Today's PICK UP

楽天モバイル、全国の学校向けに「GIGAスクール構想支援プラン」を発表 基地局を敷地内に設置した学校に光回線を無償提供へ

楽天モバイル株式会社は、全国の国公私立の小学校、中学校、高校などを対象に、文部科学省が提唱する「GIGAスクール構想」に対応した「GIGAスクール構想支援プラン」を、本日発表した。
本プランは、「GIGA スクール構想」の趣旨に賛同し、楽天モバイルの基地局を学校の敷地内に設置した場合に、学校までの光回線を原則として無償で提供し、校内通信ネットワークのために活用するもの。

本プランへの申込受付は、2020年3月30日より開始となる。これに先駆け、楽天モバイルは、第一弾として千葉県千葉市と本プランの提供に関する協定書を締結し、千葉市内の各学校における通信ネットワークの環境整備や、将来的には5Gを生かした先進的な教育環境の実現に向けて支援することを決定している。さらに、楽天モバイルは、静岡県浜松市を始め、各地方公共団体や学校法人との協議を進め、本プランの提供を順次拡大するという。

文部科学省は2019年12月に、Society 5.0 時代に生きる子どもたちの未来を見据え、児童生徒向けに1人1台の学習用端末と、校内における高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備する「GIGAスクール構想」を発表している。「GIGA」(「Global and Innovation Gateway for All」の略)が指し示すように、誰一人取り残されることなく、子どもたち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育むICT教育環境の実現を目指しているとのことだ。

楽天モバイルは「GIGAスクール構想」に賛同し、文部科学省と協議のうえ、本プランの提供を決定した。本プランの提供により、高速な校内通信ネットワークの構築や、将来的には5Gを生かした先進的な教育環境の提供等への一助となることを見込んでいるという。また、校内通信ネットワーク環境構築にも利用される楽天モバイルの基地局を各学校に設置することにより、地域住民の通信環境の向上だけでなく、災害などの緊急時にもつながりやすい通信環境の実現を目指す。
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。