WATCH

小田急グループ、地域限定のコミュニティアプリを共同開発 地域コミュニティ活性化を目指す実証実験を開始

株式会社小田急エージェンシーと小田急電鉄株式会社は、ジョージ・アンド・ショーン株式会社と共同して、街の今を楽しみ、地元への愛着を創出するためのスマートフォンアプリ『KYOUDOKO(キョウドコ)』を開発し、2020年2月1日(土)から、小田急線経堂駅周辺で地域コミュニティ活性化に関する実証実験を開始する。
『KYOUDOKO』とは、小田急沿線に住んでいる人が、そのエリアにてヒトとヒトのつながりを創出することでそのエリアに対する愛着を深めることを目的としたローカルコミュニティ活性化アプリで、小田急エージェンシーは主に実験コンセプトの企画立案、経堂エリアの店舗等へのアプローチ活動、広告宣伝等の活動、実証実験に関する検証等を担当しているという。

本アプリは街に愛着を持つ飲食店の店主が情報発信者となり、店舗のイベントや旬のメニュー情報等、リアルタイムに提供したい情報をアプリユーザーに発信できるアプリ。アプリユーザーは、地域の店舗のタイムリーな情報を地図上で簡単に見つけることができるほか、店舗ごとに常連(お気に入り)の登録をすることで、アプリを介して店主を交えた常連同士の情報交換が可能となるなど、多様なコミュニケーションを通じた地域コミュニティの発展に寄与する機能を搭載しているとのことだ。
出典元:プレスリリース
小田急電鉄では地域コミュニティの活性化に資する各種施策をすすめているが、今回リリースする『KYOUDOKO』は、「街の特性×デジタル」を起点とした取り組みであり、小田急線の中でも個人経営の飲食店の多い経堂エリアにおいて、街の特性を活かしたコミュニティ創出を目指すもの。実証実験の開始時点で情報発信者となる店舗は16店で、今後多くの方々に情報提供者・アプリユーザーとして参加いただけるよう活動する予定だ。ローカルコミュニティ活性化アプリ『KYOUDOKO』を活用した経堂駅周辺における実証実験の概要は以下の通り。

1.実証実験期間
2020年2月1日(土)※終了時期未定
2.実験エリア
小田急小田原線 経堂駅周辺エリア
3.実験内容
ローカルコミュニケーション活性化アプリ『KYOUDOKO』を活用した、飲食店をはじめとした店舗(店主)からの発信情報によるアプリユーザーのコミュニティの活性化について
4.実験開始時点の店舗(順不同)
出典元:プレスリリース

人気の記事