Today's PICK UP

音声検索で保険業務を自動化。保険代理店向けクラウド業務RPAシステム「SEIMEI」がローンチ

SEIMEI株式会社は、7月13日(土)のクラウド保険業務RPAシステム「SEIMEI」を正式ローンチした。
■サービス概要
■保険業務RPAシステム「SEIMEI」

SEIMEIは、保険業務の自動化を目指すクラウド保険業務RPAシステム。主に音声認識技術を活用し、業務情報の即時検索を可能とし、煩雑で時間のかかる業務情報検索から保険営業パーソンを解放する。

SEIMEI株式会社はFIBC2019、Incubate Camp 11th、B-SKETアクセラレーションプログラム、ニッセイキャピタルアクセラレーションプログラムなど、直近2年間で選考倍率10倍前後のピッチイベントやプログラム4つに選出されている。
■InsurTech市場規模

株式会社矢野経済研究所の調査によると、2018年度の国内InsurTech市場規模は前年度比115%、690億円の見込みで、2019年度は690億円、2021年度には1790億円に達する予測だ。

これは、健康増進型保険や疾病管理プログラムの開発活発化が背景に挙げられる。保険を軸としたエコシステムも登場しており、今後飛躍的に市場規模が拡大することも期待されている。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。