自動運転の開発の現状は?開発の進捗状況や実現の時期について

何年か前から、自動運転技術の開発を機に、世界のさまざまな車メーカーが乗り出し、その進捗状況が話題になってきました。現在、一般車両への自動運転技術の実用化には至っていませんが、技術的には自動運転のレベルはどのようになっているのでしょうか。

私たちの生活を大きく変えることは間違いない自動運転車。開発の現状や実用化がいつ頃になるかについて見ていきましょう。

完全自動運転は2020年?

各国の自動車メーカーや自動運転開発に名乗りをあげている企業が、それぞれ新技術の実用化や完成の目処を随時発表しています。それによると、多くの自動運転システムが、2020年や20年代に実用化に向けて精度をあげているのが読み取れます。

自動運転車が当たり前になる時代はすぐそこなのでしょうか。

技術的には自動運転は可能

自動運転には実はレベルがあります。レベル0が現在の車社会。私たち人間がハンドルを操作し、ブレーキやアクセルを踏んで運転を行います。

そこから少しずつシステムができることが多くなるごとにレベルが分かれていて、完全な自動運転、つまりドライバーはコンピューターで、人間が運転に関する動作を一切行わない完全自動運転車というのはレベル5になります。

レベル5に相当する自動運転車はまだお披露目されていませんが、テスラの最高経営責任者(CEO)は、2020年の末までには「完全自動運転」を実現することができると発言しています。

その他のメーカー各社もそれぞれ自動運転のレベルを上げた技術を続々と開発しており、技術的には近い将来に完全な自動運転車が実用化できる段階にまで達すると言えるでしょう。

開発には巨額のお金が投資されている

今まで存在しなかった技術を手探りで作り上げていくためには、巨額の資金が必要になります。経済的に余裕のある大手企業もしくは、スポンサーがいないと自動運転の開発に名乗りを上げられません。

また完全自動運転ができる車が完成したとしても実用化となると、最初のうちはかなり高額な価格帯になってしまいます。自動運転車を民間の企業や一般のユーザーが無理なく手に入れるようになるまでには、技術だけではなく価格の面でも改善が必要になるのです。

実用化にはさまざまな課題がある

他にも実用化する前に解決しなければいけない課題はたくさんあります。まず自動運転車が実用化されたとしても、一気にすべての車が自動運転車になるわけではありません。今までと同じように人間のドライバーが運転する車は、たとえどんなに自動運転車が便利で手頃な価格で買えるようになったとしてもなくなることはないでしょう。

そうなると、高速道路や一般道路をシステムで完全に制御された車と人間が運転する車が混在して走るようになります。一方は決められたスピードで自動で走行するのに対し、一方は自分の都合や感情などでスピードを上げたり煽り運転などをしたりすることも考えられます。

さらにシステムで走行している車が事故を起こした時の責任はどうなるのか。自動運転が実用化できるレベルまで来ていたとしても、乗り越えなければいけない課題は多く残されています。

特定の環境で自動運転車が使われるのはもうすぐ

一般道路での走行や一般ユーザーが自動運転車を入手するまでにはまだ時間がかかりそうですが、一定の条件が揃う環境であれば、現在の自動運転技術のままでも十分に実用化でき、活躍する場所がたくさんあります。

すでに自動運転車が導入されていたり試験的に運用されていたりするものもあります。具体的にどんなものがあるのかみていきましょう。

特定の敷地内で自動運転車が走行

特定の敷地内での自動運転車はすでに存在しています。アメリカのオハイオ州のデトロイトやコロンバスといった交通量の多い都心のエリアでは、自動運転のシャトルバスが運行されています。また大学構内や空港や農場、ホテルなど広大な敷地内の決められたポイントから決められた目的地までを移動する手段として、一般車が走行することがない短い区間の移動での自動運転車はすでに存在しているところもあります。今後数年以内にもっと増えてくることでしょう。

ただし、このレベルの自動運転の場合には人間のドライバーが必ず乗車する必要があります。システムが作動しなかったり不具合が起きたりした時に、すぐに運転を変わることができるような状態での自動運転となります。

自動運転のタクシー

自動で運転するタクシーも実はすでに存在しています。ドライバーの人件費が大幅にカットできるので、乗車賃も今よりも安くなるでしょう。

また運転手の態度が悪くて不快な思いをした、寝たいのに世間話をされ続けて疲れたといった経験をしたことがある人も多いと思いますが、そのような本来の目的とは関係ないストレスがなくなります。

決められたルートのシャトルバス

スクールバスやシャトルバスといった決められたルートを走行するバスも、すでに自動運転車は試験的な運用が始まっています。決められたルートや停車位置をシステムでセットすれば、安全な速度で定期的に運行することができます。

今後高齢化が進む日本でも、自分で運転ができない高齢者が自動運転のバスに乗って買い物に行ったり、施設内の移動に使用したりと、さまざまなシーンで活用できそうです。こちらも実用化はすぐ目の前まで来ていると言えるでしょう。

自動運転技術の課題と進捗状況

それでは現在の自動運転の技術はどのくらいなのか、どんなことができるのか、改善点はどんなところかを見ていきましょう。課題は残されていても、私たちの生活がより便利になるように、自動運転技術は確実に進歩を遂げているようです。

改良の余地があるADAS

自動運転機能の一つとして、ADASが日本では知られています。自動運転支援機能とも言われ、レベル2の自動運転に当たります。運転する主体はドライバーですが、ハンドル操作やブレーキ・アクセル操作の一部をコンピューターが行う技術のことをいいます。

基本的に運転の操作も責任も人間のドライバーが行うものですが、高速道路での運転で速度を設定したり障害物を察知した時に自動的にブレーキがかかったりと、補助的なサポートをしてくれます。

しかし日本のADASは車両検知がまだ不完全であり、カーブや急勾配のある道路では、自動運転では車線内に車両を維持しながら走行するのが難しいのが現状です。突然支援システムが作動しなくなり、突然人間ドライバーが運転を変わらなければいけなくなるような可能性があり、改善が必要と言われています。

AIによる自立走行車も

現在多方面で活用されているAIコンピューターを自動運転車に搭載することによって、2020年までに監視付きの自動運転車が生産できるようになる見通しです。

多くの企業がAIのテスト運用をしていて、そのデータを集積することで、AIパフォーマンスやカメラやレーダーの種類、LiDARを搭載するかどうかなどを決めてシステムを作り上げていきます。今後も自動運転の開発はますます加速していくのではないでしょうか。

危険状況を想定し仮想空間で訓練

AIの経験値はGPUを使った膨大なデータをもとに仮想空間を作り、道路や天候といったあらゆる走行環境を再現します。このようなテストを何度も繰り返し、あらゆるパターンを想定して対応できる自動運転の開発が進められています。

完全な自動運転カーの実現はもう少し先

完全にシステムが主体になる自動運転車の実現は、技術的には近い未来に可能ではありますが、人とコンピューター制御の車の共生のためのルールや、走行する場所など技術以外の自動運転車が加入してくる車社会の整備が必要になります。

自動運転の開発が進み実現化するのはとても楽しみなことですが、自動運転車を社会に受け入れるための人間側のモラルや認識といったものもルール化が必要ですし、意識を育てていかなければいけないでしょう。

人気の記事

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 初回は、佐々木氏が『東洋経済オンライン』『NewsPicks』をトップブランドに成長させていった軌跡と秘訣について探るのとともに、現在にいたる佐々木氏の経歴をたどりながら5G時代を見据えたメディアとコンテンツのあり方についてユニークな討論が交わされた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

未来の物流、モビリティのデバイスとして注目されているドローン。2017年に設立された株式会社エアロネクストは、ベンチャー企業として初めて「CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞」を受賞するなど、その革新的な技術から業界内で注目を集めています。同社のもう一つの特徴は特許やライセンスモデルを事業の中心に据えた「IP経営」。レバレッジの効くユニークな経営手法で描くドローンの未来とそのための戦略とは。お話を伺いました。

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

新型コロナウイルス感染症対策として、日本国内では急速にリモートワークが進んでいる。くしくもテクノロジー活用を加速させる要因となった新型コロナウイルス感染症だが、影響が著しい中国は日本の比ではない。 新型コロナウイルス感染症によって中国で一層加速するデジタルシフトの実情を、中国出身で、株式会社オプトホールディング、中国事業推進室のゼネラルマネージャー李 延光(LI YANGUANG)氏が解説する。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 二回目の今回は、佐々木氏が提唱する、編集思考の四つのステップを話題の中心にしながら、同氏の核心に田中氏が深く迫る形で論が展開された。 *本稿は対談の要旨です。実際の対談内容は動画をご覧ください。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #03

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #03

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 最終回は、佐々木氏のこれまでの経験と田中氏が視察してきた海外の最新の潮流をもとに、本対談のテーマ「メディアと広告の未来」について、大いに語っていただいた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

リーガルテックは日本発世界で勝負できる市場になる。 弁護士・国会議員・上場企業経営者を「複業」する元榮氏が描く未来。

リーガルテックは日本発世界で勝負できる市場になる。 弁護士・国会議員・上場企業経営者を「複業」する元榮氏が描く未来。

立教大学ビジネススクール教授田中道昭氏が各分野で活躍される経営者を招き、次の時代のデジタルシフトについてお話を伺います。今回のゲストは弁護士ドットコム株式会社代表取締役会長、参議院議員、弁護士と3つのわらじで活躍される元榮太一郎氏。弁護士ドットコム・クラウドサインで仕掛けるリーガルテックのデジタルシフト、そしてその先に描く世界への展望とは。 ※このコンテンツは動画対談を記事化したものです。

今再び注目される「物語マーケティング」。顧客とともに意味を創ることがブランド価値構築の鍵になる。

今再び注目される「物語マーケティング」。顧客とともに意味を創ることがブランド価値構築の鍵になる。

商品やサービスが溢れる時代。企業には、ただ商品を提供するのではなく、持続的な顧客との関係を築くことが求められている。そこで再注目されているのが「物語マーケティング」という手法だ。物語はなぜ有効なのか、企業はどう物語をつくり伝えていくべきなのか。中京大学経営学部にてマーケティングを物語の視点から研究する津村将章准教授に、株式会社オプト マーケティングマネジメント部部長の園部武義氏がお話を伺った。

95%が失敗しているDX化の課題を大企業・国・メディアのキーマンたちが語る

95%が失敗しているDX化の課題を大企業・国・メディアのキーマンたちが語る

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)化が待ったなしの状況を迎えている中、2020年2月7日に東京・渋谷で、5GとDXをテーマとしたカンファレンス「DX Drive 2020」が開催された。今回は「5Gが加速するDX」というテーマで行われたキーノートの模様を紹介する。 ※この記事は、セッションの内容を一部、編集、抜粋してお届けしています。

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

「その変革に勇気と希望を。」を、旗印に産声を上げたDigital Shift Times。 Digital Shift Timesは、日本企業のデジタルシフトの道しるべになることをミッションに掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供していきます。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 初回は、佐々木氏が『東洋経済オンライン』『NewsPicks』をトップブランドに成長させていった軌跡と秘訣について探るのとともに、現在にいたる佐々木氏の経歴をたどりながら5G時代を見据えたメディアとコンテンツのあり方についてユニークな討論が交わされた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

【倉庫屋からテック企業へ】寺田倉庫が事業転換できた3つのコツ

【倉庫屋からテック企業へ】寺田倉庫が事業転換できた3つのコツ

倉庫会社の中では異例とも言えるスタイリッシュなコーポレートサイトを持つ寺田倉庫株式会社。アートやワイン、建築模型など、取り扱うサービスも従来の倉庫事業の枠を超えるものだ。なかでも、誰でも自分の倉庫が持て、いつでも引き出し可能なwebサービス「minikura(ミニクラ)」はいまや寺田倉庫を代表するサービスの一つになっている。ほんの数年前まで従来のトランクルームや物流サービスを主軸としていた寺田倉庫が、デジタル変革を遂げ、リブランディングを成し遂げた経緯について、変革の一翼を担った専務執行役員の月森正憲氏に話を伺った。

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

出版市場の縮小が止まらない―。2018年の市場規模(紙の出版物)は約1兆3,000億円。14年連続で販売額が減少し、ピークだった1996年の半分以下に落ちこんだ。そんな中、デジタルシフトに成功し、業績を立て直した企業がある。創業110年の名門・講談社だ。同社は「出版の再発明」を掲げて、2015年に組織を再編。出版物ベースのビジネスモデルから脱却し、独自の進化をとげつつある。そこで今回は、講談社のメディアビジネス領域に従事するライツ・メディアビジネス局 局次長 兼 IT戦略企画室 室次長である長崎亘宏氏を取材。前編では、戦略の要諦や具体的な取り組みなどについて聞いた。

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<後編>

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<後編>

Digital Shift Timesは、日本企業のデジタルシフトの道しるべになることをミッションに掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供していきます。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 二回目の今回は、佐々木氏が提唱する、編集思考の四つのステップを話題の中心にしながら、同氏の核心に田中氏が深く迫る形で論が展開された。 *本稿は対談の要旨です。実際の対談内容は動画をご覧ください。

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

2016年末、中国のアリババグループの創始者ジャック・マー氏が提唱したニューリテール戦略。オンラインとオフラインを融合し、新しくより良い顧客体験を届けると同時に、事業者側の課題解決も目指したものだ。約3年が経った今、日本にもニューリテールという言葉が浸透し、注目が集まっている。現地、中国ではどのような変化が起こっているのだろうか?