Today's PICK UP

大浴場にLEDビジョンでデジタル空間演出 日本初上陸のインターコンチネンタルホテルズグループで実施

株式会社ランドスキップ(以下 LandSkip)は、1月24日(金)にオープンした日本初上陸のインターコンチネンタルホテルズグループ「ホテルインディゴ 箱根強羅」のデジタル空間演出を担当した。空間演出が行われたのは大浴場、スポーツジム、エントランスロビーの3ヶ所。国内初となる大浴場でのLEDビジョン大型演出により、箱根強羅の自然・四季をイメージしたデジタルアートの中で入浴を楽しむことができる。
出典元:プレスリリース
国内初の事例となるのが大浴場での大型LEDビジョン演出。横5.4m*縦1.5mの防水加工を施したLEDビジョンに、箱根強羅の自然をイメージしたデジタルアートを制作。またスポーツジムでは横6.0m*縦2.0mのLEDビジョンにより開放的な空間を演出、エントランスロビーでは窓の風景をWindow Airにより切り替えているという。
出典元:プレスリリース
映し出されるデジタルアートは、実際の強羅の石を3Dスキャンして作られたCGコンテンツ。箱根強羅の「石・水・火」に振る舞いを与えて自然を表現しており、四季に合わせて色味や動きが変化する。秋には滝の流れを模した石がぶつかることで紅葉に染まり、冬にはその石が氷結して粉雪に変わるとのことだ。また大浴場内のBGMも、実際の石がぶつかる音色を録音・加工して作曲されている。
出典元:プレスリリース
また空間演出コンテンツに加えて、プロモーションコンテンツについてもLandSkipが担当。ホテルインディゴ箱根強羅の写真撮影・プロモーション映像制作を手がけた。ネイバーフッドストーリーをテーマに、箱根強羅での魅力的な体験を表現したとのことだ。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。