AI活用

AI活用でファッショントレンドを予測し商品企画に反映|株式会社コックス「AI MD」事例インタビュー

アイテム、色、ライフスタイルの多様化などから、ファッショントレンドは年々細分化されています。それによりトレンド予測が難しくなり、アパレル業界では売れ残り商品の廃棄増加が問題となっています。

日本でも年間100万トンもの衣類が廃棄処分されているとの報道もあり、近年ではこのような社会課題を解決するために、ファッショントレンドの予測にAIの技術を活用する事例も出てきました。

今回は、ファッショントレンド解析サービス「AI MD」を導入した株式会社コックスのデジタルマーケティング部長 宮野敦氏にお話を伺いました。

※本記事は、『drop:フィジタルマーケティング マガジン』で、2019年12月20日に公開された記事を転載したものです。
株式会社コックス デジタルマーケティング部長 宮野敦さん

株式会社コックス デジタルマーケティング部長 宮野敦さん

課題である“在庫問題”をAIで解決する。売上向上の相乗効果も

アイテム×カラー分析の画面

アイテム×カラー分析の画面

―― 株式会社コックスの事業内容について教えてください。

弊社は「ファッションを通じてお客さまに本質的なゆたかさを提供すること」を理念に、全国のファッションビルやショッピングモール226店舗(※)と、公式オンラインショップなどのECを展開しています。事業内容はメンズ、レディース、キッズ、ファッション雑貨、ライフスタイルグッズとその関連商品の企画、製造、小売業と、幅広く手掛けています。
(※)2019年11月末時点

―― 今回導入された「AI MD」とはどのようなシステムですか?

「AI MD」は、世界各地のリモートコンピュータにより、ソーシャルメディアを含む世界中のファッションメディアから、最新のコレクションやファッショントレンド写真を24時間自動収集しています。そのビックデータを解析することで、カラーや着こなしなどのトレンドを予測し、結果を商品企画などに反映する仕組みです。

―― なぜファッショントレンドの予測を、AIに任せたいと思うようになったのですか?

本来、次のシーズンの企画をするときは遅くとも半年前に「今年何が流行るか」というトレンド予測をして発注をかけます。今までは、バイヤーがファッション情報の収集をおこなっていましたが、情報収集にかかる時間は膨大なうえ、どうしても個人的な感覚に頼らなければならない部分がありました。

予測ミスによる在庫問題は、SDGs的な観点ではもちろん、アパレル業界全体でも課題視されています。そのため、トレンドの需要を現実に即してしっかりと捉える必要がありました。そんなときに、「AIMD」を開発したニューラルポケット株式会社の重松社長の「アパレルの経験値を形式化し、在庫を減らす」というサスティナブルなビジョンに弊社代表の寺脇も共感し、導入に至りました。

―― トレンドの需要予測を「AI MD」でおこなうことで、在庫問題の解消のほか、どのような相乗効果を期待していますか?

今後は「AI MD」で解析して定量分析をすることで、“プロパー消化率向上”、“粗利率の改善”を目指したいと考えています。実際、「AI MD」を導入したレディースの2019年のA/Wに関しては粗利が回復基調で、これまでと比較すると改善方向に進んでいる認識です。たとえば今年はベージュとブラウンがトレンドカラーでしたが、そのデータをしっかりおさえたうえで戦略を立てられたことが大きな成果につながった要因だと思います。

株式会社コックスの「AI MD」活用法とは?実務で使える機能を充実化

トレンドの未来/6ヶ月予測

トレンドの未来/6ヶ月予測

――「AI MD」の具体的な機能として、どのような情報を得ることができるのでしょうか?

たとえば、ファッショントレンド分析に必要な「6ヶ月予測」という機能。私たちアパレル企業は、先取りした6ヶ月後の需要を予測したうえで、発注などを行います。ご覧の画像の場合、晴れだったら「上昇傾向」、曇りだったら「現状維持」、雨だったら「ちょっと危険」というように、データで見て感覚的に分かりやすい画面になっています。

実際に、ディレクターがおこなうブランドのシーズンディレクションでは、「6ヶ月予測」を活用しています。「今年のトレンドカラーはブラウンです」と単に口で説明するよりも、「AIMD」が可視化してくれたデータを提示することで、よりわかりやすく説得力のあるプレゼンが可能になりました。
そのほか、コーデ写真もアイテム分類、色、柄、モデルの年齢、タイプなどをセグメントして閲覧できます。それを見られるようにするだけではなく、実際の商談でイメージを伝えるときにも使えるようプリントアウトができる仕様に変更してもらいました。

――「AI MD」による定量的な指標が加わったことで、現場での判断がよりスムーズになったんですね。導入して最も感じているメリットは何ですか?

やはり“情報の可視化”ができるようになったことです。「AI MD」を導入してからは、これまでデータ収集のために使っていた時間が短縮され、よりクリエイティブな部分へ時間を費やせるようになりました。

私たちが手がけているのはあくまでも“ファッション”なので、データに「クリエイティブな人間の感性」や「想像力」といった要素を足していかないと“ファッション”にはなりません。そこが「AI MD」のトレンド分析を活用するうえで最も重要だと考えています。

大切なのは、制作と現場が「一緒につくる」こと

トレンドカラー分析の画面

トレンドカラー分析の画面

―― 導入時にぶつかった課題はありましたか?

導入の初期段階では、AIを活用することの社内普及が難しかったように思います。「使ってみよう」とは言いながらも、システム画面を見るだけに留まり、実務にどのように取り入れていくかという課題がありました。ですから、まずは「AI
MD」の使い方や情報の読み取り方に関するセミナーを実施したり、ニューラルポケット様のご担当者に説明に来ていただきました。

――なるほど。そうしたサポート体制もしっかりしているのですね。担当者の方とはどのくらいの頻度でコミュニケーションをとる機会があるのですか?

ニューラルポケット様とは月に2〜3回顔を合わせる機会があるので、そうした場で課題を共有して、密なコミュニケーションをはかるよう心がけています。たとえば、データを閲覧する画面も当初はもっと読みにくい難解なものでしたが、実務に生かせるよう改修を繰り返し、「誰にでも分かりやすい画面」になっています。こうしたところも現場の声を汲み取って、感覚的にパッと見で理解しやすい表示方法に改修をおこなっていただきました。

やはりこうした施策を成功させるうえで大切なのは、システム制作会社がつくる仕組みをただ操作していくのではなく、実務をやっている人間の意見をしっかりと反映させることだと思います。そのあたりは、ニューラルポケット様としても「使いこなしてもらわなければ意味がない」と考えてくれているので、こちらもリクエストをして擦り合わせをおこないながら改修をしています。現在は毎月の数値などもお互いにやりとりをしながら、データベースの形成まで一緒に取り組んでいるところです。

「AI」と「人」の役割分担。今後のAI活用において期待していること

―― 普段の業務のなかで、別の使い方でAIを活用できそうなところはありますか?

やはり経営のなかで廃棄をなくしていくというSDGs的な観点が重要で、需要予測の部分にあたると思います。生産のリードタイムが間に合うタイミングでのジャッジにAIを活用してみたいですね。よりリアルタイムな情報から、追加発注をかけるべきか、止めるのかを判断する材料として生かしたいです。

それから、売価変更にも活用できる可能性を感じています。売れているか否かの判断を人間の感覚でおこなうのではなく、時間単位や地域別のデータから改善できるのではないかと考えています。

――活用の幅は広そうですね。

そうですね。ただ、先ほども言ったように、やはり最終的には人間の意志を取り入れなければなりません。ですから、「情報の正確性」や「情報収集における時間の短縮」をサポートしてもらい、“私たちにしかできない業務”に集中できる時間を、AIの活用で増やしていきたいです。

人気記事

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

デジタルシフトが加速するなか、大きな変革を求められている保険業界。そんななか「リスク」に備えるだけではなく、リスクを「減らす」健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を提供するなど、デジタルの力でいち早く事業変革を実践しているのが住友生命保険相互会社です。今回はそんな同社が8月24日に銀座にオープンさせたばかりの「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」を舞台に実施された、同社の社長高田幸徳氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授の対談の模様をレポート。前編では、高田社長自ら銀座Flagship店をご案内いただきながら、銀座の一等地に「保険を売らない」保険ショップをオープンさせた狙いや、Vitalityによって住友生命が実現したいビジョンについてお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

2020年7月にオプトホールディングから社名を変更したデジタルホールディングス。従来のインターネット広告代理事業に代わり、企業のデジタルシフトを支援する事業を中核に据え、日本社会の挑戦の先陣を切り、社会のデジタルシフトを牽引する存在となっていくことを掲げています。 デジタルマーケティングの先進国アメリカでは個人情報を保護する法整備が進み、Web上でのクッキーの使用に大きな制限がかけられた結果、ウォルマートのような膨大な顧客データを持つ企業が自らメディア化する流れが生まれています。そんな中、日本の広告産業はどう変化していくのか。また企業のデジタルシフト事業を中核に据えたデジタルホールディングスはどう変化していて、変革の先にどんな未来を見据えているのか。元株式会社オプトの代表取締役社長CEOにして、現在は株式会社デジタルホールディングス 取締役 グループCOOを務める金澤大輔氏をゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、デジタル化が遅れていると言われ続けていた日本でも「デジタルシフト」「DX」という言葉を聞かない日はありません。しかし、その重要度や緊急度に対して、正しく認識できていない企業・経営者はまだ多いというのが現状です。 アメリカのコンサルティングファーム「イノサイト」によると、S&P500を構成する企業の平均寿命は年々低下してきており、2027年にはわずか12年になると予想されています。自動車に保険、ヘルスケアから不動産まで、GAFAをはじめとする巨大テック企業の影響を受けない業界は、今や皆無と言っても過言ではありません。あらゆる業種・業界が飲み込まれる「デジタル産業革命」待ったなしの現在、具体的にどのような手順、心構えでデジタルシフトに臨むべきなのか? 事業ドメインをデジタルシフト事業へと変更し、多くの産業・企業のDXを支援している株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長の鉢嶺 登氏は、「中途半端にDXに着手する企業は大抵失敗する」と語ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

人×デジタルの力でウェルビーイングに寄り添える生命保険会社へ。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール 田中道昭教授対談

人×デジタルの力でウェルビーイングに寄り添える生命保険会社へ。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール 田中道昭教授対談

デジタルシフトが加速するなか、大きな変革を求められている保険業界。そんななか「リスク」に備えるだけではなく、リスクを「減らす」健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を提供するなど、デジタルの力でいち早く事業変革を実践しているのが住友生命保険相互会社です。今回はそんな同社が8月に銀座にオープンさせたばかりの「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」を舞台に実施された、同社の社長高田幸徳氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授の対談の模様をレポート。後編では、4月1日の就任から半年を経た高田社長の所感をはじめ、同社が掲げる新たな事業戦略、高齢化社会においてVitalityが果たす役割、生命保険業界の未来などについてお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。