Today's PICK UP

レノボ、2020年以降の「10大テクノロジートレンド予測」を発表 5G・VRなどが浸透した社会を予想

レノボは、コーポレートCOOのジャンフランコ・ランチが、デバイステクノロジーの知見をもとに予想した2020年以降のテクノロジートレンドを発表した。

技術予測 1「2020年は5Gの年になる」

5Gの通信速度は、最大で毎秒10ギガビットとなり、4Gと比べると100倍以上の速さになる。5GテクノロジーによりSFのような世界が現実のものとなってくるという。5Gがもたらす変化をすべて予測することは不可能だが、生活が大きく変わり新しいビジネスが生まれるということだという。

企業は5Gによるプライベートネットワーク(ローカル5G)を製造拠点に構築し、従業員の生産性向上、生産設備の効率的運用、そして収益力の強化を図ることができるようになる。医療分野では医師がロボット装置を操作して遠隔地にいる患者を手術することができるようになり、また日常のビジネスではリモート会議に自分のホログラムを出席させることができるようになるかもしれないと予測した。また、5Gに対応したデバイスは急速に広まり始めるが、5Gのネットワーク、キャリアおよびインフラの普及が進むまでは、消費者は明確なメリットをあまり感じないだろうとのことだ。

5G時代のPCは、モバイル環境でも常にネットワークにつながっている状態になる。バッテリー駆動時間が大幅に伸びるとともに、音声やペンでの入力が当たり前になるという。スマホやタブレットなどの小型デバイスには不向きな、大画面やキーボード入力が必要となる業務や「重い」コラボレーションアプリなどの処理はPCの独壇場であり、ネットワークのエッジ側にいるユーザーの生産性を高める、信頼できるツールであり続けるとのことだ。

技術予測 2「折りたたみデバイスがモバイル機器の革命をもたらす」

2020年、トレンドへの感度が高い最先端ユーザーが注目する中で、折りたたみ可能なデバイスが登場する。画面を折りたたむことができれば、モバイルデバイスの形状がさらに多彩になるとともに、大画面化が可能になる。つまり、スマートフォンの携帯性を保ちながら、ノートPCの生産性と作業しやすさをあわせ持つデバイスが誕生する。

市場の競争環境が激しさを増す中で、企業のトップ層にとって従業員のワーク・ライフ・インテグレーション(仕事とプライベートのバランスを最適にできる働き方)は経営課題の一つだ。企業のグローバル化が進みテレワークや出張の機会が増える中、従業員は業務をスピードアップ、効率化・簡素化するテクノロジーを求めており、それには使いやすく、(文字通り重荷にならない)携帯性にも優れた機器が必要となる。折りたたみデバイスのような新しいスマートテクノロジーが、そうしたニーズを満たしていくという。

技術予測 3「CX(カスタマーエクスペリエンス)の向上をAIが支える」

モノからコトへ消費者の関心が移る中、製品そのものより顧客体験(カスタマーエクスペリエンス、CX)がますます重要になっている。そしてすぐれた体験さえ得られるなら、顧客はその裏で動いているしかけや技術のことは気にしないという。2020年には、AIへの過大な期待と不安が収まるとともに、AIはもはや最新テクノロジーとして脚光を浴びる存在ではなくなり、日常的なサービスを陰で支える存在になるとのことだ。たとえば、2024年までに世界中の高級ホテルの60%以上が、よりよい顧客体験を提供するためにAIを活用した対面型のスマートアシスタントを導入するとIDCは予測している。

一方、人間が作っている以上、AIに意図せず望ましくないバイアス(偏向)がかかっている可能性がある。このため、2020年以降、導入しようとしているAIが例えば反社会的な判断を下したりしないかをチェックするために、企業はAIの利用を統制・監査する専門部署を設置することになるという。また、AIをマーケティングのバズワードとして使用する企業がもてはやされる時は過ぎ、AIを活用して社会に貢献しようとする企業が注目されるようになるという。

技術予測 4「プライバシー保護のよしあしが企業の評価基準になる」

スマート電球、スマートドアベル、スマートカー…さまざまなモノにセンサーが付き、スマートデバイスとしてネットワークに接続されることで、生活の利便性は確実に高まっている。一方、あらゆるモノがネットに接続されていくにつれセキュリティとプライバシーのリスクが高まっていることも事実だ。例えばWorld Economic Forumによる2019年の調査によると、消費者の57%は収集された個人データを企業がどのように扱っているかに不信を抱いている。

2020年以降、企業はプライバシー保護を重視し遵守することでブランドや製品を差別化することができるようになるという。そのためにテクノロジー企業には、プライバシーを確実に保護できる、セキュリティの高いソフトウェアやデバイスの開発・製造が求められる。同時に、あらゆる企業(GDPRが適用される市場に限らず)は、収集するデータとその使い方に対して、これまで以上に透明性を高める必要がある。

技術予測 5「新技術によるワークスタイルの革新が続く」

ワークフローの最適化、労働時間の短縮、密接なコミュニケーションなど、性能向上を続ける各種の機器を人間はうまく使いこなし、成果を上げてきた。2020年も、この流れは続くだろうという。AIがリモート会議システムに導入され、自動接続はもとより、その場での議事録作成や翻訳までこなすようになるなど、新しいテクノロジーが新しい仕事のすすめ方を次々に生み出している。これからは、コラボレーションの新たな手法を考え出すことが、新しいビジネスの創造そのものになるかもしれないとのことだ。

技術予測 6「テレワークの安全性をエンドポイント・セキュリティが支える」

オフィスの外で仕事をすることが増え、また優秀な人材を確保する目的もあり、いつでもどこにいても仕事ができるフレキシブルな働き方が普及する中、テレワークのセキュリティ確保のためにITの新しい視点が必要だ。それは、ネットワークのエンドポイントであるデバイスがどこにあってもその状態を常にモニタリングでき、必要に応じて対策が打てる環境の実現だ。もちろん適切なアクセス権限の設定、認証情報の管理も重要だという。

企業間の相互接続が進み、システムが有するデータの量と価値が増すにつれ、不正侵入を受けた場合の損害は大きくなっている。また、ITインフラが変化する中で各種セキュリティ製品間の役割分担がはっきりしなくなり、セキュリティホールへの不安が高まっている。テレワークが一般的になるにつれて、不正アクセスやマルウェアの活動をエンドポイントで予測、防止、検知する機能が、被害を受けた部分の切り離しやシステム修復のために不可欠になった。このために、デバイスの地理的位置やアクセス時刻、普段と違う操作などを総合的に判断するコンテキスト・ベースのAIエンドポイント・セキュリティ対策の導入が進んでいくという。

技術予測 7「スマートビジネスがクラウドからエッジに回帰する」

ネットワークサービスの主役が従来のデータセンターからクラウドに置き換わりつつある一方、ネットワークの末端、ユーザー側にあるエッジデバイスが、クラウドとお互いを補完するITインフラとなり、さまざまなビジネス領域で利用されイノベーションの新たな基盤となるという。

エッジへの移行は、機械学習とAIに代表される複雑で高度なアプリケーションの分野でまず進んでいる。200億以上の膨大な数のモノがインターネットにつながると予測される2020年、レイテンシ(遅延)の短縮とクラウド内にあるコアサーバの負荷軽減を目的に、データアナリティクスおよびAIアプリケーションのクラウドコンピューティングからエッジコンピューティングへの回帰が進展し、スマートビジネスの実現に大きな役割を果たすとのことだ。

技術予測 8「医療の地域間格差をスマートテクノロジーが解消する」

在宅の患者が身につけたウェアラブル端末や家庭に設置された各種のモニタ―機器をネットに接続し、医師による診断や介護者による健康状態チェックがリモートから行える、バーチャルなヘルスケア環境が実現するという。言うなれば患者体験(ペイシャント・エクスペリエンス)の変革が実現するとのことだ。

ここでもスマートテクノロジーが大きな役割を果たす。すでに普及している医療用IoT機器に加えて、医療用モバイルIoT機器とサービスのネットワークが広がることで、患者の居住地にかかわらず定期的なモニタリング・診察・治療が可能になり、一人ひとりの患者に合わせたケアを提供することが容易になるという。こうした動きに合わせ、米国メディケアおよびメディケイドサービスセンターは、医療関係者が遠隔からのバーチャルヘルスケアソリューションを導入できるように、2019年に法制を整備した。

技術予測 9「教育にAR/VRが浸透する」

学生にとって、野外活動、観光、文化交流などの体験を通じた学びは貴重だ。そうした機会に拡張現実(AR)や仮想現実(VR)を活用して没入感のある体験をすることで、鮮烈、鮮明な記憶が残る。米国の高等教育機関の60%が2021年までに授業でVRを使用するようになるとガートナーは予測している。没入体験は学びの最強のツールだ。教室にいながらもAR/VRを通じ世界中を旅して地理を学び、バーチャル空間内で科学実験を行い、通常では訪れることができない史跡を巡ることもできるようになるとのことだ。

さらに、こうしたテクノロジーは地域や言語を問わず導入できるため、グローバルな教育の機会均等に貢献するという。また、教師が生徒一人ひとりの学習進度を把握することが容易になり、各自の学習ペースに合せた、パーソナライズしたカリキュラムでの指導ができるようになるとも予測している。

技術予測 10「クラウドゲーミングが広がる」

2020年、いつでもどこにいてもゲームを楽しめるようになりたいう消費者ニーズの高まりにあわせて、クラウドゲーミングの普及が進むという。家庭用ゲーム機や高性能のゲームPCが手元にないとき、これまでのようにスマートフォンやタブレットだけでなく、モバイルPCもゲーミング用プラットフォームの選択肢になる。またクラウドゲーミングはプロゲーマーだけでなく一般ユーザーにも広がりをみせ、低価格で高パフォーマンスのハードウェア製品へのニーズが高まるとのことだ。

人気記事

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

デジタルシフトが加速するなか、大きな変革を求められている保険業界。そんななか「リスク」に備えるだけではなく、リスクを「減らす」健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を提供するなど、デジタルの力でいち早く事業変革を実践しているのが住友生命保険相互会社です。今回はそんな同社が8月24日に銀座にオープンさせたばかりの「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」を舞台に実施された、同社の社長高田幸徳氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授の対談の模様をレポート。前編では、高田社長自ら銀座Flagship店をご案内いただきながら、銀座の一等地に「保険を売らない」保険ショップをオープンさせた狙いや、Vitalityによって住友生命が実現したいビジョンについてお話を伺いました。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

2020年7月にオプトホールディングから社名を変更したデジタルホールディングス。従来のインターネット広告代理事業に代わり、企業のデジタルシフトを支援する事業を中核に据え、日本社会の挑戦の先陣を切り、社会のデジタルシフトを牽引する存在となっていくことを掲げています。 デジタルマーケティングの先進国アメリカでは個人情報を保護する法整備が進み、Web上でのクッキーの使用に大きな制限がかけられた結果、ウォルマートのような膨大な顧客データを持つ企業が自らメディア化する流れが生まれています。そんな中、日本の広告産業はどう変化していくのか。また企業のデジタルシフト事業を中核に据えたデジタルホールディングスはどう変化していて、変革の先にどんな未来を見据えているのか。元株式会社オプトの代表取締役社長CEOにして、現在は株式会社デジタルホールディングス 取締役 グループCOOを務める金澤大輔氏をゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

2020年7月、日本企業および日本社会におけるデジタルシフトの重要性と緊急性をいち早く捉え、社名変更によって「まずは自らが変わる」という大きな決断と意思を示したデジタルホールディングス。コロナ禍によりDXという言葉が世の中に浸透し、各企業がこぞって取り組みを進める中、彼らは企業単体のDXだけではなく、産業変革=IX(Industrial Transformation)を起こしていくという新たな構想を打ち出している。IXとは何を意味するのか。IXによって社会はどのように変わっていくのか。本来の意味でのDXが日本で進んでいない要因とIXへの想いについて、グループCEO野内 敦氏にお話を伺いました。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、デジタル化が遅れていると言われ続けていた日本でも「デジタルシフト」「DX」という言葉を聞かない日はありません。しかし、その重要度や緊急度に対して、正しく認識できていない企業・経営者はまだ多いというのが現状です。 アメリカのコンサルティングファーム「イノサイト」によると、S&P500を構成する企業の平均寿命は年々低下してきており、2027年にはわずか12年になると予想されています。自動車に保険、ヘルスケアから不動産まで、GAFAをはじめとする巨大テック企業の影響を受けない業界は、今や皆無と言っても過言ではありません。あらゆる業種・業界が飲み込まれる「デジタル産業革命」待ったなしの現在、具体的にどのような手順、心構えでデジタルシフトに臨むべきなのか? 事業ドメインをデジタルシフト事業へと変更し、多くの産業・企業のDXを支援している株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長の鉢嶺 登氏は、「中途半端にDXに着手する企業は大抵失敗する」と語ります。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。