Today's PICK UP

東京丸の内・新東京ビルでAIカフェロボットの実証実験が開始

株式会社New Innovationsは3月24日から、三菱地所株式会社の協力のもと、需要予測AI搭載無人カフェロボット「root C ルートシー」を東京・丸の内エリアの新東京ビルに設置し、実証実験を開始する。

■実証実験に関して

root Cは、サービスの提供基盤に関して大幅なアップデートを完了し、オフィスビルにおけるオフィスワーカーを中心とした消費行動のデータ取得とユーザー体験の検証を目的とし、新東京ビルでの実証実験を行う。今回よりアプリによる購入が可能となり、提供するコーヒーについても蓄積されたユーザーデータを元に改良、ユーザー体験が大幅に向上したという。また、ハードウェア面でも大幅なアップデートを行い最大同時受け取り可能人数が20名となった。
出典元:プレスリリース

■こだわりのコーヒー

出典元:プレスリリース
・すっきりフルーティ
柑橘系のフルーティーな酸味を楽しめるroot Cのオリジナルプレミアムブレンドコーヒー。コーヒー発祥の地とされるエチオピアにおける最高品種であるイルガチェフェをベースに、豊かなコクを持つ豆をブレンドした。豆の個性を引き出すために、それぞれの豆を別々に焙煎した後にブレンドするアフターミックス製法を採用している。

・プレミアムスイート
チョコレートや完熟フルーツの華やかで甘い香りが楽しめるスペシャルティコーヒー。エチオピア最高峰のランクG1に適したチェリーを通常の数倍の時間をかけて徹底的に選別した逸品であるアリーチャ ナチュラルを採用した。またその製法もとても複雑で困難ですが、その手間が雑味のない最高の味を演出する。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。