期間に開催された「メタバースファッションウィーク(※)」に、日本のファッションブランドとして唯一の参加を果たした「アンリアレイジ」。昨年公開された映画『竜とそばかすの姫』では主人公すずのアバター「ベル」の衣装をデザインしたことで大きな話題を呼びました。さらに同年に開催された2022年春夏のパリコレクションでは、その手がけた衣装をリアルとバーチャルの世界で作品として発表するなど、既存のファッションの枠組みにとらわれない活動で業界に新たな風を吹き込んでいます。前編では、ファッション産業とメタバースの関係を軸に、バーチャル上での服づくりの難しさや、NFTが持つ価値の源泉についてなど、デザイナー 森永 邦彦氏のファッション観に着目して多方面からお話を伺いました。

※ メタバースファッションウィーク:VRプラットフォーム「ディセントラランド」を舞台に開催されたファッションイベント。「ドルチェ&ガッバーナ」、「エトロ」、「トミー ヒルフィガー」など人気の50ブランドが参加した。

ざっくりまとめ

- 初開催となった「メタバースファッションウィーク」だが、有名ファッションブランドの参加数はまだ少ない。今後、有名ブランドの参加が増えれば、メタバース上でのファッション産業はより大きくなると予想される。

- メタバースには重力が存在しないため、現実のファッションデザインとは異なる面がある。ファッションづくりのノウハウを持ったクリエイターがメタバースには少ないので、そこにファッション産業のチャンスがある。

- 森永氏がデザインした『竜とそばかすの姫』の衣装のNFT作品11点が5,000万円で落札された。NFTは二次流通、三次流通でも発行者に利益が還元される点が現実のファッションとの違い。

メタバース上のファッション産業は、現実世界を超えるか

——世界初開催となった「メタバースファッションウィーク」ですが、実際に参加した感想を教えてください。

これまでずっと現実のファッションの世界でやってきましたが、メタバース上でもさまざまな参加者が国籍や性別にとらわれず自分を表現するアイテムを探しており、しっかりとコミュニケーションの場が形成されていました。自分のアバターをつくって、そこに着せる洋服を選択する行為がかなり現実のファッションに近づいているという印象です。現実の洋服では実現できない、物理のハードルを超えた羽根やドラゴンのような装いなど、ファッションを拡張してファンタジーに振り切っている要素が強かったのも印象的です。

——メタバース上であれば、実際の街中では着ることがはばかられるデザインの洋服も自由に着られますし、アバターを好みのものに変更して、なりたい自分にもなれます。それによってファッションの幅は今まで以上に広がると思いますが、デザイナーとしてその点についてはどうお考えですか?

もともとファッションとは外見的な要素ですが、「第二の皮膚」といわれるくらい当人の個性がそのまま表出されるものです。物理的なファッションだといろいろ制約がありますが、デジタルであればAIでその人の個性を分析してより近しいアバターをつくることもできますし、理想を反映したルックスにもできます。従来とはまったく違う可能性、装いの新しいあり方が生まれてくるだろうと感じています。

——そこにはビジネスチャンスもあるわけですよね。メタバースにおけるファッションは、現実のファッションよりも産業として大きくなるという意見もありますが、その可能性についてはいかがでしょうか?

今回のメタバースファッションウィークには「ドルチェ&ガッバーナ」や「エトロ」、「トミー ヒルフィガー」など日本でも人気のブランドも参加していますが、まだまだファション産業のど真ん中にいるブランドの参加は少ないですね。もっとファッションのメインストリームにいるブランドが参入したら、その可能性もあるでしょう。今はまだデジタル分野、ゲーム分野からの参加がメインです。

——具体的にどのブランドが参入したら面白くなると思いますか?

やっぱりLVMHグループですね。ルイ・ヴィトン、ディオール、フェンディをはじめ、多くのブランドがメタバースやNFTに興味を示しています。これらのビッグブランドが一気に参入したら、より盛り上がるでしょう。

——日本でも伊勢丹やパルコ、SHIBUYA109などの商業施設はメタバースに積極的に参入しています。一方、今回のメタバースファッションウィークに参加した日本のブランドはアンリアレイジのみでした。孤軍奮闘している現状についてはどうお考えですか?

私個人の意見としては、日本のブランドもどんどん参入するべきだと思います。実際に参加してみて、いろいろな課題も見えてきました。日本の洋服づくりは産業として力があり、これまでメイド・イン・ジャパンは世界で評価されてきました。けれどもメタバース上のデジタルデータで洋服をつくるとなったとき、同じクオリティでものづくりができるのか? という点が課題となっています。 現状は海外からメタバースに精通したクリエイターを呼び込まないといけませんが、そのクリエイターも需要過多でスケジュールを押さえるのが大変という現状です。

現実世界での洋服づくりと並行して、デジタル上でも洋服づくりを進めてきたブランドはほとんどありません。私たちは新型コロナウイルスの影響が出始めた時点から、ものづくりをデジタルにシフトしています。今までのようにフィッティングモデルに試作品を着てもらう必要もなく、人と一切会わずにデジタルで洋服づくりができる環境を構築してきました。アンリアレイジがメタバースファッションウィークに参加できた要因はそこにあります。メタバースに参入したいと思っていても、デジタル上で洋服をつくるノウハウがないため実行に移せない。そういったブランドはまだまだ多いのではないでしょうか。
メタバースファッションウィーク

メタバースファッションウィーク

重力のないメタバース上で、どうやって布の質感を表現するか

——日本のブランドはデジタル上での洋服づくりに遅れているといわれるなかで、御社がデジタルにシフトできたのはなぜでしょうか?

私たちがデジタルにシフトできたのは、2021年に公開された映画『竜とそばかすの姫』の衣装デザインを手がけたことが大きなきっかけの一つです。『竜とそばかすの姫』は仮想空間を舞台にした作品で、主人公である女子高生のすずがつくったアバター「ベル」の衣装デザインを私たちが担当したのですが、実体を伴わないバーチャル上でどのように洋服を表現するかという課題がありました。現実世界を超えた表現の洋服なので、どんどん色が変わっていったり、人間サイズではない巨大な洋服だったり、いろいろな挑戦ができたことが今につながっています。

——以前「メタバース上では重力がないので、布の質感の表現が難しい」とお話しされていましたが、詳しく教えてください。

実際の洋服のテキスタイル(生地)には必ず重さがあり、織り方によっても重さに対する布の落ち方が変わってくるんです。その表現がとても難しかったですね。思い切って現実の重力のルールから逸脱した表現にするべきなのか、など深く考える機会になりました。

——布の織り方によって落ち方が変わる。ベルのドレスにはそんな細部のこだわりが反映されているわけですね。

現実世界では、まずは糸の太さ・細さによって、どう落ちるかが変わってきます。次に糸の織りの密度でも落ち方は変わります。密度がどれだけつまっているのか、もしくは緩いのか。それによって落ち方が微妙に変わるんです。布の落ち方は現実世界であれば感覚的に分かりますが、デジタルは触れない空間なので重力の表現にはなかなか高いハードルがありました。テキスタイルの厚みと重さを入力して、重力の数値を入れるのですが、何回も試行錯誤してリアルに近い表現を再現しました。

——現実の洋服づくりの経験があるからこそ、バーチャルでもリアリティのある表現ができるということですね。

そうですね。やはり現実と行き来しないと正解が掴めないので、双方の比較が必要だと感じます。今のメタバース上には洋服づくりのノウハウを持ったクリエイターが絶対的に足りていないと思います。メタバース上のアバターが着ている洋服をデザイナーとして見ていると、本来であれば不自然なところにシワが入っているなど、ちょっと気になります(笑)。

キャラクターそのものの造形や背景などは、私が敵わないレベルで描画されていますが、洋服はそのレベルに至っていません。だからファンタジーのテイストになってしまうのだと思いますが、そこにファッション産業が参入するチャンスがあります。ファッションの基礎を身につけた人がバーチャル上でものづくりをすれば、全体のレベルが一歩進むでしょう。けれども、現状はその二つの世界が分断されてしまっています。ものづくりに強い伝統を有する日本には縫製工場や機屋がたくさんあり、そのおかげで私たちデザイナーはものづくりができています。バーチャルの世界でもそういった縫製工場や機屋に代わる存在が生まれれば、多くのファッションクリエイターが参入できるはずです。
『竜とそばかすの姫』より アバター「ベル」

『竜とそばかすの姫』より アバター「ベル」

『竜とそばかすの姫』の衣装がNFTとして数千万円に。NFTの価値の源泉を考える

——2022年春夏のパリコレクションでは『竜とそばかすの姫』とのコラボ作品を発表されましたね。この経緯について教えてください。

『竜とそばかすの姫』では、私自身がアバターで映画の世界に入って衣装をデザインするという役目を担いましたが、現実世界で逆のことをやったら時代的に絶対面白くなるのでは、と考えたことがきっかけです。今度はパリコレの舞台で映画の世界を再現してみようと、現実の洋服と18点のNFT作品を発表しました。この一連の流れがメタバースファッションウィークの参加にもつながっています。

——販売したNFT作品11点を「NFT鳴門美術館」が5,000万円で落札したことがニュースになりましたね。
(※参照:https://tokion.jp/2021/10/13/anrealage-belle-nft/

NFTのマーケットプレイスであるOpenSeaで18点出品し、そのうち11点をNFT鳴門美術館に購入していただきました。その他7点もすべてOpenSeaで完売しています。

——現実の洋服とNFTの洋服では、価格に大きな差が生まれています。デザイナー視点では、価値の違いをどのように捉えられていますか?NFTの洋服は単にアバターが着るためのものではなくて、アート的な別の価値があるのでしょうか。

NFTの洋服は、物理的な劣化や破損という概念がありません。また、所有した事実が半永久的に履歴として残るので、一番手に持つというステータスを得ることが価値を高めています。一方、現実の洋服は、古着などの二次流通マーケットに出てもその価値はつくり手に還元されません。初回の販売金額だけに価値が反映されるわけです。しかし、NFTは二次流通、三次流通でも利益が発行者に還元される仕組みがあります。時間の制限もなく、理論上は100年でもその価値が担保されます。現実の洋服とNFTの洋服の価値の違いはそこにあると考えています。着られるからファッション、着られないからアートという話でもなくて、これまでのファッションシステムの価格体系とはまったく異なる体系なのではないでしょうか。

——NFTの洋服は、現実のそれとは違い、虫食いの心配もなければ、色あせることも一切ないわけですよね。例えば現実の洋服であればデニムの色落ちを楽しんだり、革の経年変化を楽しんだりもできますが、NFTでもそういったことができれば面白そうだと感じました。

たしかに、そういったことができれば面白いでしょうね。NFTはブロックチェーン上の履歴を見れば最初に誰が買って、次に誰の手に渡ったのかが確認できるので、それがヴィンテージ的な価値の代わりになっています。けれども、現実のファッションのように、見た目として時間の表現が可視化されれば面白いかもしれませんね。
森永 邦彦
株式会社アンリアレイジ デザイナー

1980年、東京都国立市生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。アンリアレイジは、ファッションは日常を変える装置と捉え活動するブランド。「神は細部に宿る」という信念のもと作られた色鮮やかで細かいパッチワークや、人間の身体にとらわれない独創的なかたちの洋服、ファッションとテクノロジーを融合させた洋服が特徴。2003年にブランド設立。2005年東京タワーを会場に東京コレクションデビュー。2014年よりパリコレクションへ進出。2019年第37回毎日ファッション大賞受賞。2020年 伊・FENDIとの協業をミラノコレクションにて発表。2021年ドバイ万博日本館の公式ユニフォームを担当、同年、細田守監督作品『竜とそばかすの姫』で主人公ベルの衣装を担当。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。