拡張現実ってどういうこと?ARの活用事例や体験ツールを紹介します

拡張現実と訳される「AR」技術は、近年スマホアプリなどで見かけることが増えています。ゲームなどのエンターテインメント分野のほかにも、作業現場や教育分野、マーケティング分野などでも活用が進められているのです。

今回はARがどのようなものなのか、活用例を挙げて解説していきます。ARを体験できるARグラスについてもまとめていますので、ARをあなたの仕事や生活にも取り入れてみてはいかがでしょうか。

AR(拡張現実)とは

ARは、日本語では「拡張現実」と訳されています。現実世界に別の情報を付け加えて拡張し、より豊かで便利な体験を可能にする技術のことをいいます。

スマートフォンで体験できる「ARアプリ」

ARを私たちの身近なものにしたのは、スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」ではないでしょうか。スマホカメラを通して現実世界の中に現れた「ポケモン」を見ることができ、捕まえて仲間にします。

また、家具店のアプリでは、スマホのカメラで部屋の中を写すと、画面の中に3DCGの家具が出現します。家具の購入前から、部屋の既存のインテリアとのマッチングや、寸法上で設置場所に問題がないかを、確認することが可能になるのです。

ARはVR(仮想現実)とどう違う?

仮想現実と呼ばれるVRは、世界そのものを3DCGで造り、ユーザーはゴーグルを装着することによって、仮想世界を感じることとなります。視覚や聴覚などの情報から、仮想世界に入り込むのです。

一方、ARはスマホなどの機器を通して、現実世界の中に3DCGで仮想物体を重ねて写します。

VRはクローズドな世界、ARは非クローズドまたはオープンな世界ともいわれていることから、2つは対象的であるともいえるでしょう。

視覚のほかの五感を追加する試みも

ARの分野においても、現実の世界を視覚以外にも拡張するための試みや研究が行われています。音声情報のほか、触覚や嗅覚などのあらゆる感覚を仮想的に追加する実験が進んでいるようです。

身体共有という、仮想的に拡張された世界と手の感覚を共有する研究も。ARで現実世界に表示させた仮想物体を持つと、その重さや触感が伝わるようになるそうです。

これらが商品化されて世の中に普及していけば、仮想世界での体験がさらに豊かなものとなるでしょう。

AR(拡張現実)ではどんなことができるのか

現在のところ、現実世界に情報を付け加える端末にはスマートフォンのカメラ機能を利用したアプリや、身につけて使うARゴーグルがあります。現実世界に文字情報や音声情報が付け加えられることで利便性を高めたり、新しい体験ができたりするようになるのです。

スマホアプリで現実世界を拡張する

AR技術を用いたスマホアプリは、エンターテインメント分野や小売店のほかにも、教育分野などにも広がってきています。

例えば「星座表」アプリでは、夜空にスマホを向けると、GPS機能などにより現実の空に重ねて3DCGで表現された星座を映し出します。

「わたしのはらぺこあおむしAR」では、現実世界の中に絵本に登場するキャラクターの3DCGを重ね合わせて表示させます。まるで自分の部屋の中にキャラクターがいるように感じることができ、キャラクターとはおもちゃで遊ぶことも可能。絵本の世界がより身近に感じられるようになるでしょう。

ARを活用して現場作業を円滑にする

建設現場においても、ARの活用が進んでいます。例えばARグラスを用いることで、経験の少ない作業員であってもベテラン作業員の遠隔支援により確実な作業が可能になります。

現場作業員がかけるARグラスにはオフィスからの作業指示やCAD画面が示されるため、それらを手に持たずに作業することが可能です。

また、リアルタイムで作業員が見ている現場を、ARグラスを通して離れた場所にいるベテラン作業員と共有し、音声通話で適切な指示を受けることもできます。

ベテラン作業員があちこちの現場へ行く必要がなくなることから、作業員不足の軽減につながり、ベテランからの後進指導の機会も一段と増やせることが期待されているようです。

ARコンテンツを導入できるサービスも

小売店など、自社でもARを活用したいと考える方向けには、AR技術に関する専門知識がなくともARコンテンツを自サイトに追加できるサービスがあります。

例えば、「ARToolKit」では現実世界に映し出したい画像を手軽に作成できるツールです。スマホからでも扱うことが可能で、無料で利用できます。

また、「COCOAR」というクラウドでARコンテンツを管理し、利用することができるサービスも。テキストや音声のほか、3DCGや動画などのコンテンツを作り、クラウドで保管することが可能です。

店舗などの設定された場所でスマホアプリを起動してもらうと、イベント情報などを表示させます。利用状況のログを店舗で確認し、マーケティング戦略を立てるのに役立てることもできます。

AR(拡張現実)を今すぐ体験できる「ARグラス」を紹介

ARグラスとは、ARを体験することができるグラスタイプの機器のことです。業務用のものが中心ですが、一般向けのものも販売されています。具体的な機能を含めて、ARグラスを3種紹介しましょう。

ブラザー|AiRScouter(WD-200A)

ブラザーのAiRScouter(WD-200A)は、ヘッドディスプレイとそれを支えるフレキシブルアーム、コードで接続されたコントロールボックスとで構成されています。

メガネをかけたままでも装着が可能で、ディスプレイに表示される映像は、奥行きを5mから30cmまで変えることができ、焦点距離調整機能も追加されています。

ドローンとも接続することができるので、空からの映像を見ながらの調査や点検、測量作業などもすることが可能です。

マイクロソフト|Microsoft HoloLens2

Microsoft HoloLens2は、ゴーグルを通して現実世界に3Dのホログラム映像を重ねることができます。テキストがストレスなく読める高解像度を実現しており、3D画像も細部まで見ることができるでしょう。

ホログラム映像は触って動かすことも可能。外付けパックがなく、長時間着用を前提として設計されているため、拡張されている世界により没入することができます。

「アイトラッキング」機能が搭載されていて、視線移動に応じて即座にディスプレイの映像が調整できます。内臓の「Windows Hello」は目の虹彩で個人を認識して簡単にログインすることができるほか、安全にデータを扱うことが可能です。

セイコーエプソン|MOVERIO(BT-300)

セイコーエプソンのMOVERIO(BT-300)は、家庭でARによるさまざまなサービスを利用できる製品です。スマホのような操作性が特徴で、ゴーグルに映し出されたアイコンから使う機能を選んで使用します。

MOVERIOをかければ家に大画面モニターがなくとも、どこでも大迫力の映像を楽しめます。また、「MOVERIO Apps Market」からアプリをダウンロードすれば、U-NEXTやRakuten TVなどの動画コンテンツを手軽に視聴することも可能です。

AR(拡張現実)を実現する方式はまだまだ発展途上

ARはすでに私たちの身近なところにも登場していますし、これからもさらに多くの分野で活用が進んで行くでしょう。現在は視覚と聴覚を拡張させることが主ですが、先々ではほかの感覚についても拡張した現実を感じられるようになりそうです。

ARゴーグルの発展形として、AR機能をプラスしたコンタクトレンズの開発も進んでいます。見ている風景の中に、さまざまな情報が付け加えられた世界で暮らす、そんな未来がやってくるのかもしれません。

人気の記事

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 初回は、佐々木氏が『東洋経済オンライン』『NewsPicks』をトップブランドに成長させていった軌跡と秘訣について探るのとともに、現在にいたる佐々木氏の経歴をたどりながら5G時代を見据えたメディアとコンテンツのあり方についてユニークな討論が交わされた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

未来の物流、モビリティのデバイスとして注目されているドローン。2017年に設立された株式会社エアロネクストは、ベンチャー企業として初めて「CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞」を受賞するなど、その革新的な技術から業界内で注目を集めています。同社のもう一つの特徴は特許やライセンスモデルを事業の中心に据えた「IP経営」。レバレッジの効くユニークな経営手法で描くドローンの未来とそのための戦略とは。お話を伺いました。

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

新型コロナウイルス感染症対策として、日本国内では急速にリモートワークが進んでいる。くしくもテクノロジー活用を加速させる要因となった新型コロナウイルス感染症だが、影響が著しい中国は日本の比ではない。 新型コロナウイルス感染症によって中国で一層加速するデジタルシフトの実情を、中国出身で、株式会社オプトホールディング、中国事業推進室のゼネラルマネージャー李 延光(LI YANGUANG)氏が解説する。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 二回目の今回は、佐々木氏が提唱する、編集思考の四つのステップを話題の中心にしながら、同氏の核心に田中氏が深く迫る形で論が展開された。 *本稿は対談の要旨です。実際の対談内容は動画をご覧ください。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #03

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #03

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 最終回は、佐々木氏のこれまでの経験と田中氏が視察してきた海外の最新の潮流をもとに、本対談のテーマ「メディアと広告の未来」について、大いに語っていただいた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

リーガルテックは日本発世界で勝負できる市場になる。 弁護士・国会議員・上場企業経営者を「複業」する元榮氏が描く未来。

リーガルテックは日本発世界で勝負できる市場になる。 弁護士・国会議員・上場企業経営者を「複業」する元榮氏が描く未来。

立教大学ビジネススクール教授田中道昭氏が各分野で活躍される経営者を招き、次の時代のデジタルシフトについてお話を伺います。今回のゲストは弁護士ドットコム株式会社代表取締役会長、参議院議員、弁護士と3つのわらじで活躍される元榮太一郎氏。弁護士ドットコム・クラウドサインで仕掛けるリーガルテックのデジタルシフト、そしてその先に描く世界への展望とは。 ※このコンテンツは動画対談を記事化したものです。

今再び注目される「物語マーケティング」。顧客とともに意味を創ることがブランド価値構築の鍵になる。

今再び注目される「物語マーケティング」。顧客とともに意味を創ることがブランド価値構築の鍵になる。

商品やサービスが溢れる時代。企業には、ただ商品を提供するのではなく、持続的な顧客との関係を築くことが求められている。そこで再注目されているのが「物語マーケティング」という手法だ。物語はなぜ有効なのか、企業はどう物語をつくり伝えていくべきなのか。中京大学経営学部にてマーケティングを物語の視点から研究する津村将章准教授に、株式会社オプト マーケティングマネジメント部部長の園部武義氏がお話を伺った。

95%が失敗しているDX化の課題を大企業・国・メディアのキーマンたちが語る

95%が失敗しているDX化の課題を大企業・国・メディアのキーマンたちが語る

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)化が待ったなしの状況を迎えている中、2020年2月7日に東京・渋谷で、5GとDXをテーマとしたカンファレンス「DX Drive 2020」が開催された。今回は「5Gが加速するDX」というテーマで行われたキーノートの模様を紹介する。 ※この記事は、セッションの内容を一部、編集、抜粋してお届けしています。

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

「その変革に勇気と希望を。」を、旗印に産声を上げたDigital Shift Times。 Digital Shift Timesは、日本企業のデジタルシフトの道しるべになることをミッションに掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供していきます。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 初回は、佐々木氏が『東洋経済オンライン』『NewsPicks』をトップブランドに成長させていった軌跡と秘訣について探るのとともに、現在にいたる佐々木氏の経歴をたどりながら5G時代を見据えたメディアとコンテンツのあり方についてユニークな討論が交わされた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

【倉庫屋からテック企業へ】寺田倉庫が事業転換できた3つのコツ

【倉庫屋からテック企業へ】寺田倉庫が事業転換できた3つのコツ

倉庫会社の中では異例とも言えるスタイリッシュなコーポレートサイトを持つ寺田倉庫株式会社。アートやワイン、建築模型など、取り扱うサービスも従来の倉庫事業の枠を超えるものだ。なかでも、誰でも自分の倉庫が持て、いつでも引き出し可能なwebサービス「minikura(ミニクラ)」はいまや寺田倉庫を代表するサービスの一つになっている。ほんの数年前まで従来のトランクルームや物流サービスを主軸としていた寺田倉庫が、デジタル変革を遂げ、リブランディングを成し遂げた経緯について、変革の一翼を担った専務執行役員の月森正憲氏に話を伺った。

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

出版市場の縮小が止まらない―。2018年の市場規模(紙の出版物)は約1兆3,000億円。14年連続で販売額が減少し、ピークだった1996年の半分以下に落ちこんだ。そんな中、デジタルシフトに成功し、業績を立て直した企業がある。創業110年の名門・講談社だ。同社は「出版の再発明」を掲げて、2015年に組織を再編。出版物ベースのビジネスモデルから脱却し、独自の進化をとげつつある。そこで今回は、講談社のメディアビジネス領域に従事するライツ・メディアビジネス局 局次長 兼 IT戦略企画室 室次長である長崎亘宏氏を取材。前編では、戦略の要諦や具体的な取り組みなどについて聞いた。

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<後編>

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<後編>

Digital Shift Timesは、日本企業のデジタルシフトの道しるべになることをミッションに掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供していきます。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 二回目の今回は、佐々木氏が提唱する、編集思考の四つのステップを話題の中心にしながら、同氏の核心に田中氏が深く迫る形で論が展開された。 *本稿は対談の要旨です。実際の対談内容は動画をご覧ください。

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

2016年末、中国のアリババグループの創始者ジャック・マー氏が提唱したニューリテール戦略。オンラインとオフラインを融合し、新しくより良い顧客体験を届けると同時に、事業者側の課題解決も目指したものだ。約3年が経った今、日本にもニューリテールという言葉が浸透し、注目が集まっている。現地、中国ではどのような変化が起こっているのだろうか?