Today's PICK UP

スマホ充電器を借りられる自動販売機が登場! 「1時間未満150円」で充電可能

株式会社INFORICH(インフォリッチ)は、自動販売機業界最大手の富士電機株式会社と共同で、スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」を搭載した自動販売機を展開していくと発表した。
「ChargeSPOT」は「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに2018年4月からサービスを開始し、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に設置場所を拡大している。今回、富士電機と共同でChargeSPOT搭載自動販売機を展開する。また、第54回スーパーマーケット・トレードショー2020の富士電機ブースにて、ChargeSPOT組み込み搭載自動販売機を展示するとのことだ。
出典元:プレスリリース

■ ChargeSPOTのサービスについて

スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」。レンタル方法はアプリでバッテリースタンドのQRコードをスキャンするだけだ。2018年4月のローンチからわずか1年で日本全国47都道府県に広がり、グローバルでも香港、タイ、台湾とエリアを拡大中だという。

アプリから近くのバッテリースタンドを探してバッテリーを借り、別のバッテリースタンドに返却することができる。また「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、LINE公式アカウント内からもサービスを利用することが可能になり、事前に専用アプリをダウンロードしていなかった場合もその場でサービスを利用できるようになったとのことだ。
出典元:プレスリリース

■「ChargeSPOT」利用方法

(1)アプリをダウンロードし、アカウントの登録をする。
(2)アプリでバッテリースタンドの場所を検索し、利用するバッテリースタンドへ向かう。
(3)表示されているQRコードを読み取る。バッテリースタンドのスロットから出てくるモバイルバッテリーを取り出し、対応するケーブルを接続すれば、移動中に様々なデバイスの充電をすることができる。
(4)アプリで最寄りのバッテリースタンドを検索し、空いているスロットにモバイルバッテリーを差し込むことで返却は完了する。
出典元:プレスリリース

■「ChargeSPOT」利用料金

1時間未満150円、その後48時間未満300円、そのあと最大7日間(168時間)まで1日(24時間)150円で利用できる。
※レンタル開始後168時間を超えた場合、合計2,280円(利用料、違約金1,230円を含む)の支払い義務が発生する
※全て税抜価格

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。