FLASH NEWS

パーソルグループ、SNSとチャットボットを組み合わせた「採用面接マッチング自動化サービス」を共同開発 10月から提供開始へ

総合人材サービスのパーソルグループで、BPO、ヘルプデスク/コールセンターのアウトソーシングなどを手がけるパーソルワークスデザイン株式会社と株式会社日立システムズは、SNSとチャットボットを活用し、応募者の希望と募集条件とのマッチング確認や面接日程の調整などの採用業務を自動化する「採用面接マッチング自動化サービス」を共同開発し、本年10月から提供開始する。
■背景
近年、少子高齢化による労働人口の減少などの影響により、求人市場は企業が求職者に選ばれる「売り手市場」の状況が続いている。企業の採用活動においては、多様なニーズへの対応力、スピード感が求められており、以前にも増して企業努力が必要だ。

パーソルワークスデザインでは、企業の採用代行業務において、約70名のオペレーターが電話にて毎月約55,000件もの応募に対応している。同業務を通じても、細かな日程調整や即時返答など応募者ニーズの多様化に対応する必要性が一段と高まっていた。採用に関する対応工数の負荷が高まる中、さらなるオペレーションの効率化や採用企業との連携強化が必要な状況となっている。

一方、応募者側においては、電話での応募では、窓口につながらないことや待ち時間が長いこと、開設時間が9時~17時に限定されていることなどによる、応募離脱が発生している。また、Web上での応募では、返答までに時間を要するほか、日程調整が完了するまで数往復のやり取りが必要であり、即時コミュニケーションに慣れた世代にはストレスとなるケースがあったという。

こうした背景から、パーソルワークスデザインと日立システムズは、企業の募集・採用業務を強化する新サービス「採用面接マッチング自動化サービス」を共同で開発し、提供を開始することとなった。
■サービス概要/期待される効果
「採用面接マッチング自動化サービス」では、企業側の採用管理システムと連携したチャットボットが、リアルタイムで面接可能なスケジュールを把握し、応募者に提示することで、応募から面接日程調整までをSNS上で自動的に行う。利用の流れは以下の通り。
STEP1.応募者は応募したい企業の採用Webサイトや募集チラシにあるURL・QRコードから、SNSアプリケーションなどを通じて企業専用のチャットボットへアクセス

STEP2.勤務地(面接会場)や勤務条件などの質問項目に対し、応募者が対話形式で希望条件などを回答

STEP3.対話内容が企業の採用管理システムへ自動的に共有され、対話情報に応じた面接日程などの調整結果を応募者に自動回答

STEP4.面接日程の決定

これにより、応募受付から面接日程の調整までを自動化し、オペレーターの工数を大幅に削減する。また、これまで対応が難しかった早朝や深夜でも24時間365日、いつでも応募受付が可能となるSNSを活用して質問に答えるだけで、即日面接日や場所が確定するなど応募者の利便性が大きく向上し、応募離脱の解消にもつながる。