Today's PICK UP

「テレワーク」の実施・推奨で、20代の転職希望業界に変化 「IT・通信・インターネット」業界への転職希望者の比率が3.7倍に

株式会社学情は、新型コロナウイルスの感染拡大防止により、テレワークが推奨されていることを受け、テレワークに関する20代の意識調査や、現在の転職希望者の意向調査を実施した(調査期間:2020年4月6日~4月12日)。「IT・通信・インターネット」業界への転職希望者比率は、2020年1月比で「3.7倍」となり、「テレワーク」の実施・推奨により、20代の転職希望業界に変化が生じていることが分かった。

■転職をする際に魅力を感じる<業界>は「IT・通信・インターネット」

テレワークが実施・推奨される中、「IT・通信・インターネット」業界への転職意向が顕著になっている。「転職をする際に魅力を感じる業界」では、「IT・通信・インターネット」が「37.8%」でトップに。「IT・通信・インターネット」業界を希望する理由は「テレワークに適応している業界だから」「テレワークの環境整備が進んでいるイメージがあるから」という働き方に関する声とともに、「自分自身のスキルを磨きたい」「今後も需要のある業界で成長していきたい」という声も多く、成長している業界で手に職をつけたいという意向が伺える。

2020年1月に、Re就活の新規会員登録者に実施したアンケートでは、同業界を希望する求職者は「10.1%」となっており、3.7倍に急増していることが分かる。新規会員登録者向けに実施しているアンケートでは、毎月同水準で推移していることから、テレワークが推奨されたり、経済活動の鈍化が懸念される環境下で、自身の市場価値を高めることを目的とした転職活動が増えていることも見受けられる。
出典元:プレスリリース

■転職をする際に魅力に感じる<職種>は「企画・事務・管理系」に次いで「ITエンジニア系」

一方、転職をする際に魅力に感じる<職種>については、「企画・事務・管理系」がトップとなり、次いで「ITエンジニア系」という結果になった。1月度との比較でも、「企画・事務・管理系」、「ITエンジニア系」が増加し、「営業系」や「販売・サービス系」、「専門サービス系」の職種希望が減少している。“働き方”という側面からテレワークに対応しやすいオフィスワークを希望する求職者と、“スキルアップ・手に職を付ける”という側面からITエンジニアを希望する求職者が増えていると考えられる。

実際に、魅力を感じる職種で「ITエンジニア系」と回答した求職者からは、「手に職をつけたいから」「スキルがあれば多様な働き方に対応できそうだから」という声が寄せられており、テレワークの推奨を受けての回答が目立つ結果となった。
出典元:プレスリリース

■テレワーク中の求職者は、緊急事態宣言後に17.0ポイント増加

テレワークを実施している人は、緊急事態宣言が発出された4月8日以降は「22.0%」となった。テレワークを実施していない人の中でも、「テレワークをぜひ実施したい」の回答が「70.0%」を占め、関心の高さが伺える。一方で「対面で行う仕事なので出社が必須」「仕事上、出社が必要」「テレワークでできる仕事(業界)ではない」という声も目立った。
出典元:プレスリリース
調査概要
・調査対象:20代専門転職サイト「Re就活」サイト来訪者
・調査方法::「Re就活」にアクセスしたサイト来訪者に、アンケートのポップアップを表示
・調査期間:2020年4月6日~2020年4月12日
・有効回答数:527名
・比較対象:2020年1月にRe就活に新規会員登録した会員への志望業種・志望職種に関するアンケート

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。