WATCH

対面を避けスマホでサービスを受ける人が増加中 1466人への意識調査を発表

結婚式のチャットコミュニケーションメディア「PLACOLE WEDDING」を運営する、冒険法人プラコレは、10代~30代の結婚に関心のある、または結婚式を控えている1466人を対象に、「新型コロナウィルス」に関する意識調査を実施した。

■家から出る回数が減ったユーザーは全体の59%。

出典元:プレスリリース
新型コロナウィルスを意識し、家から出る回数が減ったユーザーは59%、変わらないと回答したユーザーは41%。回答者からは「不要不出の外出が減り、対面で話すことを避けている」「自分だけでなく、知らないうちに人に感染させてしまうのではと不安。」「換気を心がている!」「人混みやむやみに物を触らないようになった」などの声が多くあがった。

■PLACOLE WEDDINGのチャットサービスも前年比で利用者が187%増加。

出典元:プレスリリース
結婚式のチャットコミュニケーションメディアPLACOLE WEDDINGは、新型コロナウイルスで外に出る回数が減少した一方で、外出せず、全てをチャットで完結できるチャットサービスとして前年比187%で利用者が増加した。

具体的には、カップルは式場検索ではなく、ウェディング診断からスタート。その診断結果をAIが分析し情報を配信、それに対するカップルの反応やアクションを学習し、最適化な情報を再配信する。また、AIでは解決できないお悩みは、全国在住のご当地アドバイザーや、1811名の結婚式場に所属をするウェディングプランナーに、直接チャットで質問や相談をすることが可能。
出典元:プレスリリース

人気の記事