Today's PICK UP

小田急電鉄、鉄道安全運行にAIを活用へ 踏切の異常を検知する実証実験を開始

小田急電鉄株式会社では、ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社が販売している「カメラ映像とAIによる異常状態検知システム(スペースタイムシーンアナリティクス)」を用いて、踏切内の安全性向上を目的とした実証実験を、2020年2月14日(金)から3月まで、小田急小田原線 玉川学園前8号踏切(東京都町田市原町田)で実施する。
出典元:プレスリリース
本実証実験は、踏切監視カメラの映像を「スペースタイムシーンアナリティクス」を活用して解析することで、踏切内での異常状態の検知をより強化することを目的に実施する。今回の実証実験では、踏切内における様々な動作を収集し、AIによる分析を行う。実証実験を踏まえ、将来的にはAIによる解析結果を用いて、付近を走行する列車を自動で停止させるなど踏切での事故を未然防止できる監視体制の構築を目指す。また、ノキアの「スペースタイムシーンアナリティクス」を鉄道の踏切に活用するのは、世界初の事例だという。

実施概要

1.実験期間
2020年2月14日(金)~3月(終了日未定)
 
2.実験場所
小田急小田原線 玉川学園前8号踏切(東京都町田市原町田)

3.実験内容
AIを用いた踏切監視カメラ映像の解析による異常検知

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。