Today's PICK UP

カシオとアシックスがランナー向けウェアラブルサービスを共同開発 2月のウェアラブルEXPOで披露へ

カシオ計算機株式会社は、株式会社アシックスと共同で、2020年2月12日から14日に東京ビッグサイトで開催される「第6回ウェアラブルEXPO」 に出展する。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
今回のブースでは、アシックスがカシオと共同開発を進めているウエアラブルデバイスを用いたランナー向けの新しいサービスコンテンツの体験コーナーを設ける。カシオのセンシング技術とアシックススポーツ工学研究所の知見とを融合させ、ランニングフォームの分析に基づく、利用者一人ひとりに合ったコーチングや、からだづくりプログラムの提案など、新たなランニング体験を提供するとのことだ。

カシオは、2019年5月に、初となる中期経営計画を策定。「創造・貢献」の原点に立ち返り、カシオらしい独創性のある技術で新規市場の創造に向けた取り組みを開始しており、スポーツのデジタル化を目指して、アシックスとの業務提携を結んだ。カシオがもつセンシング技術・運動解析技術・ハードウエア開発技術と、アシックスがもつスポーツ工学の知見やノウハウ・ランナーのビッグデータを融合させ、ランナー向けの新しいサービスの提供を目指している。

その第一弾が、今回出展するランナー向けサービスコンテンツであり、一人ひとりに合った最適な「ランニング体験」を提供するもの。2020年内に、ウエアラブルデバイスの一般発売、及びサービスを開始する予定だ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。