Today's PICK UP

LINE、「Google アシスタント」に対応開始 音声でメッセージの送信や確認が可能に

LINE株式会社は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」は、Googleが提供する「Google アシスタント」に対応すると発表した。
出典元:プレスリリース
「LINE」が「Google アシスタント」に対応を開始したことにより、AndroidTMを搭載したスマホに話しかけるだけで「LINE」のメッセージを友だちに送ったり、受け取ったメッセージを確認したりできるようになった。「Google アシスタント」にテキストを入力して「LINE」を操作することも可能。「Google アシスタント」経由で「LINE」のメッセージ送受信を行えるのは1:1のコミュニケーションにおいて可能で、送受信する内容はテキストに限られる。対応言語は日本語・英語の2ヶ国語。

利用方法は、スマホ内の「Google アシスタント」を起動して、メッセージを送る場合は「OK Google, 〇〇にLINE送って」、新着メッセージを確認する場合は「OK Google, メッセージを読んで」などと話しかければ、メッセージの送信や新着通知の内容を確認ができる。

また、「Google アシスタント」を画面から起動しなくても、「OK Google」と話しかけることでこれらの操作を開始することも設定により可能だ。車の運転中や料理の最中、子育てなどで手が離せない時など、日常の様々なシーンで、より便利に「LINE」を利用できる。今後、機能を順次拡大していく予定とのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。